缶詰 危険 環境ホルモンが溶け出す可能性大

缶詰 危険 環境ホルモンが溶け出す可能性 がリスクと考えられます。缶詰を利用することはあるでしょうか。さまざまな種類がある缶詰食品。便利だし、保存は利くし、普段なにげなく食べている人は多いことでしょう。しかし、この缶詰に入った食品が、私たちの体に害をもたらす恐れがあるのです。缶詰 危険性 と少しでもその危険を回避するための情報です。

缶詰 危険

缶詰 危険

缶詰 危険

ほかの加工食品と同じように、缶詰の中身には添加物がいろいろと使われているという不安があります。

缶詰、それにインスタント食品やカップめんなどは手軽で便利です。しかし、これらは健康被害が懸念されるだけでなく、環境ホルモンの危険性も持っています。

問題となるのは、中身ではなく容器です。缶詰の場合、缶の内側に塗られている素材から、ホルモンや神経をおかしくする危ない物質が溶け出ることがわかっています。

環境ホルモンとは、私たちの体の中でホルモンと同じような働きをし、生殖機能などに影響を与えるといわれている物質です。

環境ホルモンは、ほとんどが、水よりお湯、お湯より酢、酢より油、油よりアルコールに溶け出しやすい性質があります。

缶の内側の塗装には 「 ビスフェノールA 」 という物質が使われているものがあるのですが、これが原料となっている「エポキシ樹脂」でコーティングされていて、この樹脂が環境ホルモンとして疑われています。エポキシ樹脂は、おもにプラスチックの原料として使用されるもので ビスフェノールA が、塗装が施された部分から飲食物に移行する心配があります。

これらのことは、魚介類の缶やコーンなどの缶だけでなく、缶コーヒーなどの缶ジュース類についても同じことです。こちらも水よりお湯、お湯より油に溶け出しやすいという性質があるため、コールドドリンクよりもホットドリンクの方が危険性が高いということになります。

また、ツナ缶など油が多く含まれた缶詰だと、さらに危険性が高くなります。長期保存が利く缶詰といえども、古くなると、容器に含まれる物質が中に溶け出してしまうので、できるだけ早く使うほうが良いです。

缶詰を購入するときには、缶の底の部分を見てみましょう。底が白いものはエポキシ樹脂を使用していないため、比較的安心できるものといえます。

そして、国内で製造される食品用容器包装については、すでに代替品への切り替えや、技術改良などの取り組みがされてきているそうです。

缶詰ユーザーの利用者の不安を解消するため、製缶会社においても新しい内面被覆技術(PETラミネート)の採用などBPAの低減に積極的な取り組みを行っていますのでそうした 内面被覆技術(PETラミネート) 済みの缶詰を購入すれば安心です。

もうひとつ缶詰を食べる際に注意したいのは、開缶後は他の容器に移した方が良いということです。

ふたを開けてしまうと、外から微生物などが入るために、中身の種類によって腐りやすくなります。従って、できるだけ早目に食べることが望ましいわけです。最近は、ニーズに応じ容量の少ない小型缶が多く出回っていますので、なるべく全部使いきれる缶を選びたいものです。

しかし使い残した場合、果実のような内面を塗装していないブリキ缶に詰めたものは、開けてから缶のまま置くと、空気に触れてスズが溶けやすくなるので、必ずガラスや陶器、又はプラスチック等の容器に入れ替えて冷蔵庫に入れます。

魚類や野菜なども同様にできるだけ別の容器に移した方がよいわけですが、塗装した缶の場合は、そのまま冷蔵庫へ入れておいてもさしつかえありません。しかし、冷蔵庫に入れても、保存は2~3日程度であり、もし、もう少し長く保存しようとするときは、軽く火を通しておく必要があります。

環境ホルモンが心配ですが大丈夫ですか?

最後にやっぱり 無添加 の缶詰を選ぶのが大事です。

無添加 缶詰

商品内容
本商品は、熟練の職人が丁寧に切り取った「鮪100%」にこだわり、同工場内の釜で煮出して作った野菜スープ、北海道産のたまねぎ(ローストオニオン)を加えることで、味に深みと香りを出しました。塩は塩角が少ない沖縄の塩「シママース」を使用しています。オイル(油)を使用していないので、ヘルシー志向の方に最適です。また、味に自信があるからこそ、化学調味料は使用していません。
商品スペック
【商品名】
鮪ライトツナフレーク(オイル無添加)24缶
【内容量】
70g×24缶
【原材料名】
まぐろ、野菜スープ、ローストオニオン、食塩
【賞味期限】
3年
【加工地】
静岡県

おかず

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください