肉・魚・卵」カテゴリーアーカイブ

貝類

産地偽装だけではない!1回日本の浜辺にまけば国産

月の産地偽装が後を絶ちません。「日本は海に囲まれているし、ほとんどが国産じゃないの?」と思う人がいるかもしれないが、とんでもない。

日本の海浜はどんどん埋め立てられ、貝が獲れる浜は猫のひたい額ほどになっています。スーパーなどで売られているアサリ、シジミ、ハマグリの多くは、中国や朝鮮半島から椎貝を輸入し、日本の浜で養殖されたものです。

原産地表示を義務付けるJAS法によると、国内で養殖した貝でも、採取した原産地は表示する必要があります。しかし、大半は「国産」の表示だけです。

ある県産のシジミの場合、北朝鮮産のシジミを中国経由で輸入、市場に出す数日前に浜にばらまき、出荷していました。もちろん原産国表示は「国産」とだけ表示していたのです。

市民グループが農政事務所(JAS法を監視する国の出先機関で、かつての食糧事務所)に告発したが、まったく調査もせずに、「そんなことはありえない」と、門前払いにされたというのです。

元農林水産省の課長補佐は、「役人は出世や天下り先に影響が出ますから、業者や業界団体の不利益になるようなことは、マスコミが大騒ぎするまでは決してしませんよ」と言いました。

輸入された貝は貝毒のリスクが高いので、ぜひ国産を選びたいところですが、「中国産」を「国産」と表示する偽装も多いのです。

購入するときは、信頼できる(店員の教育がしっかりしている) スーパーで店員に確認するくらいしか手立てがありません。

購入時の注意点

中国産や北朝鮮産の貝は重金属汚染が最大の懸念事項です。しかし、純国産の貝は壊滅状態。「浜の復活」こそが貝の資源保護のための最大の対策です。

イカ 国産 を購入すれば安全

イカ 国産 を購入すれば安全 です。総量ベースで見ると漁獲量1位は北海道で75,681トンと全国の33.2%を占めています。 北海道では函館のイカ漁が有名です。 2位は青森県で46,541トン。 3位以下は石川県、長崎県、岩手県と続いています。イカを購入する際には、北海道産 石川県産 長崎産 岩手県産 を購入するのが間違いないでしょう。

青森県で一番多く漁獲されているのが スルメイカ で、最も重要な漁業資源のひとつとなっています。

フェイク(模造)食品が多い イカ 国産 を選ぶ

イカ 国産

イカ 国産

日本人が好むスルメイカ、ヤリイカ、スミイカなどが日本近海から姿を消してしまいました。スーパーで国産のイカをほとんど見なくなりました。
それでも、スーパーの鮮魚売り場でも寿司屋でもイカが切れることはありません。実はそのほとんどはアフリカやイタリアで獲れたモンゴウイカの冷凍品です。

ヨーロッパのほぼ全域(ノルウェー~地中海)、アフリカの西岸から北岸(地中海)にかけて生息しているモンゴウイカの冷凍品です。

大型のコウイカ類で、体重は 4kg に達します。背中には波状の縞模様をもつ。水深 100 m以浅の海底に住み、魚やエビ、カニなどを餌としています。

モロッコからセネガルにかけての北西アフリカ沿岸が主要漁場で、トロールで漁獲される。アフリカから輸入され、モンゴウイカの名で流通するのは主に本種。

身は厚く柔らかで、ねっとりした甘さがあり、刺身、寿司種、天ぷらに向きです。下足(ゲソ)は身がぷりぷりとよく締まっており、焼いて食べるのが一般的です。げそのフライや天ぷらはこのモンゴウイカを使用されています。

アフリカやイタリアで獲れる モンゴウイカ はイカには違いありませんが、胴の長さが 30 cm もある大型のイカです。身は肉厚で、味は大雑把、スルメイカの昧には遠く及びません。

ちなみにスルメイカは昔から親しまれてきた食材のひとつで、刺身など生食の他、煮てよし、焼いてよし、そして揚げてもよし、さらには干物にしてすこぶるよしと、手頃な価格で買える海産物として庶民生活には欠かせない存在となってっきました。スルメイカの旬は 6 ~ 11 月 です。

スルメイカ は低脂肪、低カロリーで良質なタンパク質の宝庫です肝機能の働きをアップされるといわれるタウリンを多く含みます。体内に蓄積されたコレステロールと結びつき、体外への排泄をうながす働きもあります

イカ プロフィール

ところが、このモンゴウイカも、今や「高級食材」に仲間入りしつつあるのです。代わって最近、増えているのが、タイなど東南アジアで獲れた小型のイカです。

これはもともと風味が薄いのですが、皮をむいて殺菌する過程で、さらに味が薄くなってしまいます。そこで、イカの味に近いアミノ酸調味液に浸し、人工的に味を付けます。

「イカそうめん」などは、こうして味付けされた東南アジアのイカが使われています。イカの「フェイク(模造) 食品」も多数あります。アミノ酸調味液だけでなくその他リスクも懸念されます。

「イカ風味フライ」などはその代表例。原料はスケソウダラのすり身、でんぷん、ラード、卵の自身、化学調味料など。要するに、冷凍スケソウダラのすり身に各種化学調味料、でんぷんをこね合わせて、つるつるした舌触かもりは卵の自身を使って醸し出しているのです。

1000 円 以下の仕出し弁当に入っているイカリングは、フライにしろ妙めものにしろ、大半はこのフェイク食品と見たほうがよいでしょう。味はイカそのものですが、フェイク食品です。

安全な購入方法

スーパーで刺身用の イカ を買うときは、調味液につけていないものを選ぶようにします。調味液につけてあるものは、イカ の珍味と同様の商品と思うことです。イカそうめんは添付されているタレは使わないほうがいいでしょう。塩分が濃いし、酸化防止剤などの添加物もかなり使われています。

  • 北海道、青森近海で獲れたスルメイカを原材料に、函館で加工・製造されたものをさらに弊社にて選別し袋詰めのみを行っております。
  • 1つの地域にこだわらず、その時期の旬の地域や漁獲量に合わせて 厳選された素材を使用しております。
  • 外国産や長期冷凍保存されたイカを使用しているあたりめの中には、 本来の風味を損なうため、新たに塩を加え加工されています。 国産の無添加あたりめは、獲れたてや短期冷凍保存のイカを使用しているため、 余計な調味を加えず、イカ本来に含まれている塩分のみで製造加工した商品です。国産無添加あたりめの風味豊かなイカの旨味をお楽しみください。
  • あたりめは、低糖質・高タンパクな商品です。おつまみや料理等をはじめ、幅広く活用頂けます。
  • 名称:魚介乾製品 原材料:いか(北海道産又は青森県産) 内容量:200g 賞味期限:約5ヶ月 保存方法:直射日光を避け開封後はお早めにお召し上がりください。栄養成分表示(100gあたり):エネルギー322kcal たんぱく質70.0g 脂質2.8g 炭水化物4.1g 食塩相当量3.0g

関サバ 関アジ 危険

関サバ 関アジ 危険性 はどういったところにあるのでしょうか。関サバ は豊予海峡(速吸の瀬戸)で漁獲され、大分県大分市の佐賀関で水揚げされるサバです。関アジ は豊予海峡(速吸の瀬戸)で漁獲され、大分県大分市の佐賀関で水揚げされるアジです。関サバとともに、水産品の高級ブランドとして定着しています。

魚のうまみ成分は時間が経つと有毒物質に変わります。「生きぐされ」のない新鮮なものを食べましょう。

関サバ 関アジ 危険 偽造防止用の公認シールが偽造されていた

関サバ 関アジ 危険

関サバ 関アジ 危険

「○○県産地直送」「○○ブランド」食べものの「折り紙」をどう判断するか。大分・佐賀関漁港の食堂で食べた関サバ定食(塩焼き800円)が、涙が出るほどおいしかったことがあります。

以前に「産地直送」のポスターが貼ってある料理屋で頼んだ関サバ(塩焼き1500円)よりも安いのに断然うまいのです。

同じ 関サバ なのに、なぜこれほど味に違いがあるのか不思議に思い、漁連関係者に聞いてみたことがあります。

「偽装を防止するための公認シールや「産地直送ポスター」が偽装されることもあるんだからひどいものです。逆に 「 関サバ 」 のブランドがついていない愛媛産のサバでぶんごも、豊後水道で獲れたなら 「 関サバ 」 とそんなに味の違いはないはずです。
以前に食べた「おいしくない関サバ」は、たぶんノルウェー産のサバですよ」

少し生臭い独特の香りがサバの持ち味ですが、ノルウェー産はこの点でだいぶ落ちます。
先の漁連関係者の話から言えるのは、ブランド表記を鵜呑みにしてはいけないし、逆にブランドものでなくても、安全でおいしい食べものはあるということです。

海流の激しい豊後水道で揚がったサバやアジは身が締まっておいしいのですが、愛媛県側に水揚げされるだけで、値段は格段に安価です。愛媛ひめ県では関サバ・関アジに対抗して、「媛アジ・媛サバ」のブランド名を付けているのですが、鮮魚売り場では劣勢です。

ただ、漁法の違いや、輸送方法(空輸か陸送か) の違いはあるというが、同じ「豊後水道」のサバを買うなら「媛サバ」のほうがお特です。意外と知られていないのが、日本海側で獲れるサバです。佐渡沖で一本釣りするサバは隠れた逸品です。

関サバ 関アジ 購入時の注意点

魚のうまみ成分は時間が経つと有毒物質に変わります。「生きぐされ」のない新鮮なものを食べましょう。


[クーポン利用で20%OFF]産地直送!! 新鮮な活け締め 一本釣り関あじ・関さば・関ぶり タレ漬け りゅうきゅう 3袋セット 大分県漁協佐賀関支店【送料無料】

ご飯にのせるだけで極上の漬け丼に!

■ 「リュウキュウ」
元来は漁師たちが獲れた魚を保存するために魚を切身にし、たれづけした漁師メシです。漁師のまかない料理として大分県では古くから親しまれた郷土料理で「あつめし(温メシ)」とも呼ばれています。新鮮な魚(主に青魚)を切身にして甘辛い醤油ダレに漬け込む調理法で、ご飯の上のせてづけ丼として食べるものを「りゅうきゅう丼」といいます。

■ お召し上がり方
袋のまま溜め水で5分程浸けて解凍し、お皿に出してそのままお酒のつまみや、熱いご飯にかけてりゅうきゅう丼でお召し上がりください。
お好みできざみネギ、ゴマ、ワサビ等の薬味をあわせると一層美味しくいただけます。

■ 「関アジ・関サバ・関ブリ」とは
大分県・佐賀関半島と愛媛県・佐田岬半島に挟まれ太平洋の暖かい海水と瀬戸内海の冷たい海水がぶつかり合う豊後水道(ぶんごすいどう)の中で、最もせまい部分の豊予海峡(ほうよかいきょう)は別名、速吸瀬戸(はやすいのせと)とも言われ、高島周辺の海域は日本でも有数の一本釣り漁場として有名です。
この海域は、潮流が速く海底地形が非常に起伏に富んでいるため、豊富なプランクトンを餌とする様々な魚介類が集まり、「瀬」と呼ばれる釣りのポイントが多数点在しています。これが好漁場たるゆえんで、マアジやマサバはもとより真鯛やブリなどなども多く生息し、水揚げされた魚は身が十分に引き締まり程良く脂がのり、関ものならではの味と歯ごたえが生まれてくるのです。
そんな好漁場で育った魚を、大分市佐賀関町の大分県漁協佐賀関支店所属の組合員・漁師さん達は魚体を傷つけないよう全て1本釣りで釣り揚げます。そうして釣れた真鯵、真鯖だけが「関アジ関サバ関ブリ」という称号を与えられます。一本釣りのため漁獲量は豊富ではなく希少な高級魚です。

■ 伝統の職人技法「面買い」
このようにして、大事に一本釣りで漁獲された「せきあじ せきさば」は、漁船の活け間(いけま)から魚を一匹ずつ素早くすくい取って漁協内の生け簀へ移します。
この時に(秤を使わずに魚の重さを目測によって推し量る)伝統の技術「面買い(つらがい)」という独特の買い付け方法がとられます。「面ら買い」とは、泳いでいる状態のまま魚の重量を目測によって特定し、買い取り料を決める方法です。
魚を計量器へ乗せる際に魚が暴れて体が擦れ魚体に無理な負荷かがかかって身割れなどで、鮮度や味が劣化するのを防ぐためです。
生きたままの魚の重量を目測で特定するのはただでさえ難しい作業ですが、生簀で泳ぎまわる魚の場合はなおさら熟練した経験と技術が求められます。この独特な測定法によって鮮度と身の締まりが保たれています。

■ 「いけす」と「活け締め」
水揚げされた魚はいけすに移した後そのまま出荷したほうが新鮮で活きがよさそうに思えますが、釣ったばかりの魚は極度の興奮状態にあるため、そのまま出荷すると狭い生け簀の中で暴れて自らを傷つける恐れがあります。
それを防ぐ為に、魚を落ち着かせる目的で必ず一日網いけすの中で泳がせるようにします。この方法だと釣れた日別に生け簀が必要になるため、コストもかかり管理も大変になりますが品質保持のために敢えてこの方法をとっています。
こうして出荷が決まった「関あじ関さば」は、その場で「活けじめ」されて全国各地へと出荷されていきます。「活け〆」とは、魚に神経抜きを施し包丁を入れて脊髄を切断し、血を抜き潮水(氷を入れた海水)で冷やすことです。
すべてが手作業なだけに高度な技術と手間を要しますが、この作業が魚の活きの良さを持続させます。活きたまま消費地に運び、さばく寸前に〆た方が新鮮だと思われるかもしれませんが、実際には、狭い水槽で飼われるのは魚にとって大きなストレスになり身も痩せてしまい、劣化してしまいます。「いけじめ」とは、釣り上げてからなるべく早く締めることによって、新鮮なままの味でおいしく召し上がっていただくための処理方法なのです。
このように関アジや関サバは、特殊な漁場環境、かたくなに一本釣り漁法にこだわり続ける佐賀関の漁師さん達と、そして魚を宝石のように大事に扱う漁協の職員さん達の努力があって初めて、生み出される希少な高級ブランド魚なのです。

肉・魚・卵