キャンディ 不安物質 は 着色料 着色料不使用を選ぶ

キャンディ不安は 着色料 です。安全性を優先するのならキャンディ類が好きな小さな子供に食べさせるなら、やはり着色料が使われていないものが一番良いです。原材料には砂糖、水飴、香料だけしか使われていないものも販売されています。

キャンディ 不安物質 避けるには子供には添加物が少ないものを

キャンディ不安物質

キャンディ不安物質

キャンディといわれるものは、主原料が水飴(みずあめ)や砂糖です。そして、これらを高温で煮詰めたものがドロップや飴玉で、逆に低温で煮詰めたものがキャラメルとなります。

現在ではどちらも、添加物に関しては安心なものが増えています。例えば、とてもカラフルなドロップでも、タール系色素という着色料はそれほど使用されなくなって、ほとんどが、天然のもので心配がない着色料に変わっています。

しかし、なかには数字がついている着色料、タール系色素が使われているものもあります。特に、「黄色4号」という着色料が使われているものはアレルギーを招く可能性があるので、小さな子供には与えないようにしたいものです。

甘味料として「ステビア」が使用されている場合でも、キャンディには純度の高いものが使われているので、心配はいりません。

私たちの唾液には、少しの添加物ならその害を消す効果があるのですが、キャンディはもともと口の中で溶かして食べるものですから、それほど神経質にならなくても大丈夫です。

次は、安心な食べ方についてです。キャンディ類が好きな小さな子供に食べさせるなら、やはり着色料が使われていないものが一番良いです。原材料には砂糖、水飴、香料だけしか使われていないものも販売されています。

また、子供にキャンディを食べさせることで虫歯になると困ると思うお母さんもいるでしょう。この場合、やわらかくて歯にくっつきやすいキャラメルは控え、ドロップをときどき食べさせるくらいにしておくと良いでしょう。

キャンディー だけでない のど飴のなめすぎにも注意

少し喉が変だなぁ~と感じてのど飴をなめるのが習慣になっている人も多いと思います。アメだからといって気軽に舐め続けていると、のどが治るどころか 、かえってのどに悪い影響がでてしまう恐れがあります。
薬局やスーパー 、コンビニなど何処でも手軽に購入できるのどアメですが、配合されている成分によって大きく2つに分類されています。

医薬品・指定医薬部外品
  • 第2類医薬品:浅田飴、浅田飴せきどめ
  • 第3医薬品:南天のど飴
  • 指定医薬部外品:ヴィックスドロップ
食品・お菓子
食 品 に 分 類され た のどアメは 、味 、形 、色 、爽 快 感を楽しむ キャンディー 類と同じで「のどの諸症状に効果がある」と医学的に証明された成分は配合されて
いません。

のどアメを連続して舐めてはいけない理由

のどに症 状(せき 、痛み)があるときに「 連 続して何個ものどアメを舐め続けた」といった経験はありませんか?実はのどアメを連 続して舐 めると 、かえって症状を長引かせてしまう恐れがあります。注意しなけえればいけません。

細菌やウイルスに感染しやすくなる

のどの粘膜には、体内に細菌やウイルスが侵入しても、感染する前に体外に排出する
「繊 毛(せんもう)機能」と呼ばれる機能が備わっています。この機能を維持し、保護しているのは口内の唾液中の粘液です。
しかし 、口内に食物が入ってくると唾液は「繊毛を保護する」役 割から「食物を消化する」役割に切り替わってしまいます。
のどアメを連続して何個も舐め続けていると、のどを保護するための唾液中の粘液が不足した状態が続いてしまい 、その結果「 繊毛機能 」のはたらきも失われてしまうのです。

ビジネス現場で重宝されているキャンディー 効果 にも注意

じつは、ビジネスの現場ではキャンディー の効果を重宝されているところが多いです。【キャンディ効果】とは、「いい気分」を作ってから仕事をした方が作業効率が上がり、ミスが減るというものです。別のプロジェクトチームに行ったらやたらキャンディーをもらう機会が増えた人もいるかもしれませんが、これも基本的にはなめすぎないようにしたほうがいいでしょう。

菓子類

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください