外食時の注意点 はココをおさえる

家で食べる食事よりも注意が必要な外食時の注意点はココ というところを紹介します。外食時外食続きは健康によくない、といくら言われても、どうしても外食の機会は減らないものです。それでも、外食時の 「 店選び 」 「 メニュー選び 」 くらいには気をつけたいところです。

外食時の注意点

外食時の注意点

外食時に一番肝心なのは、いつも客があふれているような店で食事をすることです。それも、テレビのグルメ番組で紹介されて一気に人気が出たような店ではなく、地元の客で何十年も繁盛している店です。いわゆる おいしい と評判の店です。特に大々的に宣伝しなくても地元の客で賑わっている店です。

そうした店は、品質のいい食材を入れないとすぐに客に見抜かれるので、手を抜けません。常に手を抜かないから、それでまた常連客が増える、というように好循環を繰り返していると考えることもできるのです。

そうした店を探すのにも、タクシーの運転手に聞くのは避けたい。運転手は紹介料をもらえる店を紹介するケースが多い。商店街の人などにまめに聞くことです。

「 安心できるレストラン 」 を選ぶときの目安としているものがもう 1 つあります。それは、キャベツ をちゃんと店で千切りにして出しているかどうかです。

カット野菜 を使っているようでは、その店は避けたほうがいい。些細なことに思えるかもしれないが、経験的にもこれは信頼できる重要 ポイント です。

「 メニュー選び 」について言えば、まずは 「 加工度 」 がなるべく少ない料理を選ぶことです。できるだけ食材の元の形がわかるものがいいでしょう。

たとえば魚なら、 刺身 よりは、 焼き魚定食 のほうがいい、という具合です。加工度が高ければ高いほど、栄養価は落ちていくし、細菌類に汚染される可能性は高まるのです。

最後に、出張や旅行で知らない土地へ行ったときに、簡単に 「 安心できる店か、即退散すべき店か 」 を選別する方法として伝えられている2つの方法です。

お品書き (  メニュ ー) がしっかりしているか
店の料理の特徴などが書いてあるか。ただ漠然とメニューを書いてあるのでは、店の主張がないわけで、原材料へのこだわりもないと思ったほうがいいでしょう。
付き出しに 「 出来合い 」 を出していないか
付き出しは関西では 「 アテ 」 という。 「 初見の客と店との最初の挨拶 」 とも言える付き出しを、 業務用スーパー で買ってきた 添加物だらけ の品物ですませているようでは、店の質も自ずと明らかでしょう。
業務用スーパーに行くと、びっくりするくらいの 「 付き出し 」 が売られています。個人客も普通に入れるので一度覗いてみるとよいでしょう。「あの店の付き出しと同じだ」と思うものがすぐに見つかるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です