飲みもの」カテゴリーアーカイブ

ワイン 飲み過ぎはポリフェノール効果も台無しに

ワイン 飲み過ぎはポリフェノール効果も台無しに なってしまうので飲み過ぎには注意しなければいけません。チェックするのは、原材料名の表示に「保存料(ソルビン酸K)」が入っていないかどうか。近頃は、この添加物を使っていないワインが増えてきたので、こちらを選ぶこと。

ワイン 適量ならばアンチエイジンクにも抜群の効果

ワイン 飲み過ぎはポリフェノール効果も台無しに

ワイン 飲み過ぎはポリフェノール効果も台無しに

チェックするのは、原材料名の表示に「 保存料 ( ソルビン酸K ) 」が入っていないかどうか。近頃は、この添加物を使っていないワインが増えてきたので、こちらを選ぶこと。

ほかに気になる添加物といえば、酸化防止剤の 「 亜硫酸塩 」 。どのワインにも、必ずといってよいほど添加されています。しかし、亜硫酸塩は 1000 年以上使われてきた歴史があります。

経験科学からいつて、まあ、安心と考えてよいでしょう。

最近では 「 酸化防止剤無添加 」 の国産ワインもスーパーで売られるようになりました。ただし、このタイプは、当然ながら長期保存には向きません。

さて、赤ワインには、活性酸素の害(発ガン性・老化の促進) を防ぐ「ポリフェノール成分」が含まれているということもあって、年代を問わずブームに。でも、「どうも赤ワインの味になじめない」という人は、ポリフェノールの含有量は少なくなりますが、飲みやすいロゼをすすめます。

ただ、ワインも飲みすぎには注意を。飲みすぎると、結局はアルコールによって肝臓で活性酸素がぐんと増えてしまいます。これでは、かえってマイナス。
また、酸化防止剤の過剰摂取で不眠になるケースもあります。

ワイン 以外の 飲み物 はこちら。

各種飲料水 甘味料などが心配

各種飲料水 甘味料などが心配 であり主な危険性です。注意しなければならないのは、飲み過ぎると下痢をするものがあるということです。また、低カロリーといっても、500 ml のペットボトルのものを 1 本飲むとご飯 1 杯分に近いカロリーになり、カロリーゼロのものだとしてもステビアなどの甘味料が添加されていることもあり、不安です。

各種飲料水

 清涼飲料水

各種飲料水

各種飲料水

清涼飲料水とは、見た目は水のように透明で、甘味があるけれどもカロリーが低い飲料水のことです。

健康ブームやダイエットブームで人気になり、さまざまな種類があります。水にフルーツ風味を加えた果汁系飲料、栄養補給をうたった機能系飲料などもありますが、本当に体に良いのかは疑問なところもあります。

注意しなければならないのは、飲み過ぎると下痢をするものがあるということです。また、低カロリーといっても、500 ml のペットボトルのものを 1 本飲むとご飯 1 杯分に近いカロリーになり、カロリーゼロのものだとしてもステビアなどの甘味料が添加されていることもあり、不安です。

炭酸飲料水

炭酸飲料には、現在では不安な添加物はそれほど使われていません。しかし、カロリーゼロのタイプの飲料には、安息香酸Na という遺伝毒性の恐れがある保存料、また、アステルパームという甘味料が使われているものがあります。

そして、カフェインが入っているものも心配です。例えばコーラにはカフェインが使用されることが多いので、小さな子供や妊婦さんは気をつけたいものです。

果汁飲料水

果汁飲料水には、果汁が 100 % 使われている天然果汁、果汁が 50 %以上の果実飲料、果汁が 50 %未満の果汁入り清涼飲料水というふうに、種類があります。

また、5 ~ 6 倍に濃縮された果汁を水で薄めて戻してある、濃縮果汁還元のジュースがありますが、こちらも天然果汁と表示されています。

ただ、天然果汁なら、完全に安心かというとそうでもなく、農薬が検出されたことも以前にはありました。ジュース用に果汁が搾られるのはたいてい皮ごとなので、海外からの輸入果物で作られたジュースには、ポストハーベスト農薬が残っている可能性があるのです。

例えばリンゴジュースなら、国産のリンゴだけが使われているものを選ぶようにしたら安心です。

飲み物

コーングリッツ 危険性 ビール 原料がコーンの場合 遺伝子組み換え 可能性大

ビール 原料がコーンの場合 遺伝子組み換え 可能性大 ビールの原材料名を見るポイントは、コーンとスターチです。
コーンは胚芽を除いて砕いたトウモロコシのコーングリッツ。原材料が麦芽、ホップのみなら、遺伝子組み換えの不安はありません。仕事の後のビールが毎日欠かせない人は多いと思いますが、原材料はよく調べて 麦芽 または ホップ のビールを選ぶのが大切なポイントです。大手メーカーのコンスターチ不使用の無添加ビールも3銘柄紹介しています。

コーングリッツ 危険性 避けるのなら麦芽 ホップ だけのピールにすれば問題なし

コーングリッツ 危険性

コーングリッツ 危険性

湯上がりの 1 杯のビールで 1 日の疲れがとれる、という方も多いでしょう。そこで、ビールの安全性です。ビールの原材料名を見るポイントは、コーンとスターチです。
コーンは胚芽を除いて砕いたトウモロコシのコーングリッツ。コーンは胚芽をのぞき砕いたトウモロコシの コーングリッツ です。

スターチはコーンスターチ。どちらも原料となるコーンは、ほとんどアメリカからの輸入品です。ということは、コーンが遺伝子組み換え作物という不安があります。副原料に遺伝子組み換え作物を使っていても、遺伝子組み換え食品と表示する義務はありません。毎日飲む習慣がある人は注意したい部分です。

その点、原材料が麦芽、ホップのみなら、遺伝子組み換えの不安はありません。

安心のビールをのみたいなら麦芽かホップ

安心 ビール 購入する コーンスターチ 無添加 を選ぶ

ビールは、麦芽、ホップ、水を減量として発酵させたもので余分なものが添加されているものは避けます。よく原材料表表示を見てから購入しましょう。原材料にコーンスターチの記載があるものは購入を避けましょう。

コーンスターチ 無添加 ビール

コーンスターチ不使用の大手メーカーのビールを3銘柄紹介します。

キリンビール1番搾り 原材料:麦芽、ホップ

エビス 原材料:麦芽、ホップ

プレミアムモルツ 原材料:麦芽、ホップ

ビール以外 飲み物