日本人はマグロを食べ過ぎている

マグロは乱獲が続いているために、漁獲量が年々減少の一途をたどっていることが大問題になつています。

日本人はマグロが好きで、世竺マグロを食べる国民と言われていますけれども、それだけ消費量が多いのです。私が問いたいのは、「そんなにたくさんマグロを食べる必要がありますか?」ということです。昔は、マグロの刺身はそれなりに高級な食べ物でした。ですから、それほど頻繁に食べませんでしたし、そもそも大量に食べる物でもなかったのです。

ところが、漁業技術が進歩して無理をすれば大量に獲れた時期があったものですから、昨今はマグロが安く出回るようになり、そのために日本人全体がマグロを食べ過ぎるようになったと思うのです。

 

「ここらへんで自重しませんか? 」という提案をしたいのです。そんなにたくさん食べなくてもいいはずですから。

昔から、メジマグロといって、漁をするとホンマグロの子どもがある程度かかるのですが、かかれば獲って食べていました。でも、今はわざわざメジマグロを獲りに行ってしまうのです。「それはやめましょうよ」と言いたい。放っておけば、成長してホンマグロになるのですから。これは乱獲をしている漁師の責任とばかりは言えません。

まぐろ

まぐろ

「安い物を大量に食べさせろ」という消費者の強欲が、この結果を生んでいるのです。マグロの刺身なら、≡ 切れか四切れあれば十分のはずです。もっと自覚を持って食べるようにしなければ、マグロに限らず、海洋生物を人間が食い尽くすことになってしまいます。もちろん、環境に与える影響といった観点でこの間題を考えることも大事なのですが、そんなことより何より、そんなに強欲に食べてどうするのかという根本を、人の生き方として考えるべきでしょう。

適量というものを知らなければなりません。私たちは長い間、無自覚に海からの贈り物を無駄にしたり、食べ過ぎたりしてきました。そろそろ、そういう生き方をやめなければならない時機に差し掛かっていると思うのです。皆さんは、少なからず「食」に関心を持っている人たちだと思います。これはまず、そういう自覚のある人たちから始める以外にないのです。それが少しずつ広がって、力を持つようになるといいと思っています。

マグロの刺身

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です