インスタントラーメン

すべての歴史は「添加物の歴史」だった

インスタントラーメンが初めて登場したのは1958年。その普及に伴い、それまでは50品目程度しか指定されていなかった食品添加物だったのですが、その品目が急に増えはじめました。

1960年から1年間で70品目が許可され、そのほとんどがインスタントラーメンとパンの製造に使われるものでした。

大手企業のパン同様、インスタントラーメンも食品添加物なくしては存在できないものです。国が指定する食品添加物の数は、今では1500品目以上に達しています。日本即席食品工業協会では、日本人の食生活で不足しがちとされているカルシウム、ビタミンB1、ビタミンB2を「栄養強化」のために添加することを1993年に申し合わせていますが、日本人はそもそもビタミンB1、ビタミンB2は不足などしておらず、カルシウムと亜鉛が不足しがちです。

では、何のためにビタミンB1、ビタミンB2を添加したのかそれは、麺の着色と劣化防止の効果を狙っていたのです。これまでにも食品業界では「栄養強化」の名目で食品添加物の使用を促進したことがあります。かつて、古々米に食品添加物のリジン(発がん性が判明し、今は使用禁止)を添加し、学校給食に利用したのです。その本当の目的は古々米を「おいしく」 して、溜まる一方で使い道のなかった古々米を学校給食で処理することだったのです。

日本即席食品工業協会のカップ麺への栄養強化剤添加も、額面通りに受け取るべきではないでしょう。

購入時の注意点

「かんすい」「化学調味料」不使用のものを選びます。外食のラーメンでも同様です。添加物の使用を極力減らしたものもあるので、それらを選ぶようにします。自然食品店だけでなく、スーパーなどでも販売されています。たとえば、横浜の創健社
のインスタントラーメンなどは、おすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です