加工食品・おかず」カテゴリーアーカイブ

缶詰 危険 長期保存可能の裏には理由がある

缶詰 危険性 長期保存可能の裏にはやっぱり体に入れたくない物質が使われています。缶詰の容器から環境ホルモンのビスフェノールAが溶出して問題になったこともあります。「袋入り缶詰」と言われるレトルト食品のほうがまだ安全です。

缶詰 危険 長期保存できて便利ではあるけれどその理由は

缶詰 危険

缶詰 危険

長期保存ができる缶詰は 安心・安全な食品とイメージしている方も多いでしょう。たとえばサケ・マス缶の場合、原料の加工時、鮮度維持のために次亜塩素酸ソーダに苛性ソーダ(水酸化ナトリウム) を添加した液を使います。
サケやマスをわずか5分聞この浸透液に漬けるだけで、付着している細菌類が激減するほど強力なものです。

原料の輸送時に使う氷自体に薬品を添加する方法もよくとられています。これには抗生物質のCTC(クロールテトラサイクリン)が使用され、保蔵期間は約2倍に。

ミカンの缶詰では、内果皮( 実の薄い皮)がきれいにむかれているのを不思議に思つたことがあるかもしれません。だがカラクリは簡単です。これも苛性ソーダを使っているからです。缶詰は加熱殺菌しますが、ニンジンはその際に軟らかくなりすぎてしまうので、肉質を強化するために乳酸カルシウムの入った液に漬けているものもあります。

乳酸は腐食性毒物で、かつてミルクに混ぜて飲用して中毒死した未熟児のケースがありました。WHO(世界保健機関)でも、「乳児用に添加するのは好ましくない」と警告しています。

サクランボの缶詰にも注意が必要です。着色に赤色三号などの発がん性物質が使用されているからです。缶詰内部のpHの調整のため、合成クエン酸も添加してあるから、とくに子どもには与えないようにしなければいけません。

購入時の注意点

缶詰の容器から環境ホルモンのビスフェノールAが溶出して問題になったこともあります。「袋入り缶詰」と言われるレトルト食品のほうがまだ安全です。

レトルト食品には、殺菌剤・保存剤は使わないことになっているのですが、化学調味料や合成香料は通常の加工食品並みに添加されているので気をつけなければいけません。それから、レトルト食品にしろ缶詰にしろ、中身の産地まで表示してあるものを選ぶようにしましょう。

関連ページ:
環境ホルモンが溶け出す可能性がある缶詰

ウィンナー 危険 加工肉のウィンナーやソーセージは危険性が高いの

ウィンナー 危険 加工肉のウィンナーやソーセージは危険性が高いのでしょうか。JAS によると、ウィンナーソーセージは羊の腸を使用しているもの、又は製品の太さが 20 mm 未満のものをいいます。その中身が何の肉かについては、はっきり知られていません。

「 うさぎの肉 」 が重宝される理由

ウィンナー 危険

ウィンナー 危険

JAS によると、ウィンナーソーセージは羊の腸を使用しているもの、又は製品の太さが 20 mm 未満のものをいいます。その中身が何の肉かについては、はっきり知られていません。

実は各種ソーセージ類の中でも、最も「いろいろな肉」を混ぜ合わせて作られています。豚肉、鶏肉、羊肉、うさぎ肉、魚肉( マリンビーフ)、馬肉などなんでもあり何でもありといった方がいいかもしれません。

中でもうさぎ肉を使う食肉加工業者は多く、うさぎ肉は中国からの輸入が多く、安い上に脂身が少なく結着性がいいので、加工業者に重宝されています。

中国の四川人は、ウサギを偏愛しています。 中国の他地域でもウサギを食べるのですが、四川省にかなうところはありません。 一説によると、四川省では1年で40万トンものうさぎ肉が消費されていて、これは3億羽のうさぎに相当します。

子どもが大好きな食品だけに、添加物には十分配慮して選ばなければいけません。とくに、保存剤のソルビン酸と発色剤の亜硝酸塩の表示のないものを選ぶのが大事なポイントです。

価格はやや高いのですが、健康のストレスなく育てられた豚を原料にしているから安心です。ところで日本でソーセージが一般的になったのは1955年前後、魚肉ソーセージが最初です。「欧米=文化的」という風潮がある中で売り出され、ソーセージを食べたことのない人々はこれを「本物」と思いました。

それでも体に害がなければ問題ないのですが、実はとんでもない防腐剤が使われていました。ニトロフラン誘導体の合成化学物質「AF2」です。

発がん性があることがわかっていたのに、それを国民に隠して、厚生省(当時) は認可したのです。AF2 は1974年に使用禁止になりましたが、カイコの実験では三代目の孫の世代に奇形カイコが大量に発生しています。AF2を最も摂取したのは、団塊の世代です。孫の世代に影響が出ないことを祈るばかりです。

「1日に15グラムの加工肉を食べるだけで、がんのリスクは4%高まってしまいます。これはサンドイッチに入っているハム1切れに相当する」というのです。たった1きれです。ちなみに2011年のレビュー論文によれば、加工肉を1日に50グラム食べた場合、大腸がんのリスクは18%高まります。

ウィンナー 危険 を避けるための購入時の注意点

保存剤のソルビン酸と発色剤の亜硝酸塩の表示のないものを選ぶのが大事なポイントです。国産豚肉100% のものを。発色剤、リン酸塩、アミノ酸が無添加のものもあるので、できればそれらを選びましょう。

ソルビン酸 危険性

ソルビン酸 (sorbic acid) は保存料として使用される不飽和脂肪酸であり、IUPAC名は 2,4-ヘキサジエン酸 (2,4-hexadienoic acid) である。 かまぼこやソーセージなど食用練り製品などに対しては遊離酸として、ケチャップ、スープ、果実酒、乳酸菌飲料には K塩として使用されます。

発色剤 危険性

発色剤(はっしょくざい)とは、それ自体は色を持たないが、肉類の色を鮮やかに見せるために添加される食品添加物。 主に亜硝酸ナトリウムが使われ、硝酸ナトリウム・硝酸カリウムを併用することがあります。 ハム・ソーセージなどの食肉および魚肉加工品や鯨肉ベーコン、イクラや筋子に対して使用します。

お得で! 燻製の香り立つ おかずや おつまみ お鍋に ! プレゼントにも大好評!! 1家族3名から6名で、十分ご満足いただける 完全無添加ウィンナー・ハムの詰合せファミリー専用パック

徳島県の自社グループ農場で大切に育てたオリジナルブランド豚は、希少種、幻の豚といわれる中ヨークシャー種をベースに餌にこだわり、ストレスをかけない環境にこだわった豚さんです。

肉の旨味は濃厚で、甘みのあるサラサラ脂分が口の中で炸裂する衝撃感!無香料、無着色、無保存料の完全無添加で安全安心なオーガニック志向の方、又は妊娠中の妊婦さんのマタニティフードとしてもおすすめです。

まずは、ファミリー専用1kgでお試しください。

※こちらの商品は「ワケあり品」のため不ぞろい/変形等ございますが、食味は「ワケなし品」です!!

製造時期や製造工程によりハム系の商品が入らないこともございます。商品内容(種類)は写真とは異なりますこと予めご了承ください。

●共通原料 豚肉(徳島県産)、豚脂肪(徳島県産)、食塩、玉ねぎ、香辛料、砂糖。
●詰合せのため製品により、チーズ、乳たん白、糖類(水あめ・砂糖)、脱脂粉乳、レモン、パセリ、ソテー玉ねぎ、鶏肉、でん粉、エンドウ豆たん白、ポークエキス、海藻粉末、たん白濃縮ホエイパウダー。
●焼豚には、醤油、酒、ごま油。※冷凍発送。

加工食品・おかず

フライドチキン

フライドチキン など手軽に食べることのできるファストフード食品から、国際基準の 1000 倍を超えるアクリルアミドが検出されました。アクリルアミドの発がん性の程度については厚生労働症のウェブサイトによると、国際がん研究機関( IARC : International Agency for Research on Cancer )による発がん性分類において、人に対する発がん性の証拠は不十分だが、動物実験における発がん性の証拠は十分にあることから、アクリルアミドは2A(人に対しておそらく発がん性がある)に分類されています。

フライドチキン

フライドチキン

フライドチキン 発がん性物質 「 アクリルアミド  」が検出

アクリルアミドは「毒物及び劇物取締法」で「劇物」に指定されている物質です。スウェーデン国立食品局とストックホルム大学の動物実験では、発がん性も確認されています。

どういうわけか日本ではほとんど報道されませんでした。とくにテレビはそういった報道はできません。大スポンサーである大手ファストフードチェーンを気にかけてのことでしょう。

同様に、次のような事件も報道されませんでした。2006年、インドネシアの「動物の倫理的扱いを求める人々の会」(PETA))が、世界最大手チェーンのケンタッキーフライドチキンを告発しているのです。

「インドネシアのケンタッキーフライドチキンに納入されるニワトリは成長を促進するために薬品漬けにされ、太りすぎてまともに歩くことができなくなっている上に、食肉処理される前に羽をちぎられ、脚を折られ、意識のあるうちに煮えたぎった熱湯の入ったタンクに放り込まれている」

告発を裏付けるかのように、2004年、日本で発売されているフライドチキンから抗菌剤の「スルファキノキサリン」が検出、全商品の回収が行なわれました。

原料はブラジル産ブロイラー(食肉用の雑種鶏)で、飼育中に与えた抗菌剤が残留していたのです。

低脂肪低カロリーの鶏肉が人気だですが、そうした「ヘルシーブーム」に乗った情報だけでなく、リスク情報も併せてチェックしなければいけません。

購入時の注意点

食べるなら国産もの。チキンナゲットもフライドチキン同様に注意が必要。ファストフードチェーンのものには強化剤( アミノ酸、ビタミンなど) の添加が多いので注意。