冷凍でも100%安全ではない冷凍食品

最近は、本当にさまざまな種類の冷凍食品が販売されています。冷凍食品は手軽で便利。毎日お弁当を持って出かける人には、ハンバーグやコロッケ、フライといったお総菜の冷凍食品が、とても重宝していることでしょう。

通常、冷凍食品は急速冷凍されるので、とても安心できるかというと案外そうでもなくて、添加物がけっこう入っています。ですから、添加物がたくさん入った商品は、当然避けましょう。

また、添加物のほかにも不安なものはあります。それは、輸入されているものかもしれない「じゃがいも」と「油」です。海外から輸入されているものであれば、遺伝子組み換えされている食品の可能性が出てくるためです。

フライは2度揚げることで殺菌する

フライもので気をつけたいのは、その食品を必ず2度揚げするということです。もし、食中毒を起こす細菌が付着していたとすれば、生きたまま活動を停止して冷凍され、冬眠している状態とも考えられ、冷凍されても生き残ることになります。冷凍されているからといって、細菌は死滅しているわけではないのです。

じゅうぶんに加熱されて調理されれば殺菌できますが、冷凍食品は冷凍の状態から加熱するため、中心の部分の温度が上がりにくいことに注意する必要があります。この状態で、菌が入ってしまっていたとしたら、菌が増殖するのに絶好の条件で、そのままお弁当に入れたりしたら大変なことになります。ですから、2度揚げをすることで、完全に殺菌するのです。

電子レンジやオーブントースターでの調理法

「そのまま電子レンジであたためられます」というような表示の冷凍食品を見たことはないでしょうか。これは、プラスチックの容器をそのままお皿の代わりにしてあたためられる、ということですから、環境ホルモンの心配が出てきます。

環境ホルモンが溶け出さない容器が使われていればよいのですが、実際には疑問が残るところです。気になる場合には、自宅にあるレンジ用の容器かお皿に移してあたためるのがよいでしょう。

オーブントースターであたためるタイプの食品の場合にも、中まできちんと加熱するのが安心です。焦げる心配があれば、アルミホイルをかぶせて加熱しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください