肉・魚・卵」カテゴリーアーカイブ

人工イクラ 見分け方 いくら すじこ 見分け方

人工イクラ 見分け方 いくら すじこ 見分け方 は簡単です。見分け方を紹介します。高価な食材はよからなぬ噂が流れて心配になります。以前には  人工いくら が溢れましたがどうやって見分ければいいでしょうか?本物の いくら を見分けるのはとても簡単です。回転寿司に行くと100円で いくら が食べられるので何皿も食べる方もいるでしょう。

人工いくら

人工いくら

いまだに 「 人工いくら 」 ではないかとの苦情が多い

日本人が好む魚卵といえば、たらこ に並んで、すじこ あるいはそれを1粒1粒バラバラにした いくら です。 すじこ と いくら はどちらも鮭の卵ですが、昔から庶民にとっては高嶺 ( 高値 ) の花だったため、コピー食品 ( 人工いくら ) が登場しました。

開発したのは化学会社。接着剤の開発中に、偶然  「 いくら のようなもの  」  ができたのが発端です。

試作品を作り、ある水産加工組合の宴会に出したところ、タネを明かされるまで、まったく気付かれなかったというのです。それほど本物に近いものができあがってしまったということです。

この一件はすぐに業界に広まりました。最初に飛び付いたのは、寿司業界。本物と同じ値段で売って儲けを出す算段でした。

その後 コピー いくら はあっという間に広まり、いろいろな種類のものが出回ったのですが、どれも海藻から抽出した アルギン酸ナトリウム を使用していることは共通しています。

現在市場に流通しているアルギン酸製品の中で、最もポピュラーなものがアルギン酸ナトリウムです。
一般に「アルギン」や「アルギン酸」と呼ばれているものでも、実際にはアルギン酸ナトリウムです。

アルギン酸ナトリウム は、食品の増粘剤、ゲル化剤、安定剤として古くから利用されている添加物です。
アルギン酸ナトリウム は、天然海藻から得られた物質ですが、アルギン酸とNaイオンの結合した塩であることから、日本では指定添加物に分類されています

この物質は食品に滑らかな感じや粘り気などを与える作用を持っているものです。消費者の反発から、今ではほとんど流通しなくなりましたが、業務用スーパーでは 人工いくら がまだ売られています。

本物の いくら であっても、完熟した卵を使用した場合は皮が硬くなり、違和感がある場合もあります。

しかし、各地の消費生活センターには、いまだに「皮が硬い。 人造いくら ではないか」という苦情が持ち込まれています。食べものの世界において、一度失った信用を取り戻すのはなかなか困難です。

人工イクラ 見分け方

家庭でできる 「 人工 いくら 」 の簡単な見分け方は以下の通りです。水の中に入れると本物なら水が白濁します( いくら からグロブリンたんぱくが溶け出すため )。
また、消毒に使われる オキシドール  ( 過酸化水素を 3% 程度含有 ) に入れると泡立ちます。
動物性の無加熱食品の中にある カタラーゼ という酵素が反応するからです。

イクラを皿の上で転がしてみると、天然か人工かを容易に見分けがつくと言われています。天然のイクラの場合は、魚卵の内部にある小さい玉が周りの卵黄に固定されています。そのため、イクラを転がしても動くことはないです。その反面、人工のイクラは魚卵の内部が卵黄ではありません。卵黄の味に似させた油分でできています。

よって、小さい玉は固定されていないので、転がす度に小さい玉は動き常に上部に移動します。上部に移動する理由は油分の比重が軽いので、浮くためです。イクラを転がしてみて、魚卵の内部にある小さい玉が動く場合は人工と判断できるでしょう。

天然 いくら とすじこ の違い

すじこ は、天然 いくら と同じく鮭の卵です。端的に言えば、すじこ は鮭の卵巣を塩漬けにしたもので、天然 いくら は卵巣からさらに卵を一粒ずつ分けたものですが、一般的には卵の成熟度にも違いがあります

鮭の卵巣は、卵の集合体が薄い膜で覆われた状態になっています。多くの場合 すじこ は、卵の表面の膜が薄く、一粒ずつ卵を切り離そうとすると破けやすい未成熟な卵巣が塩漬けされています。

一方天然いくら は、卵の表面の膜が固くなり、個々の卵が大きく成長した産卵直前に取り出された卵巣から一粒ずつ卵に分けられています。
流通する すじこ の中には、成熟した卵巣が塩漬けされたものも販売されているため、すじこ の卵の成熟度については一概には言えないこともあります。

肉・魚・卵

キャビア 成型数の子 見分け方

キャビア 成型数の子 見分け方 偽物はイヤ

キャビア 成型数の子 見分け方 です。本物のキャビアは 50 gで 2 万円近くします。魚卵製品はほぼコピーだと思ったほうがいいでしょう。

ほとんどがトビウオの「キャビア」に舌鼓を打っている キャビア 成型数の子 見分け方

魚卵は高級食材として珍重されることが多い分、まがいものを作られることが非常に多いものです。「成型数の子」もその1つです。

数の子の原料はニシンの卵ですが、「成型数の子」はシシャモの卵です。それも、シシャモの加工作業中に腹から飛び出してしまった卵などを主に使います。

牛乳から抽出した乳たんぱく(カゼインナトリウム)とアルカリ性のカルシウム化合物でバラバラの卵同士を固め、「数の子のように」します。

固まりやすくするために酵素を使う新しい技術もあります。「成型数の子」は一時、回転寿司チェーンで盛んに使われていましたがが、偽装表示が問題になってからは、「数の子」の名前では姿を見せなくなりました。

グルメの垂涎の的・キャビア(カスピ海にすむチョウザメの卵)のまがいものは世界中にあります。ヨーロッパではホウボウやボラ、シシャモの卵がキャビアに化けています。
日本ではタラ、ニシン、トビウオの卵までが「キャビア」になる。最も多いのが、ランプフィッシュと呼ばれる深海魚の卵です。

ランプフィッシュはダンゴウオの仲間です。見た目はチョウザメとは似ても似つかないものですが、卵を塩漬けして黒く着色すれば、キャビアそっくりの味になってしまいます。

といっても、本物のキャビアなんて食べたこともない(かもしれない)のだから、違いがわからなくて当然です。この「キャビアもどき」はスーパーなどでも販売されており、パッケージには「ランプフィッシュ」の原材科名も表記されています。だが、缶のフタにはなぜか「CAVIAR」の文字が所狭しと書いてあります。

キャビア 偽物 見分け方

食品表示を見ることができる場合はチョウザメの表記が無ければ偽物です。 しかし、お店で出てきたときは食品表示を見ることができませんよね。 そんなときは、パンやクラッカーの上で潰してみてください。 偽物のキャビアは着色料を使っているので、パンやクラッカーが黒く染みます。偽者と本物のキャビアの違いは「チョウザメの卵」かどうかです。

キャビアの楽しみ方としては、何も加えずに、ただスプーンに乗せてキャビアそのものを楽しむのが通と言われます。

その際に用いるスプーンは、一般的なシルバーよりも化学変化を起こしづらい純金スプーンが良いとされていますが、なかなか現実的ではないかと思います。
キャビア専用のスプーンとして、シェルスプーン(貝殻スプーン)や、先端に金メッキを施したスプーンも販売されています。

成型数の子 偽物 見分け方

数の子を選ぶ際に役立つ豆知識をお伝えします。まず、数の子の加工はほとんど北海道なのですが、産地は北海道とは限りません。そして、この産地によってその食感や味がかわるのです。
主な産地は、北海道、カナダ、アメリカ、ロシア、オランダです。親のニシンは太平洋ニシンと大西洋ニシンがおり、それぞれ産卵形態も違うので、当然子供の数の子の食感(ポリポリ)も違います。

太平洋ニシンが浅場の昆布に卵を産み付けるのに対し、大西洋ニシンは少し深い岩場に卵を産みます。昆布に産み付けるには粘着性の卵でないとくっつかないので、そのたんぱく質がお腹の中で硬くなり、ポリポリッの音を生みます。
数の子にはっきりと、櫛の様な切れ目があるのが成熟卵、形は同じように見えても、櫛の様な切れ目が無くひと塊になっているのが未熟卵です。

鰊は、産卵までの最後の数日で、しっかりと成熟し、腹の側から櫛目が入ってきます。
この櫛目が入っていることが、歯ごたえの証になります。

購入時の注意点

本物のキャビアは50 gで2万円近くします。魚卵製品はほぼコピーだと思ったほうがいいでしょう。

キャビア オシェトラ種 50gフランス STURIA社製【ミシュランガイド掲載店も使用してます】オシェトラ オセトラ フランス産 無添加食品 おつまみ 高級 ギフト お取り寄せ 送料無料 お歳暮 お中元 母の日 父の日 クリスマス

肉・魚・卵

輸入冷凍エビ

中国養殖ものは「抗菌剤」が超過残留

加工品のエビフライを含め、輸入されたエビから抗生物質、抗菌剤、大腸菌などが毎年100件以上も検出されています。中国、タイ、ベトナム、インドネシアから輸入されたものですが、圧倒的に多いのが中国産です。

中国のエビ養殖池には古いエサが堆積し、ひどい汚染状態になっています。そのため、病気予防として大量の抗生物質、抗菌剤を投入しているところが多数あります。それが残留基準値以上にエビに残留して、日本の食品衛生法に引っ掛かります。

抗生物質や抗菌剤が残留している食品を食べ続けた人の体には耐性菌ができ、病気になったとき、抗生物質が効かず、治療ができなくなるという心配があります。輸入時に違反が見つかれば全量廃棄になりますがが、それでも安心はできません。なぜなら実施されるのは抜き取り検査で、結果が出るまでに1週間程度かかります。しかもその間は流通させてもいいことになっているのです。

つまり、検査結果で「違反」となっても、肝心の食品はすでに消費者の胃袋の中、ということがありうるのです。抗生物質の残留だけでなく、スーパーで売られているほとんどの「むき身のエビ」には酸化防止剤の亜硫酸ナトリウムが添加されています。

業者によると「エビの赤さを保つには必須の添加物」だそうです。また、化学調味料も添加されています。これは、エビの皮をむくときになくなってしまう、うまみ成分を補うためです。

購入時の注意点

むき身のエビは添加物だらけなので避けます。中国産のエビより、ベトナム、インドネシア、タイ産のほうが比較的安全です。ただ、刺身の盛り合わせになると表示の必要がなくなり原産国もあやふや。注意が必要です。

背ワタの汚染物質は必ずとる「エビ」

安心・安全の国産の冷凍エビ

新鮮な有明海産のシバエビ(芝海老・真エビ)冷凍 2kg入りです(1kg×2パック)

【冷凍】有明海産 芝エビ(シバエビ・真エビ)2kg(1kg×2パック)で使い分け…