関サバ 関アジ 危険

Pocket

関サバ 関アジ 危険性 はどういったところにあるのでしょうか。関サバ は豊予海峡(速吸の瀬戸)で漁獲され、大分県大分市の佐賀関で水揚げされるサバです。関アジ は豊予海峡(速吸の瀬戸)で漁獲され、大分県大分市の佐賀関で水揚げされるアジです。関サバとともに、水産品の高級ブランドとして定着しています。

魚のうまみ成分は時間が経つと有毒物質に変わります。「生きぐされ」のない新鮮なものを食べましょう。

関サバ 関アジ 危険 偽造防止用の公認シールが偽造されていた

関サバ 関アジ 危険

関サバ 関アジ 危険

「○○県産地直送」「○○ブランド」食べものの「折り紙」をどう判断するか。大分・佐賀関漁港の食堂で食べた関サバ定食(塩焼き800円)が、涙が出るほどおいしかったことがあります。

以前に「産地直送」のポスターが貼ってある料理屋で頼んだ関サバ(塩焼き1500円)よりも安いのに断然うまいのです。

同じ 関サバ なのに、なぜこれほど味に違いがあるのか不思議に思い、漁連関係者に聞いてみたことがあります。

「偽装を防止するための公認シールや「産地直送ポスター」が偽装されることもあるんだからひどいものです。逆に 「 関サバ 」 のブランドがついていない愛媛産のサバでぶんごも、豊後水道で獲れたなら 「 関サバ 」 とそんなに味の違いはないはずです。
以前に食べた「おいしくない関サバ」は、たぶんノルウェー産のサバですよ」

少し生臭い独特の香りがサバの持ち味ですが、ノルウェー産はこの点でだいぶ落ちます。
先の漁連関係者の話から言えるのは、ブランド表記を鵜呑みにしてはいけないし、逆にブランドものでなくても、安全でおいしい食べものはあるということです。

海流の激しい豊後水道で揚がったサバやアジは身が締まっておいしいのですが、愛媛県側に水揚げされるだけで、値段は格段に安価です。愛媛ひめ県では関サバ・関アジに対抗して、「媛アジ・媛サバ」のブランド名を付けているのですが、鮮魚売り場では劣勢です。

ただ、漁法の違いや、輸送方法(空輸か陸送か) の違いはあるというが、同じ「豊後水道」のサバを買うなら「媛サバ」のほうがお特です。意外と知られていないのが、日本海側で獲れるサバです。佐渡沖で一本釣りするサバは隠れた逸品です。

関サバ 関アジ 購入時の注意点

魚のうまみ成分は時間が経つと有毒物質に変わります。「生きぐされ」のない新鮮なものを食べましょう。


[クーポン利用で20%OFF]産地直送!! 新鮮な活け締め 一本釣り関あじ・関さば・関ぶり タレ漬け りゅうきゅう 3袋セット 大分県漁協佐賀関支店【送料無料】

ご飯にのせるだけで極上の漬け丼に!

■ 「リュウキュウ」
元来は漁師たちが獲れた魚を保存するために魚を切身にし、たれづけした漁師メシです。漁師のまかない料理として大分県では古くから親しまれた郷土料理で「あつめし(温メシ)」とも呼ばれています。新鮮な魚(主に青魚)を切身にして甘辛い醤油ダレに漬け込む調理法で、ご飯の上のせてづけ丼として食べるものを「りゅうきゅう丼」といいます。

■ お召し上がり方
袋のまま溜め水で5分程浸けて解凍し、お皿に出してそのままお酒のつまみや、熱いご飯にかけてりゅうきゅう丼でお召し上がりください。
お好みできざみネギ、ゴマ、ワサビ等の薬味をあわせると一層美味しくいただけます。

■ 「関アジ・関サバ・関ブリ」とは
大分県・佐賀関半島と愛媛県・佐田岬半島に挟まれ太平洋の暖かい海水と瀬戸内海の冷たい海水がぶつかり合う豊後水道(ぶんごすいどう)の中で、最もせまい部分の豊予海峡(ほうよかいきょう)は別名、速吸瀬戸(はやすいのせと)とも言われ、高島周辺の海域は日本でも有数の一本釣り漁場として有名です。
この海域は、潮流が速く海底地形が非常に起伏に富んでいるため、豊富なプランクトンを餌とする様々な魚介類が集まり、「瀬」と呼ばれる釣りのポイントが多数点在しています。これが好漁場たるゆえんで、マアジやマサバはもとより真鯛やブリなどなども多く生息し、水揚げされた魚は身が十分に引き締まり程良く脂がのり、関ものならではの味と歯ごたえが生まれてくるのです。
そんな好漁場で育った魚を、大分市佐賀関町の大分県漁協佐賀関支店所属の組合員・漁師さん達は魚体を傷つけないよう全て1本釣りで釣り揚げます。そうして釣れた真鯵、真鯖だけが「関アジ関サバ関ブリ」という称号を与えられます。一本釣りのため漁獲量は豊富ではなく希少な高級魚です。

■ 伝統の職人技法「面買い」
このようにして、大事に一本釣りで漁獲された「せきあじ せきさば」は、漁船の活け間(いけま)から魚を一匹ずつ素早くすくい取って漁協内の生け簀へ移します。
この時に(秤を使わずに魚の重さを目測によって推し量る)伝統の技術「面買い(つらがい)」という独特の買い付け方法がとられます。「面ら買い」とは、泳いでいる状態のまま魚の重量を目測によって特定し、買い取り料を決める方法です。
魚を計量器へ乗せる際に魚が暴れて体が擦れ魚体に無理な負荷かがかかって身割れなどで、鮮度や味が劣化するのを防ぐためです。
生きたままの魚の重量を目測で特定するのはただでさえ難しい作業ですが、生簀で泳ぎまわる魚の場合はなおさら熟練した経験と技術が求められます。この独特な測定法によって鮮度と身の締まりが保たれています。

■ 「いけす」と「活け締め」
水揚げされた魚はいけすに移した後そのまま出荷したほうが新鮮で活きがよさそうに思えますが、釣ったばかりの魚は極度の興奮状態にあるため、そのまま出荷すると狭い生け簀の中で暴れて自らを傷つける恐れがあります。
それを防ぐ為に、魚を落ち着かせる目的で必ず一日網いけすの中で泳がせるようにします。この方法だと釣れた日別に生け簀が必要になるため、コストもかかり管理も大変になりますが品質保持のために敢えてこの方法をとっています。
こうして出荷が決まった「関あじ関さば」は、その場で「活けじめ」されて全国各地へと出荷されていきます。「活け〆」とは、魚に神経抜きを施し包丁を入れて脊髄を切断し、血を抜き潮水(氷を入れた海水)で冷やすことです。
すべてが手作業なだけに高度な技術と手間を要しますが、この作業が魚の活きの良さを持続させます。活きたまま消費地に運び、さばく寸前に〆た方が新鮮だと思われるかもしれませんが、実際には、狭い水槽で飼われるのは魚にとって大きなストレスになり身も痩せてしまい、劣化してしまいます。「いけじめ」とは、釣り上げてからなるべく早く締めることによって、新鮮なままの味でおいしく召し上がっていただくための処理方法なのです。
このように関アジや関サバは、特殊な漁場環境、かたくなに一本釣り漁法にこだわり続ける佐賀関の漁師さん達と、そして魚を宝石のように大事に扱う漁協の職員さん達の努力があって初めて、生み出される希少な高級ブランド魚なのです。

肉・魚・卵

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。