主食」カテゴリーアーカイブ

回転寿司

ツナサラダ、たたき巻きなどの原型がない「サイドメニュー」はNG

全国の寿司店の中で、回転寿司チェーン店の売上高は40% を超えています。すっかり市民権を得て、家族連れのお客も多い。だが、気になるのはやはりメニューの実態です。

最近は、ネタが何かを見抜くことが非常に難しくなっているのが現状です。というのも、「代替魚」が氾濫しているからです。
たとえば、「清水ダイ」もその1つです。「清水ダイ」といってもタイではありません。キャットフィッシュというアメリカ・ミシシッピ産の養殖ナマズです。

最初はフライなどの加工用に輸入されたのですが、輸入商社が生食用に殺菌処理をして「清水ダイ」と名付けました。ピンクがかった自身肉で、味は白身のタイやスズキに似ています。

それが店によってはタイ、ヒラメ、アイナメ、スズキと名前を変えて出てくるのです。「味がよければいいじゃないか」という考えもあるかもしれませんが、その判断は客が代替魚であることを確認した上でなされるべきです。

回転寿司屋にはもう1つ不安が残されています。それは、「売れ残ったネタはどうしているのか」という問題に他なりません。
マグロはボイルして野菜と一緒にしてツナサラダ。自身の魚は塩水で洗って海藻の上にのせて海鮮サラダ。イカは細切りにしてキュウリ、マヨネーズと一緒に巻けば「イカキュウリ巻き」という新メニューになってしまいます。

時間が経ち、多少臭っているネタでも、ミンチにしてネギを刻み込めば、ほとんどが再利用可能です。ネギハマチ、ネギビントロ、アジやイワシのたたき巻きに変身する。回転寿司の豊富なメニューの陰には、こういうウラ技もあることを知っておきたいところです。

安全な選び方

カレイのえんがわ」のように正直に名前を書いてある店に行くべきでしょう。チェーン店ではできるだけ加工度の低いものを選ぶことが大切です。

安い 牛丼 安すぎる牛丼にはリスク大

安い牛丼 原価51円も可能だったが

商品の安さを実現できるのは企業努力の賜ですが、問題はどこのコストを削るかに行き着きます。安くてうまい牛井といえば、かつては「吉野家」でした。

ところが、2010年3月まで、既存店舗の売上高は対前年比3ヶ月連続減少。店舗数も「すき家」に抜かれてしまいました。BSE 対策でコス高になったアメリカ産牛肉の影響で値下げ競争から脱落、客足が遠のいたのです。

他社がオーストラリア、メキシコなどBSE未発生国の牛肉にシフトしたのに、なぜ吉野家はアメリカ産にこだわるのでしょうか。

理由は商品に使用している部位です。吉野家の場合、アメリカ産牛のトモバラを使っています。トモバラは「ショートプレート」と呼ばれ、牛の下腹にあたる部分で、脂身が多く、アメリカ人は見向きもせず、価格も当然、安価です。そこに目をつけ、数社の大手ミートパッカー(食肉処理から解体・加工・箱詰めまで一貫して行なう巨大食肉加工会社)と契約、ショートプレートを冷凍ブロックで輸入しています。

「アメリカ産以外の牛肉では吉野家の味が出ない」をポリシーにしているというのです。業界筋の話では、アメリカでBSE が発生する以前、ショートプレートの相場は100gで約60円。吉野家の牛井(並盛)は約85gの牛肉が使われているから、単純計算で牛肉の原価は51円。300円でも十分採算はとれていたのです。
結局輸入は再開されたが、アメリカでは肉骨粉の規制が不十分で、特定危険部位の除去も徹底されていません。「安全面」のコストを削っていないか、十分に注意する必要があるのです。

購入時の注意点

安すぎる商品」には、それなりのリスクがあることを肝に銘じることです。アメリカはクローン牛の生産で巻き返しを狙っていると言われますが、BSE以上に安全性に問題があるのは言うまでもありません。

主食

サンドイッチ 危険性 添加物が多いものに注意する

サンドイッチ 危険性 について紹介します。具の多いミックスサンドは添加物が多いので、できるだけシンプルなものを選びましょう。臭素酸カリウム入りパンにはとくに注意が必要です。

サンドイッチ 危険性  「保存料・合成着色料不使用」表示の抜け穴

サンドイッチ 危険性

サンドイッチ 危険性

サンドイッチの商品開発の業界はとても厳しいものです。その中で働く人々の特徴は、吹き出物などで顔が荒れている人がたくさんいます。それだけ競争が激しい業界だということです。

試作品を試食し、何度も何度も作り直して新製品ができる。それこそ開発担当者はサンドイッチ漬けの毎日でしょう。通常よりたくさんの食品添加物を口にし、それが原因で皮膚が荒れることくらいは十分考えられます。

「保存料・合成着色料不使用」と表記されたサンドイッチであれば添加物は使われていないと思いがちだが、これは大きな間違いです。以前、名古屋地区の中堅のコンビニチェーン店にサンドイッチを納入しているパン屋から、「コンビニから「pH調整剤だけは味が変わらない限度まで入れてくれ」と要求されているのだけれど、問題はないのか」という問い合わせがありました。

これは違法ではないが、pH調整剤は微生物の増殖を抑えるので、当然、体内の善玉菌の働きも阻害することになります。本来なら使わないほうがいいことは言うまでもありません。

添加物表示は個々の物質名を表示するのが原則ですが、「香料」「酸味料」など特定の用途で使用する場合に、使用の目的を表わす「一括名」で表示できるのです。pH調整剤もクエン酸、フマル酸など複数の添加物が成分となっていますが、「pH調整剤」としか書かれなのです。

食中毒を防ぐために、ほとんどのコンビニのサンドイッチでもpH調整剤だけは目一杯入れています。だが、使用されている個々の添加物は各社のホームページ等で確認するか、直接問い合わせるしか方法がありません。

購入時の注意点 サンドイッチ 危険性 を最小限にするためには

具の多いミックスサンドは添加物が多いので、できるだけシンプルなものを選びましょう。臭素酸カリウム入りパンにはとくに注意が必要です。

主食