砂糖・塩

安心の「茶色い砂糖」を買うときにも要注意

沖縄の砂糖工場の中に入ると、なんとも言えない香ばしい匂いがしてきます。さとうきび独特の香りです。

大手の砂糖工場では原糖を輸入して精製するだけだから、そんな香りはしません。大手砂糖メーカーの工場で作られる砂糖の代表が白砂糖です。スーパーの特売に欠かせない白砂糖ですが、精製するときにミネラルが大方失われてしまいます。

一方、沖縄の香ばしい匂いのする工場で作られるのが租精糖です。これは、原糖液のアクや苦みを取り除く程度にしか精製していないため、さとうきびの栄養や風味がそのまま残っています。

沖縄の砂糖工場、大手の砂糖工場、どちらの工場で作られた砂糖が本当に体に良いのかは言うまでもないでしょう。

租精糖を購入する際、注意があります。茶色っぼい色をしているからといって、三温糖を租精糖の仲間と勘違いしないことです。沖縄の砂糖会社の社長がいう。「三温糖は白砂糖やグラニュー糖を作った後の液から作っている。色は確かに似ていますが、これは加熱したことによりついたものです。白砂糖にカラメルで着色して高い値投で売っているものにも注意してもらいたい」ちなみにこの会社では、自然塩も製造販売まきたしている。薪を焚いて煮詰める昔ながらの古式平釜法で製造されている。薪は多量の遠赤外線を放射するため、塩は微量ミネラルの吸着がよい粗い結晶となる上、塩本来の持つまろやかでコクのある昧が出せるという。調理の基本となる砂糖や塩くらいは、昔ながらの製法の安心できるものを選びたい。

購入時の注意点

沖縄の(株)「青い海」の砂糖、塩は絶品。原はかた科のメキシコ岩塩を伯方の海のきれいな海水で戻す「伯方の塩」も、おすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です