近海魚のイカは、安全な下ごしらえが必須

奥の手、イカの松かさ切り

イカも近海でとれます。有機水銀や有機塩素系農薬、有機スズ化合物、ダイオキシンなど、不安は尽きません。安全な下ごしらえが必要になります。

ワタは汚染物質が集中しているところ。まず、足を抜いてワタをとります。とったツタは捨てること。つぎに、胴の皮をむき、開いて、内側を包丁の背でしごいてきれいにする。あとは、よく洗いましょう。あえものにするときなどは、イカを松かさ切りにして熱湯の中に入れ、開いたらとりだします。

これも、かしこい方法。細かい切れ目から残っていた汚染物質が溶けだして安心です。なお、イカの塩辛は酒の肴として喜ばれる一品ですが、ワタをからめてつくるので不安が残ります。
安全を考えると、あまりおすすめはできません。イカの旬は秋。焼きもの、煮もの、刺身に天ぶらなど、おいしくいただくためには、下ごしらえはきっちりと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください