粉末ソースと模造チーズで出来た「激安カルボナーラ」

外食産業でパスタを出すような店では、加工品、つまり業務用のパスタソースを使っているケースがたくさんあります。

パスタ

パスタ

トマトソースなども食品添加物だらけですので、なるべく食べないようにしてもらいたいです。オイル系のパスタはどうかというと、これも勧められるような物ではありません。本当にエクストラバージンのオリーブオイルを使っている店などほとんどないのです。自宅で使うオリーブオイルのランキングは以下のリンクが参考になります。

エキストラヴァージンオリーブオイル ベスト5 ランキング

サラダ油やピュアオリーブオイル以下の、もうオリーブオイルとは言えないような油を使っていたり、ヒマワリオイルや大豆油との混合油をオリーブオイルと言って使っていたりしますから、あてになりません。

安手の店ではそんなところにお金をかけていられないのでしょう。本当にプライドを持って、きちんとした技術でおいしいイタリアンを出している店はいくらでもありますが、そういうところでは、パスタを単品で頼んでも、70~80グラムぐらいの一品が、最低でも1500円くらいはするでしょう。

それはぼったくりなどではないのです。本物の材料できちんとしたパスタ料理を作ろうと思ったら、そのぐらいでないと見合わないのです。安いパスタのほうがむしろ異常なのだと理解してください。

さらに、できればクリーム系のパスタも避けたほうがいいです。カルボナーラなどは、業務用のカルボナーラ液が出来ています。今は粉末になっているものもあるようです。粉末は、溶けばカルボナーラ液になる物です。

通常はアルミのパックに入ったカルボナーラの原液がよく使われています。ベーコンも刻まれた物がセットで届きますから、それを強火で妙めて焦げ目がついたら火を止め、そこにカルボナーラ液を入れて、茹で上がったパスタを絡めて、はい、出来上がり。

上から模造チーズの粉とパセリでも振っておけば、客にはまったく分かりません。そういう物があえて食べたいというのなら、それはそれでいいのですけれど、知らずに食べさせられているのだとしたら不幸だと思います。チェーン店の安物のパスタを注文するときは注意が必要です。

選択肢がなくて困るかもしれませんが、選ぶのであれば、オイル系ではありますけれど、シンプルなべペロンチーノや、キャベツとアンチョビのパスタのような野菜のパスタであれば、やたらにオイルを入れたりはしないので比較的安全でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です