うなぎ 危険 中国産からペット用の水力ビ治療薬が検出された

Pocket

うなぎ 危険 中国産から「ペット用の水力ビ治療薬」が検出されたことがあります。安心を優先するなら国内産のうなぎを購入すればいいでしょう。中国産は安価ではありますが、マラカイトグリーンは合成着色料でもあります。妙に育っぼいウナギの蒲焼は避けるべきでしょう。身がでこぼこな蒲焼は中国で加工されたものと見て間違いありません。

うなぎ 危険 中国産から「ペット用の水力ビ治療薬」が検出される

うなぎ 危険

うなぎ 危険

日本人が食べるウナギは全体の6割強が中国産です。国産とは比べものにならないから価格が安いのが特徴です。その中国産ウナギから、違法な抗菌性物質・マラカイトグリーンが次々に検出されました。

マラカイトグリーンというのはは金魚など観賞魚の水カビの治療薬。着色力が強く安価であることからよく用いられますが、光により分解する。繊維の他に、紙やプラスチック製品などにも用いられます。
着色力が強く安価であることからよく用いられますが、光により分解する。繊維の他に、紙やプラスチック製品などにも用いられます。
また細菌学では芽胞の染色や、ヒメネス染色(レジオネラや抗酸菌、リケッチアの染色法)などに用いられます。グラム染ろ色用の色素としてクリスタルバイオレットの代わりに用いられることもあります。

マラカイトグリーンは、発がん性が強いため、観賞魚以外への使用は禁止されています。それがなぜ中国産ウナギやウナギの蒲焼から検出されているのでしょうか。

実は二〇年前まで、全国のウナギ養殖池ではマラカイトグリーンが密かに使われていました。ウナギの魚体につく水生菌というカビを防止するのが目的でした。

現在、中国の養殖池では当時の日本と同じことが行なわれており、投薬することを教えたのは日本の業者です。

中国産食品を多く扱う100円ショップの広報担当者は言います。「ウナギの蒲焼は中国で製造してパックしたものを置いています。抗菌性物質の使用は椎魚の時の1回だけです。地元の業者との相互信頼関係があればこそできることです。

逆に、国産ウナギの中にも相当危ないものはありますよ」たしかに中国産ウナギでも安全なものはある反面、マラカイトグリーンに汚染されている国内養殖池もあるため注意が必要です。

「安全性」の他に、別の深刻な問題もあります。国際的に資源保護の動きが強まっており、ウナギもその例外ではありません。

EUはすでにウナギの稚魚(シラスウナギ)の漁獲規制に入っています。日本へ大量に輸出されている中国のウナギはヨーロッパの稚魚を育てたものなので、将来、中国のウナギ生産量が先細りになるのは避けられません。そうなれば、最も影響を受けるのは日本です。

うなぎ 購入時の注意点

マラカイトグリーンは合成着色料でもあります。妙に育っぼいウナギの蒲焼は避けるべきでしょう。身がでこぼこな蒲焼は中国で加工されたものと見て間違いありません。

うなぎは信頼の国産品を!

愛知一色町は養鰻の歴史が百年以上あります。この一色町で長年のノウハウと、生産者が情熱をもって稚魚から一貫して育てたうなぎです。

一色町にうなぎが導入されたのは明治27年。 日本初の地方水産試験場が設立されコイやボラの池にうなぎが混養されたことによります。 明治37年には徳倉六兵衛さん、徳倉広吉さんが生田地区竹生新田に12haの養殖池を創設するにいたり民間による養鰻が始められました。

国内生産第1位の座を鹿児島県に奪われた平成10年代当時、一色町の鰻生産は全国有数の産地で、その品質の高さに対する知名度は養鰻業界では極めて高いものの、一般消費者には一色産うなぎの知名度は全国的に十分認知されているとは言い難い状況でした。

そこで、消費者に対する一色産うなぎの認知度向上を目的に、積極的にブランド化の対策に取り組みました。

まず、平成17年6月に地域団体商標制度導入のための商標法が改正されたのを受けて、準備を重ねて翌年の18年10月には特許庁に対し「一色産うなぎ」で地域団体商標を出願しました。

同年12月にはその商標の適正使用と普及を進めるため、西尾市内(旧一色町、旧吉良町、旧西尾市)の加工流通業者と養鰻業者を会員とする「一色産うなぎブランド普及協議会」を設立しました。

一色うなぎ漁業協同組合から直送します。
一色町のすべての養鰻池では、養鰻専用水道によって取水された矢作川水系の清流水を使用しており、天然に近い環境の中で育つため、ストレスが少なく成長が良くなります。それによって良質な脂がのり、皮も柔らかで全国のプロが認める食味、質の高さを誇っています。

【賞味期限】ご家庭の冷凍庫で12ヶ月
1尾約130g

愛知県一色町は西三河南部の三河湾に面したところにあり、矢作川の清流と温暖な気候、緑いっぱいの大地に囲まれ豊かな自然の恵みを受けております。
関東地方では背開き、関西地方では腹開きが一般ですが一色うなぎ漁協では背から開いています。
開かれたうなぎはガスの火でこんがりムラなく焼かれ、蒸しの工程に入ります。
80℃位で蒸された白焼きはタレのつけ焼きを4度繰り返されます。
焼きあがった白焼、蒲焼はお客様のお手元へ直接お届けします。

養鰻百年のノウハウと生産者の情熱が育てた本物のうなぎです。

稚魚から一色で育った鰻は、良質な脂がのり、皮も柔らか。

養殖から加工まで一貫して行っているので、安定、信頼の品質です。

三河湾の自然の恵み

愛知県一色町は西三河南部の三河湾に面したところにあり、矢作川の清流と温暖な気候、緑いっぱいの大地に囲まれ豊かな自然の恵みを受けております。そんな大きな自然と人々の知恵や夢が誇り高い日本一のうなぎをつくり出しました。
丁寧に焼き上げます。
80℃位で蒸された白焼きはタレのつけ焼きを4度繰り返されます。焼きあがった白焼、蒲焼はお客様のお手元へ直接お届けします。

矢作川の清流

昭和58年度以来、連続して市町村別生産量日本一の実績を誇る一色町のうなぎ養殖。矢作川の表流水を水源とし、限りなく 天然に近い環境のもと消費者の皆さんが求める皮が柔らかく身に脂がのった上質のうなぎの育成に今日も力を注いでおります。

背開きしています

うなぎを開くのに関東地方では背開き、関西地方では腹開きが一般ですが一色うなぎ漁協では背から開いています。開かれたうなぎはガスの火でこんがり狐色になるまでムラなく焼かれ、蒸しの工程に入ります。
町単位で日本一の生産量を誇る「鰻の養殖」をはじめ、高品質な「カーネーション」の生産や新鮮なエビをふんだんに使用した「えびせんべい」なども全国屈指の生産額を誇っています。
日本一といえば、450年もの歴史を誇る「大提灯まつり」(写真上)。最大の提灯で全長約10メートル、胴回り約5,6メートル、日本一の大提灯です。毎年8月26・27日に、町内の諏訪神社で開催、大提灯が12張も並ぶ姿は圧巻です。
また三河湾に浮かぶ風光明媚な佐久島(写真下)は、ハイキングロードや海水浴場、海釣りセンター、文化交流施設、民宿などのリゾート施設が整備され、四季折々の楽しみがいっぱいです。 ほかにも三河湾の新鮮な海の幸が並ぶ「一色さかな広場」、国内有数のアサリ産地の「潮干狩り」も楽しめ、見どころ遊びどころが充実しています。

うなぎ 危険 中国産からペット用の水力ビ治療薬が検出された」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: うなぎ | 効果アップの食材食べ合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です