精米改良剤入りご飯は「洗剤を食べているようなもの」

外食や中食(弁当や惣菜などを買ってきて家で食べること) 産業で使われる米は、一部、国産米も使われてはいますけれども、極端に安い中国産米がほとんどです。

「うちは中国産米を会社として使っています」と表明しているファストフードの牛井チェーンもありますし、カレーのチェーン店やスーパーマーケットが作っている弁当のご飯なども、しばしば堂々と中国産米だということを表明しています。

安く食べられれば米の質は問わないという人は気にする必要はないのですが、毒性のある物、身体に悪い物は食べたくないと考えている人は、安全性が確認されている物を除いては、やはり中国産米は避けたほうがいいと思います。

強力な農薬を使っているケースもあり、分析すると相当の化学物質が出てくることもあります。日本の米の汚染も十分に怖いのですけれども、中国はさらにすごいのです。農薬の懸念だけでなく、中国は土壌そのものがかなり汚止米されている地域もありますので、その点も考慮すべきです。すべてがとは言えませんが、中国産米はかなりリスクがあると思って欲しい。

安い物には安いなりの理由があるのです。中国産だけでなく、日本に輸入されてきている物はかなり汚染されている物があると考えたほうがいいでしょう。

日本の米だって、分析すればいろいろ出てきますし、カドミウムが相当含まれているとも言われています。決して安全とは言い切れないのが実情ですけれども、それでもまだ中国産米などの外国産よりははるかにましです。

米は、まずは産地で選んで欲しいということです。気をつけたいのは、国産でも放射性物質などによって汚染された米が出回っていることです。表示されていれば避けることも可能ですが、完全に偽装されていれば、それを見破ることはなかなかできません。

信頼のおける店で買うとか、農家から直接取り寄せるという手段もありますので、各自で工夫して防衛するしかありません。わけの分からない安い米というのは危険性が高いということを、最低限認識しておく必要があると思います。国が安全だと言っているのだから大丈夫、どんどん食べて応援しょう!と思っている方は、もちろんそうなさってください。

お米

お米

これは個人の判断に委ねるしかない問題です。もう一つ注意してもらいたいのは、安い弁当やファストフードで出てくるご飯には、精米改良剤といわれる食品添加物が入っていることです。薬品を入れてご飯を炊いているのです。これはもう見破れませんから、味で確認するしかありません。精米改良剤という物はプロピレングリコールという物質が主体です。食品添加物としでは乳化剤という分類に入れられますが、工業製品として作られている場合には界面活性剤と呼ばれています。

シャンプー、洗剤などに使われるのと同じ物質です。極端に言えば、芳香剤を入れていない洗剤の成分を混ぜたご飯を食べているようなものなのです。主にツヤを出す目的で使われるのですが、不自然に光沢があったり、ツヤツヤ、ピカピカしているのに、食べるともそっとしているというので精米改良剤の使用が分かったりします。

米の表面がコーティングされたようになるのだと思います。でも、一般の人にはなかなか分かりにくいのではないでしょうか。ファミレスなどでは、決まった分量の無洗米がパックされてきますから、その封を切って、決められた大きさの釜にそのままザーツと空けて、水を分量まで入れたら、あとは精米改良剤を入れて、スイッチオンで炊くという誰でもできる方法を取っています。個人の選択ということになりますが、そんな米(ご飯) など食べたくないという人は注意をしたほうがいいでしょう。

うるち米だけで作った安心のパックごはん「サトウのごはん」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です