「トクホ」の過信はリスクを招く

いわゆる「トクホ(特定保健用食品)」は、1991年にできた制度で、体の生理作用を助ける成分が含まれると証明された食品に、「食事の脂肪吸収を抑える」「おなかの調子を整える」などの特定の保健用途を表示して販売することができるものです。

1073品目(令和2年4月28日現在)がトクホとして許可されています。内訳は、「おなかの調子を整える」商品が最も多く、次いで、血糖値、コレステロール、血圧、歯の健康と続いています。

「トクホ」の許可をもらうと、売上げの大幅増が期待できるので、各メーカーの担当者は、厚生労働省に日参しています。

「血糖値の気になる方に」「食事の脂肪吸収を抑える」と銘打ったトクホ商品の「黒烏龍茶」(サントリー) などは、2006年5月に発売してから1年間で、2億4000万本という爆発的な売れ行きを記録しています。

ただ、それで、メタポリック(内臓脂肪) 症候群の人が増えたのか減ったのかは定かではありません。ただし、トクホは食品なので、「高血圧に効く」とか「糖尿病に効果」など、特定の疾病をあげての効能は表示できません。それと気をつけなければいけないのは、トクホ食品成分の中には、健康油のジアシルグリセロールのように、安全性が論議されている成分もあったということです。

ちなみに、便秘解消には長い間、人気のイサゴールなどもあり、その効果が消費者に熱い支持されているものもあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です