ビーフジャーキー 危険 添加物まみれ

Pocket

ビーフジャーキー 危険 添加物まみれのものが多いので注意しなければいけません。お酒のつまみに ビーフジャーキー を食べている方も多いかもしれませんが、食べ過ぎには注意です。添加されているエリソルビン酸ナトリウムはアルコールと一緒にとると吸収が早まります。つまみとして、ついつい食べすぎないように注意しましょう。

ビーフジャーキー 危険 「伝統的な調理法」に取って代わったこんな添加物

ビーフジャーキー 危険
細く切った牛肉に塩や香辛料をすり込み、日干しにして作るビーフジャーキーは、アメリカ土産の定番の1つでもあります。
アメリカではビーフジャーキーを家庭で作るための電化製品も販売されているというから、さすがに肉食の本家です。

噛めば噛むほど牛肉のうまみが出てくるのが魅力の1つでしょう。

日本で売られているビーフジャーキーは異様に軟らかいし、なぜか手がべ夕つくのが気になります。何よりも牛肉の味わいがなく、香辛料の昧ばかりです。

「本格派」と銘打って売られているビーフジャーキーがあったので、ためしに原材料名を見ると、 味を濃厚にするたんばく加水分解物、添加物としては調味料(アミノ酸等)、酸化防止剤( エリソルビン酸ナトリウム)、発色剤(亜硝酸塩)、着色料(赤色102号) などが使われています。

伝統的な保存食であるはずのビーフジャーキーにも、これだけの食品添加物が使われているのです。
また、ある商品の原材料表示には「ドライソーセージ」の品名があります。ソーセージの原料はおそらく挽き肉であろうが、これでは本来のビーフジャーキーとはまったくの別物です。

中には植物性たんばく入りの商品もあります。植物性たんばくは繊維状大豆たんばくともいい、肉のような食感を出すものもあるから、どんなクズ肉でも立派な牛肉に化けさせることができます。中国の直営工場でビーフジャーキーを作っている日本メーカーもあるが、衛生管理の面も気になるところです。

ビーフジャーキー 購入時の注意点

添加されているエリソルビン酸ナトリウムはアルコールと一緒にとると吸収が早まります。つまみとして、ついつい食べすぎないように注意しましょう。

エリソルビン酸ナトリウムはIARC(国際がん研究機関)によって発がん性は確認されていません。 FDA(アメリカ食品医薬品局)ではエリソルビン酸ナトリウムおよびその立体異性体であるアスコルビン酸ナトリウムについて、人に対して有害影響を与える根拠はないとの観点からGRAS(一般的に安全とみなされる物質)に指定しています。ただし、食べ過ぎれば害が及ぶのは言うまでもありません。

無添加のビーフジャーキーを食べるようにしましょう。そして頻度をできるだけ減らすようにします。

エリソルビン酸ナトリウム について

強い還元力を有することから、酸化防止剤として食肉製品、魚介冷凍品、野菜や果物製品等に広く使用されている。またハム、ソーセージ等の食肉製品では、亜硝酸ナトリウムと併用することにより発色効果を高める効果があり、1kg当たり0.5g~0.8gが添加される。

冷凍魚介類では、酸化防止の目的で0.1~0.6%の水溶液に浸すか、氷衣付着法、噴霧法が用いられている。魚介類においては、含有する多くの不飽和脂肪酸の酸化によって発生する悪臭の防止にも有効である。果実飲料野菜、果実缶詰には褐変防止、ビタミンCの酸化分解防止の目的で、それぞれ100ml当たり10~20mgが添加される。

主に使用される食品 強い還元力を有することから、酸化防止剤として食肉製品、魚介冷凍品、野菜や果物製品等に広く使用されている。またハム、ソーセージ等の食肉製品では、亜硝酸ナトリウムと併用することにより発色効果を高める効果があり、1kg当たり0.5g~0.8gが添加される。

冷凍魚介類では、酸化防止の目的で0.1~0.6%の水溶液に浸すか、氷衣付着法、噴霧法が用いられている。魚介類においては、含有する多くの不飽和脂肪酸の酸化によって発生する悪臭の防止にも有効である。 果実飲料野菜、果実缶詰には褐変防止、ビタミンCの酸化分解防止の目的で、それぞれ100ml当たり10~20mgが添加される。 使用基準 酸化防止の目的に限る。

  • 無添加のビーフジャーキーですので、自然の旨味を感じることができます。無添加とは、食品添加物として定義されるものを使用していないことです。
  • 最も味わい深いと言われるもも肉のみを贅沢に使用してます。
  • 噛めばかむほどその旨味があふれ、口の中に広がります。
  • 原材料名:牛肉(オーストラリア産)、還元水あめ、植物油脂、食塩、香辛料、酵母エキス 内容量(1袋):40g 保存方法:直射日光、高温多湿を避けて冷暗所に保存してください。

山形県では、昔から家畜の飼育が盛んで、畜肉(牛肉・豚肉)の生産、加工と保存の方法として熟成や燻製の技術が発達し、ハムやサラミ文化の礎を 築いたと言われています。 風味堂は、畜産とハム製造を兼務の後に、サラミの製造へ転じた前身「旧(株)天童ハム」が培った略々50年の歴史を継承し、体制も一新して2009年2月に再スタートを切った新しい会社ですが、創業来に使用の直火焚き窯や巧みな技の燻製職人を大事にし“安心安全”の本格サラミを提供しています。

商品のほとんどが最低限の添加物に抑え、肉の味を活かすため結着材料(ゼラチン。植物性たん白・乳たん白等)を使用していません。

豚脂も一度ボイルした背油のみを使用しているためジューシーで脂っぽさがありません。

  • 無添加のビーフジャーキーですので、自然の旨味を感じることができます。
  • 最も味わい深いと言われるもも肉のみを贅沢に使用してます。
  • 噛めばかむほどその旨味があふれ、口の中に広がります

加工食品・おかず

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。