貝は、食べるなら国産のもののほうが安心

砂抜きで、汚染物質をとり除く

現在は、スーパーでも輸入ものが1年中出回っていますが、国内産の貝のほうがいくらか不安は少ないでしょぅ。なかでも旬のものを選べば安心。

アサリの旬は晩秋から春先。シジミは1年中ですが、寒シジミが一番よいでしょう。ハマグリは10~3月。カキの旬は11~2月。下ごしらえをしっかりすれば、さらに安心度は高まります。

まず、砂抜き。アサリやハマグリは海に住む貝なので、海水程度の塩水に一晩つけます。塩分3パーセント。なめてみるとしょつぱく感じるぐらいの塩辛さです。

シジミは淡水、あるいは淡水と海水が混じり合ったところに住んでいますからこちは真水に一晩つけます。どちらの貝も、静かで薄暗い所に貝をおいてリラックスさせると、呼吸しながら砂を吐きます。そのとき、貝の中にたまった汚染物質もー緒に吐きだされるのです。

貝は意外に汚れているので、よく洗いましょう。砂抜きが終わったら、水道の水を流しながら、貝をいくつか手にとって、こすり合わせて洗います。むき身の場合は、ザルに入れて塩少々をふり、ボウルの中でふり洗い。これで汚染物質を減らせます。

アオヤギなどを刺身にするときは、ザルに入れて鍋の中の熱湯にとおし、すぐに冷水につけて冷まします。よく水気を切ること。汚染物質がお湯の中に溶けだして安心です。

カキは内湾養殖のため、さまざまな汚染物質がたまっていることが多いのですが、昔ながらのだいこんおろしで洗うやり方で、この不安をとり除くことができます。

たっぷりのだいこんおろしの中にカキを入れてかき混ぜ、ザルに上げます。ボウルの中に水を流し入れながら、ザルを2~3回ふり洗い。こうして、汚れただいこんおろしを流してしまえば安心です。

この方法は、むき身のアサリやシジミにも応用できます。だいこんおろしは、汚染物質を引きだす力がとても強いのです。古くから伝わる料理の知恵には脱帽です。貝料理の中でも、もっとも安心なのは酢の物。下ごしらえは、割酢(酢を水で倍に薄めたもの) で酢洗い。そのあと、本格的に酢のものをつくります。食べるときに、酢は飲まないこと。酢の中に汚染物質が溶けだしているかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください