チーズ 危険 乳化剤やソルビン酸K などの不安物質

チーズ 危険 乳化剤やソルビン酸K が不安物質 です。チーズは発酵食品として腸活などでも推奨されていますが原材料には注意しなければいけません。
また、カルシウムもたっぷり摂取できるので、病院などでは骨粗鬆症の改善にすすめているところも多数ありますが、乳化剤やソルビン酸K などの不安物質を使用していないものを選ぶようにするのが大事なポイントです。

チーズ 危険 チーズ の中でもナチュラルチーズは、その名のとおり、自然のままで健康によい

チーズ 危険

チーズ 危険

少し前まで、チーズといえば 「 プロセスチーズ 」 でした。最近では、これに代わって カマンベールチーズ や クリームチーズ カッテージチーズ などの 「 ナチュラルチーズ 」 が人気です。

さて、結論から先にいいましょう。
ナチュラルチーズ に添加物は使われていません。ナチュラルチーズはその名のとおり、加工していない自然のままのチーズ。動物の乳に酸や酵素を加えて固め、細菌を使って熟成させたものです。

ナチュラルチーズ

「ナチュラルチーズ」とは、生乳などを乳酸菌や凝乳酵素で凝固させ、ホエイ(乳清)の一部を除去したもの、または、これを熟成させたものをいいます。

熟成タイプと非熟成タイプがあります。原料となる乳の種類、使用する微生物、加工方法などにより、世界中で1,000種類以上の「ナチュラルチーズ」があるといわれており、フレッシュタイプ、白カビタイプ、青カビタイプ、ウォッシュタイプ、シェーブルタイプ、セミハードタイプ、ハードタイプに分類されます。

熟成タイプは乳酸菌や凝乳酵素の働きによって熟成が進み、時間が経つごとに味の変化が楽しめます。

ナチュラルチーズは「生きて」います。そのため、時間が経つごとにその外観や味、においなどに変化がでてきます。

熟成とはこの乳酸菌や酵素、カビのはたらきによって乳のたんぱく質や脂肪などを分解し、さまざまなチーズの個性的な風味や組織 を作り出すことです。ナチュラルチーズの製造工程の中で最も重要であり、デリケートで神秘的ともいえる工程です。

ナチュラルチーズの食べ頃

食べごろは好みによって意見の分かれるところです。あまりチーズ臭くないフラットな味を好む方は熟成期間の短いものを、しっかりとし たコクや風味を好む方は熟成期間を充分に経たチーズを選びます。好みにより自分の食べごろにあわせてお召し上がり下さい。

プロセスチーズ

一方 プロセスチーズ は、ナチュラルチーズを砕いて熱で溶かし、殺菌して容器に詰めたもの。さまざまな種類のナチュラルチーズをブレンドしています。

「ナチュラルチーズ」を乳化剤などを加えて加熱して溶かし、再び成形したものです。製造工程の途中で加熱処理を行うため、乳酸菌は死滅しています。そのため、保存中に熟成が進むことがなく、ナチュラルチーズに比べて保存性に優れたチーズです。

そのため乳朋化剤を添加しています。なかには、保存料の「ソルビン酸K」が使われている場合もあります。

プロセスチーズを選ぶなら、ソルビン酸K が入っていないものを選ぶこと。なお、チーズのカビは安全だという人がいますが、それは大きな間違いです。

多分、カマンベールチーズやブルーチーズなど、カビをつけて独特の味を出したものがあるため、そういう誤解が生まれたのでしょう。しかし、製造後に生えるカビは衛生上好ましくありません。風味も落ちているので食べないことです。

ソルビン酸K

ソルビン酸Kは、細菌やカビの発生・増殖を抑える働きがあるため、腐敗防止として、よく使用されている食品添加物の1つです。

乳化剤

水と油のような、本来混じり合わないものの境界面で働いて、均一な状態を作る作用を持つものを乳化剤といいます。 例えば、マヨネーズは、卵黄中に含まれるレシチンが乳化剤として働いて、サラダ油が卵や酢の中に均一に混ざっている食品です。

加工食品 おかず

輸入チーズの危険性はこちら。

ナチュラルチーズお試しチーズセット

ナチュラルチーズお試しチーズセット について

ナチュラルチーズを6種類をセットにしてお届けします。 デンマーク産マリボーチーズ200g ・デンマーク産サムソーチーズ  200g ・シンガポール産フルーツ&ラム200g ・アメリカ産レッドチェダー200g ・オランダ産ゴーダチーズ200g ・オリジナル  極ミックス500g の合計1.4kg以上のナチュラルチーズをお届け致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください