月別アーカイブ: 2020年6月

「食の安全」情報を確実に得る方法

どうしても自分の知識では、この食品が安全か危険か判断できないそのようなときに最も確かなのは、直接メーカーや生産者に問い合わせることです。これが一番でしょう。

その場合、商品を購入した「店」と日時」を必ず言うことです。

「食の安全」情報を確実に得る方法

「食の安全」情報を確実に得る方法

以前、安い関サバがスーパーで売られていたので、買おうか迷ったことがあります。私は気になったので生産地の漁連へ電話で問い合わせたところ、「そこのスーパーには関サバは卸していない」との返事でした。

買う寸前で難を逃れたことがあります。何か不安があって迷ったら、まず電話してみることです。

または、スーパーなどでは、「本当に中国産じゃないの? 」などと、なんでもいいから、店員や担当者に話しかけることです。おかしなことをしている店ほど、食材の説明を簡単にすませようとするでしょう。これは各食品メーカーやファストフードの、ホームページでの商品説明でも同様です。

少なくとも、原料の原産地表示をしていないような企業の食品は、購入を控えるべきでしょう。

また、1ヶ月に1度はホームページを更新しているかどうかを確認するのも大切。あまりにも更新頻度が低い場合は、食品管理のずさんさも疑っていいかもしれません。

最後に、「レシート」と「食品のパック類」はすぐにゴミに出さず、 2 日間は保存しておくことです。

食中毒などの事故が起きたときの大事な証拠になるからです。自分の健康を守るためには、正しく情報を見極める「目」も磨かなければなりません。

たとえば、「国内に出回っている野菜の栄養価が、昔より落ちている」と言われ、多くの人にとっては「常識」となっているかもしれません。

この情報の本当の意味がわかっている人はどれだけいるでしょうか? どの野菜を食べても、栄養価は昔より落ちているのだろうか?ここでいう「栄養価」とは、あくまでも「平均値″」のことです。「日本に出回っている野菜」の中には、輸入冷凍野菜やハウス野菜も含まれます。近年はこうした野菜の流通量が増えているのですが、それらの栄養価も「日本食品標準成分表」の成分値に反映されるようになっているのです。

1982 年の「四訂日本食品標準成分表」では、ホウレンソウのビタミンC は 65 mg / 100 g だったのが、2000年の五訂では、 35 mg / 100 gに大幅に減少したのも、中国からの冷凍ホウレンソウの輸入急増が原因としてあります。

冷凍野菜は短期間ならそれほどビタミンCは減らないが、長期間保存すると相当量減少します。そうした輸入冷凍野菜が、「日本食品標準成分表」の中に入ってきたのだから、野菜の栄養成分の平均値が減少するのは当然です。こうした「食の情報」は本来、国やメーカー側が開示する責任があると思うのですが、現状ではひとつひとつ、消費者が「勉強」していかなければなりません。

宮崎県産の旬のほうれん草を 100 % 使用しております。特殊製法により、ほうれん草の栄養素や風味、鮮やかな色を損なうことなく超微粉末化(およそ 1 / 100 ミリ)しました。水分は8%以下に抑えられているため、常温で保存できます。ペースト品のように冷凍庫に入れる必要もなく、場所もとりません。業務用から家庭用まで幅広くお使い頂けます。

  • 産地:宮崎県産
  • 賞味期限:製造日から24ヶ月間です。
  • 保存方法:高温多湿・直射日光をさけ、冷暗所にて保管してください。
  • 開封後は出来るだけすみやかにご使用ください。開封後に保管を余儀なくされる場合はエージレスが入った状態で出来るだけ空気を抜いて、しっかりチャックを閉めて冷暗所に保管してください。
  • 原材料:ほうれん草
  • 生野菜使用量:100グラムあたりほうれん草を約41.2株使用しています。
  • 栄養成分
  • 熱量(kcal)308
  • たんぱく質(g)27.4
  • 脂質(g)7.2
  • 糖質(g)15.6
  • 食物繊維(g)35.7
  • ナトリウム(mg)75.6
  • 水分(g)3.6
  • 灰分(g)10.5
  • カリウム(mg)3950
  • マグネシウム(mg)289
  • カルシウム(mg)1170
  • リン(mg)591
  • 鉄(mg)7.9
  • 葉酸(μg)720
  • ビタミンC(mg)10
  • ※100gあたりの数値 (財)日本食品分析センター調べ

巧妙な 偽造食品 付き合い方

巧妙な 偽造食品 付き合い方 はどのようにすればいいのでしょうか。 食品の偽装は年々巧妙さを増してきています。消費者と食品メーカーのいたちごっこの様相も呈してきています。

もう20年以上も前のニュースですが、2002年1月23日、衝撃的なニュースが飛び込んできました。雪印食品が輸入牛を国産牛と偽り国や業界団体などから1億9000万円もの補助金をだまし取っていたのです。信じられません。

当時は国内で発見されたBSE(牛海綿状脳症。いわゆる狂牛病)対策として牛肉の全頭調査が行われており、調査より前に解体された国産牛は国による買い上げが実施されていました。

事件は雪印食品がこの制度を悪用し、輸入牛を国産牛として申請し不正に補助金の受給をもくろんだというひどい内容でした。

事件が明るみに出たきっかけは西宮冷蔵による告発でした。倉庫で牛肉の詰め替えが行われていたことをマスコミに明かし、雪印食品は世間から強い批判を浴びます。翌2月には雪印食品の再建断念を発表し、4月末に解散となりました。大正から続く雪印グループ最大の不祥事といえるでしょう(雪印食品の設立は1950年)。

こうした食品偽装は、かなりレアなものですが、日本国内でもこうした偽装が行われていることを消費者もしっかり受け止めなければいけません。

その後大手企業が同様の手口を働いていたことが相次いで発覚します。6月には日本食品、8月には日本ハムの関与が明らかになりました。食に対する安全がこれほど脅かされた事件はないでしょう。恐ろしい事件です。

偽造食品 付き合い方

偽造食品 付き合い方

偽造食品 付き合い方

そこで、我々が取り得る、最低限の 「 偽装食品 」 対抗策としては、以下の3つがあります。

  1. 食材を1つ1つ確認して購入する
  2. 自分でできるだけ料理を作る
  3. 間違った常識を捨てる

こう言われれば当たり前のことのように聞こえますが、食品を買うとき、これらのことを常に頭に置いている人は意外に少ないものです。意外にもこの3つの考え方で、「偽装食品」を口にする危険を減らすことはできます。

3番目の「間違った常識を捨てる」とはどういうことでしょうか、具体的に説明すると、たとえば刺身なら、「刺身=新鮮」という「常識」 から抜け出すことです。

刺身は決して新鮮ではないのです。スーパーで一番新鮮な魚は何かといえば、それは1匹まるごと売られているものです。その次がおろして開きにしたものです。スーパーでは、さらに古くなると切って刺身にします。そして、もっと古くなったものが寿司弁当になるのです。

もう1つの例です。今では「中国産=危険な食品」というのが、新しい常識になりつつあります。だが、売り場に中国産食品が多くても、それを正しく表示してある店は逆に信用していいでしょう。全く中国産表示がなく、単に「国産」としか表示されていないほうが、むしろ信用できない店ともいえるのです。

3つの対抗策を実践しても不安な場合はどうすればいいでしょうか。次のような方法もあるので、参考にしてください。食品問題研究家は、中国産食品に含まれる毒性物質の解毒対策です。中国産の購入を控えるというのもの大切な対抗策です。

ウナギ (加工食品含む)
抗菌剤、マラカイトグリーンを醤油で洗い流す。
ショウガ (冷凍含む)
殺虫剤のBHC(ベンゼンヘキサクロリド)は2cm幅くらいに細かく切って洗い流す
乾燥キクラゲ (冷凍含む)
殺虫剤・クロルピリホスをたっぷりのお湯で洗い
冷凍食品
二度揚げする。これで、大腸菌などはかなり殺菌できる。
ネギ
殺虫剤・テブフェノジドを、一皮むき、2cm 間隔で細かく切った後に洗い流す。
たくあん
人工甘味料・サッカリンナトリウムは細かく切って洗い流す。

いずれにせよ、「間違った常識を捨てる」には、広く情報を集めないことには実践できません。常にアンテナを張り、最新の知識に敏感でいたいものです。
農薬&添加物を減らす方法 はかなり参考になります。

安全な食べ方・選び方

  • 【スプレータイプのアルコール(77V/V%)高濃度配合】【サラサラ速乾タイプ】【保湿成分グリセリン配合】本商品はアルコール度数77v/v%を有し、食品に噴霧できる安心の製品です。 食品保存・除菌・抗菌・防臭・消臭に使用できます。本製品は医薬品や医薬部外品ではありませんが、消毒用エタノールの代替品として、手指消毒に使用することが可能です。
  • 【成分】エタノール(発酵アルコール)70w/w%(77v/v%)、セイヨウ ワサビ抽出物0.01w/w%、グリセリン脂肪酸エステル0.2w/w%、精製水(純水)29w/w%、香料(食品香料:オレンジオイル、レモンオイル、ライムオイル)
  • 【用途】●果物、野菜、食肉、魚介類等の除菌・抗菌●まな板、ふきん、包丁、調理器具、冷蔵庫などの台所用品の除菌・抗菌。生ゴミの防臭・消臭等に。
  • 【使用方法】●調理器具・機器類等には、表面の汚れや水分を充分に取り除いた後、表面がぬれる程度に噴霧するか、清潔なダスタ などに原液をよくしみこませて拭き取ってください。
  • 【確かな品質と実績】1、安心の日本製(化粧品メーカーが開発したスキンケア品質) 2、BY ROLAND消毒・除菌シリーズ累計 310万本突破。

食品に噴霧可能

原料はすべて食品添加物です。果物、野菜、食肉、魚介類等の除菌・抗菌により鮮度を維持します。
原材料:エタノール(発酵アルコール)70w/w%(77v/v%)、セイヨウ ワサビ抽出物0.01w/w%、グリセリン脂肪酸エステル0.2w/w%、精製水(純水)29w/w%、香料(食品香料:オレンジオイル、レモンオイル、ライムオイル)

外食時の注意点 はココをおさえる

家で食べる食事よりも注意が必要な外食時の注意点はココ というところを紹介します。外食時外食続きは健康によくない、といくら言われても、どうしても外食の機会は減らないものです。それでも、外食時の 「 店選び 」 「 メニュー選び 」 くらいには気をつけたいところです。

外食時の注意点

外食時の注意点

外食時に一番肝心なのは、いつも客があふれているような店で食事をすることです。それも、テレビのグルメ番組で紹介されて一気に人気が出たような店ではなく、地元の客で何十年も繁盛している店です。いわゆる おいしい と評判の店です。特に大々的に宣伝しなくても地元の客で賑わっている店です。

そうした店は、品質のいい食材を入れないとすぐに客に見抜かれるので、手を抜けません。常に手を抜かないから、それでまた常連客が増える、というように好循環を繰り返していると考えることもできるのです。

そうした店を探すのにも、タクシーの運転手に聞くのは避けたい。運転手は紹介料をもらえる店を紹介するケースが多い。商店街の人などにまめに聞くことです。

「 安心できるレストラン 」 を選ぶときの目安としているものがもう 1 つあります。それは、キャベツ をちゃんと店で千切りにして出しているかどうかです。

カット野菜 を使っているようでは、その店は避けたほうがいい。些細なことに思えるかもしれないが、経験的にもこれは信頼できる重要 ポイント です。

「 メニュー選び 」について言えば、まずは 「 加工度 」 がなるべく少ない料理を選ぶことです。できるだけ食材の元の形がわかるものがいいでしょう。

たとえば魚なら、 刺身 よりは、 焼き魚定食 のほうがいい、という具合です。加工度が高ければ高いほど、栄養価は落ちていくし、細菌類に汚染される可能性は高まるのです。

最後に、出張や旅行で知らない土地へ行ったときに、簡単に 「 安心できる店か、即退散すべき店か 」 を選別する方法として伝えられている2つの方法です。

お品書き (  メニュ ー) がしっかりしているか
店の料理の特徴などが書いてあるか。ただ漠然とメニューを書いてあるのでは、店の主張がないわけで、原材料へのこだわりもないと思ったほうがいいでしょう。
付き出しに 「 出来合い 」 を出していないか
付き出しは関西では 「 アテ 」 という。 「 初見の客と店との最初の挨拶 」 とも言える付き出しを、 業務用スーパー で買ってきた 添加物だらけ の品物ですませているようでは、店の質も自ずと明らかでしょう。
業務用スーパーに行くと、びっくりするくらいの 「 付き出し 」 が売られています。個人客も普通に入れるので一度覗いてみるとよいでしょう。「あの店の付き出しと同じだ」と思うものがすぐに見つかるでしょう。