月別アーカイブ: 2020年1月

貝類

産地偽装だけではない!1回日本の浜辺にまけば国産

月の産地偽装が後を絶ちません。「日本は海に囲まれているし、ほとんどが国産じゃないの?」と思う人がいるかもしれないが、とんでもない。

日本の海浜はどんどん埋め立てられ、貝が獲れる浜は猫のひたい額ほどになっています。スーパーなどで売られているアサリ、シジミ、ハマグリの多くは、中国や朝鮮半島から椎貝を輸入し、日本の浜で養殖されたものです。

原産地表示を義務付けるJAS法によると、国内で養殖した貝でも、採取した原産地は表示する必要があります。しかし、大半は「国産」の表示だけです。

ある県産のシジミの場合、北朝鮮産のシジミを中国経由で輸入、市場に出す数日前に浜にばらまき、出荷していました。もちろん原産国表示は「国産」とだけ表示していたのです。

市民グループが農政事務所(JAS法を監視する国の出先機関で、かつての食糧事務所)に告発したが、まったく調査もせずに、「そんなことはありえない」と、門前払いにされたというのです。

元農林水産省の課長補佐は、「役人は出世や天下り先に影響が出ますから、業者や業界団体の不利益になるようなことは、マスコミが大騒ぎするまでは決してしませんよ」と言いました。

輸入された貝は貝毒のリスクが高いので、ぜひ国産を選びたいところですが、「中国産」を「国産」と表示する偽装も多いのです。

購入するときは、信頼できる(店員の教育がしっかりしている) スーパーで店員に確認するくらいしか手立てがありません。

購入時の注意点

中国産や北朝鮮産の貝は重金属汚染が最大の懸念事項です。しかし、純国産の貝は壊滅状態。「浜の復活」こそが貝の資源保護のための最大の対策です。

イカ

フェイク(模造)食品が多い

日本人が好むスルメイカ、ヤリイカ、スミイカなどが日本近海から姿を消してしまいました。スーパーで国産のイカをほとんど見なくなりました。
それでも、スーパーの鮮魚売り場でも寿司屋でもイカが切れることはありません。実はそのほとんどはアフリカやイタリアで獲れたモンゴウイカの冷凍品です。

モンゴウイカはイカには違いありませんが、胴の長さが30 cmもある大型のイカです。身は肉厚で、味は大雑把、スルメイカの昧には遠く及びません。

ところが、そのモンゴウイカも、今や「高級食材」に仲間入りしつつあるのです。代わって最近、増えているのが、タイなど東南アジアで獲れた小型のイカです。これはもともと風味が薄いのですが、皮をむいて殺菌する過程で、さらに味が薄くなってしまいます。そこで、イカの味に近いアミノ酸調味液に浸し、人工的に味を付けます。

「イカそうめん」などは、こうして味付けされた東南アジアのイカが使われています。イカの「フェイク(模造) 食品」も多数あります。

「イカ風味フライ」などはその代表例。原料はスケソウダラのすり身、でんぷん、ラード、卵の自身、化学調味料など。要するに、冷凍スケソウダラのすり身に各種化学調味料、でんぷんをこね合わせて、つるつるした舌触かもりは卵の自身を使って醸し出しているのです。

1000円以下の仕出し弁当に入っているイカリングは、フライにしろ妙めものにしろ、大半はこのフェイク食品と見たほうがよいでしょう。

安全な購入方法

スーパーで刺身用のイカを買うときは、調味液につけていないものを選ぶようにします。調味液につけてあるものは、イカの珍味と同様の商品と思うことです。イカそうめんは添付されているタレは使わないほうがいいでしょう。塩分が濃いし、酸化防止剤などの添加物もかなり使われています。

関サバ・関アジ

偽造防止用の公認シールが偽造されていた

「○○県産地直送」「○○ブランド」食べものの「折り紙」をどう判断するか。大分・佐賀関漁港の食堂で食べた関サバ定食(塩焼き800円)が、涙が出るほどおいしかったことがあります。

以前に「産地直送」のポスターが貼ってある料理屋で頼んだ関サバ(塩焼き1500円)よりも安いのに断然うまいのです。

同じ関サバなのに、なぜこれほど味に違いがあるのか不思議に思い、漁連関係者に聞いてみた。「偽装を防止するための公認シールや「産地直送ポスター」が偽装されることもあるんだからひどいものです。逆に「関サバ」のブランドがついていない愛媛産のサバでぶんごも、豊後水道で獲れたなら「関サバ」とそんなに味の違いはないはずです。
以前に食べた「おいしくない関サバ」は、たぶんノルウェー産のサバですよ」

少し生臭い独特の香りがサバの持ち味ですが、ノルウェー産はこの点でだいぶ落ちます。、
先の漁連関係者の話から言えるのは、ブランド表記を鵜呑みにしてはいけないし、逆にブランドものでなくても、安全でおいしい食べものはあるということです。

海流の激しい豊後水道で揚がったサバやアジは身が締まっておいしいのですが、愛媛県側に水揚げされるだけで、値段は格段に安価です。愛媛ひめ県では関サバ・関アジに対抗して、「媛アジ・媛サバ」のブランド名を付けているのですが、鮮魚売り場では劣勢です。

ただ、漁法の違いや、輸送方法(空輸か陸送か) の違いはあるというが、同じ「豊後水道」のサバを買うなら「媛サバ」のほうがお特です。意外と知られていないのが、日本海側で獲れるサバです。佐渡沖で一本釣りするサバは隠れた逸品です。

購入時の注意点

魚のうまみ成分は時間が経つと有毒物質に変わります。「生きぐされ」のない新鮮なものを食べましょう。

干物(ホッケ、アジ)

薬液に一晩漬けて温風を当てるとできあがり

最近の干物は、時代を反映してか「塩分控えめ」になっており、健康を気づかう人、特に血圧が高い人にとってはうれしいいでしょう。

ユーザーには嬉しいのですが、塩分を薄くして作ると、今度は傷みやすくなってしまうというデメリットが報じます。
そこで、使用されるのは添加物です。添加物は傷を防ぐ上、手間も省いてくれるので生産性もあがり一石二鳥です。

原価50円もしない加工用のホッケを大量に仕入れ、魚肉エキス、酸化防止剤、化学調味料を含んだ干物用の液体に一晩漬けて、25度~35度の温風で乾燥させればできあがりです。

以前、東京・築地の魚市場に行ったとき、アジの干物が入った段ボールが積んでありました。段ボールを見ると、「酸化防止剤(V・C」の表示。これが、スーパーなどで1枚1枚バラ売りになると、何も表示されなくなるのだから、どう考えてもおかしなことです。

居酒屋などのホッケの干物も同様です。異様にテカテカしているが、身が簡単にほぐれて食べやすい。いずれも、添加物漬けにして作っているからです。

中には保存料のソルビン酸カリウムを密かに使用しているものもあるというのに、表示などまったくされずに居酒屋や定食屋のメニューになっています。干物は養殖ものが圧倒的に多いのですが、一番気になるのは、エサに混ぜて与えている抗生物質やイケス綱の防汚剤に使われる薬剤が魚に残留しているかどうかです。

養殖は日本の食料安定供給のためになくてはならないものだけに、安全性や環境面への対策は最優先されなければいけません。

購入時の注意点

干物は完全無添加、天日干しのものを。静岡県の内浦漁協など、漁協ぐるみで安全な干物づくりに取り組んでいるところもある。安全、安心の無添加商品を選ぶ。

安心・安全な「魚」の見分け方