エキス

原料を濃縮するから「危険性も濃縮」されてしまうのか?

チキンエキス、ほたてエキス、シジミエキスなど、食品の原材料表示を見ると、たくさんの「エキス」を目にします。。最近、エキスを加えた食品が増えています。

実は「エキス」の定義は食品衛生法では定められていません。業界で自主基準を定めているのですが、それも「食品に風味を付与する」ものとしているだけです。

クズ肉や魚の内臓、野菜クズなどを原料とし、濃縮、抽出、酵素処理などの方法で作られますが、製造法、品質などに厳しい基準は特に設けていません。

このエキスと、たんばく加水分解物、化学調味料(アミノ酸)の3つがあれば、どんな味でも作り出せることから、これらは食品業界で「3種の神器」と言われています。

ちなみにたんばく加水分解物は、動物性、植物性由来のたんばく質を、塩酸や水酸化ナトリウム、酵素で分解したものです。いわゆる「うまみ成分」ですが、それ自体は味もなく食べられた代物ではありません。そこでエキスと化学調味料が一緒に使われるのです。

エキスの安全性については、BSEの発生以降、大きな問題になっています。牛由来のエキスは特定危険部位(頭部、脊髄、小腸の一部)を原料としているからです。

食品メーカーは牛由来エキスの使用をやめたと言いますが、エキスはほとんどが輸入ものなだけに不安が残るのは当然です。
また、エキスは原料を「濃縮」して作るため、もともとの原料が汚染されていればなまり危険性は増します。シジミエキスからは以前、鉛、ヒ素が検出されているのです。
エキスは多くの加工食品に使われているにもかかわらず、ほとんど野放し同然なのです。

購入時の注意点

アミノ酸(化学調味料)、たんばく加水分解物、エキスの3つが表示されているものは避けます。また、「●●エキス」の表示がある健康食品は、製造方法をよく確認することが大切です。

安全でうまみたっぷりのダシはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です