月別アーカイブ: 2020年4月

ポテトチップス 危険性 を避ける方法

ポテトチップス 危険性 を避ける方法を紹介します。体にあまりよくないと思っていても時々無性に食べたくなるのがポテトチップスです。そんなときに危険性を最小限にする方法を紹介します。

ポテトチップス 危険性 を避ける うすしお味 イコール 塩分が少ない ではない

ポテトチップスは筒入りのものと、アルミ製の袋や箱に入ったものがあります。筒入りのものはジャガイモの粉(ポテトフレーク) を原料とした成型ポテトチップス。

袋や箱入りのものはジャガイモを薄くスライスして、パーム油などで揚げたものです。

ポテトチップスのチェックポイントは2点あります。まず1点目は主要原材料のジャガイモです。国内メーカーの袋入りは国産ジャガイモ、筒入りは輸入ジャガイモの粉が多くなっています。

遺伝子組み換えジャガイモが心配なら断然、袋入りのほうですが、カロリーは袋入りのほうが高いから気をつけなければいけません。

2点目としては塩分ですが、商品によってかなり差があるので表示をしっかり見なければいけません。

間違っても「うすしお味」を「塩分が少なめ」などと解釈しないようにしなければいけません。これはただの商品名のようなもの。実際に比べてみたことがあるのですが、「うすしお味」と表記してあるポテトチップスの食塩相当量は0.9 mgで、「コンソメ味」の0.8 mgより多くなっていました。

〝塩分が少ない″ という意味ではないことがわかっていても、つい油断して食べ過ぎてしまいます。もちろん塩分に気をつけたとしても、ポテトチップスは小さな子には食べさせたくないでしょう。

フライドチキン」でも紹介した発がん性物質アクリルアミドが大量に含まれているからです。

スウェーデン国内では同じく「ジャガイモ+油」のフライドポテトに含まれるアクリルアミド濃度は、WHO(世界保健機関)が飲料水の許容範囲としている濃度の約100倍と発表されています。

ポテトチップス 危険性 避ける購入時の注意点

味は単純な塩味のほうを選ぶようにします。ガーリック味、コンソメ味、激辛味など複雑なものには、それだけ多くの添加物が使われています。
最近は、無添加のポテトチップスも多数発売されていますのでそちらを選びましょう。

ポテトチップス ジャガイモが輸入品だと心配

調味料・お菓子

コンニャク入りゼリー

コンニャク入りゼリー はどんなところに危険が潜んでいるのでしょうか?コンニャク入りゼリー は、普通のゼリーに比べ硬く弾力性があり、水にも溶けにくいため、これまでにも子どもや高齢者がのどに詰まらせ窒息する事故がたびたび起きています。また、ダイエット商品としても人気ですが、単品ダイエットはどうしても栄養不足になる危険があり命にもかかわりますのでおすすめできません。

ただ、 コンニャク 自体はヘルシーで健康的な食品です。ダイエットに利用するなら細かく千切ってごはんの中に混ぜて炊くのがおすすめです。便秘などにも効果大です。

 

コンニャクゼリー

コンニャクゼリー

コンニャクゼリー ダイエット代わりに食べている人は要注意

2008年7月、兵庫県で1歳9ヶ月の男児がコンニャクゼリーを食べて窒息死しました。これでコンニャクゼリーによる窒息死亡事故は17件です。

平成20年7月に兵庫県で、1歳9ヶ月の男の子が凍らせた コンニャク入りゼリー をのどに詰まらせて窒息し、9月に死亡するという事故が発生しました。

コンニャク入りゼリー は、普通のゼリーに比べ硬く弾力性があり、水にも溶けにくいため、これまでにも子どもや高齢者がのどに詰まらせ窒息する事故がたびたび起きています。
ミニカップタイプ等の「こんにゃく入りゼリー」については、乳幼児、児童や高齢者の方が食べないよう、改めてご注意ください。

コンニャク入りゼリー に事故が多いのは、普通のゼリーに比べて硬さや弾力性があり、喉をふさぎやすいためとされます。

国民生活センターの調査では、メーカーによっては製品を軟らかくするために、コンニャク粉の量を減らしたり、子どもや高齢者に注意を呼びかける文言を表示したりはしていました。しかし、いっこうに減らない窒息事故に対して、食品安全委員会(作業班) は、2010年1月、事故を少なくするための提言を行なうと表明しました。

ところが、規制を巡って委員らの意見がまとまらず、同年3月、具体的な対策は消費者庁にゆだねることになりました。これを受けて、消費者庁は、「食品SOS対応プロジェクト」で、6月頃までに何らかの対策を取る方針です。

辛口の社会評論家だった故・大宅壮一氏までもが、コンニャク ダイエット で死にかけ、救急車で病院に運ばれたりしています。消化しにくいというグルコマンナン( コンニャクイモから抽出した多糖類)の特徴が、満腹感を持続させ、食欲減退から栄養失調に陥ってしまったのです。

コンニャク入りゼリーも同じで、ダイエット代わりに食べている人は要注意です。

安心して食べるための注意

コンニャクに限らず、「単品ダイエット単品ダイエット」は栄養不足になる危険があり命にもかかわります。
ただ、コンニャク自体はヘルシーで健康的な食品です。ダイエットに利用するなら細かく千切ってごはんの中に混ぜて炊くのがおすすめです。

ふりかけ

普段何気なく口にしている ふりかけ にはどんな危険が潜んでいるのでしょうか?ごはんにはふりかけが欠かせないという方も多いのではないでしょうか? ふりかけ で注意する添加物は 核酸系化学調味料 です。

原材料表示で「添加物の多さ」はかなり ふりかけの危険物質は 核酸系化学調味料

ふりかけ

ふりかけ

ある日の講演会の後、40代の女性栄養士がこんな話をしてくれました。「栄養士になってすぐに、有名なふりかけメーカーに就職して製造部に配属されました。そこですぐにわかったことですが、やたらと添加物を使っているのです。

まるで添加物のふりかけですよ。こんなものを子どもに食べさせるのは大変なことだと思い、上司に相談したのですが、しばらくして庶務のほうへ回されてしまいました。もちろん会社はすぐに辞めましたが 。

今でも自然食品であるかのような宣伝をして、かわいい子どもたちに売っているのです。ほんと ふりかけ は毒ですよ」そのメーカーのふりかけの原材料表示には、確かに化学調味料をはじめ、驚くほどの数の添加物名が記載されているのです。

とくに注意したいのが 核酸系化学調味料 です。核酸系化学調味料 というのは

  • イノシン酸ナトリウム
  • グアニル酸ナトリウム
  • ウリジル酸ナトリウム
  • シチジル酸ナトリウム
  • リボヌクレオタイドナトリウム
  • リボヌクレオタイドカルシウム

の 6 品目ですが、アメリカのFDA(食品医薬品局) から、「催奇形性があるから 1 日 1 g 以上摂取してはいけない」という勧告が来たほどです。

核酸系調味料 とは一般的に、鰹節や煮干し・肉類の旨味成分であるイノシン酸や、椎茸の旨味成分であるグアニル酸などの、核酸を主体とした旨味成分にナトリウムをつけた調味料と、イノシン酸ナトリウム・グルタミン酸ナトリウムを混合した成分を示します。

日本では、さとうきびやタピオカ・とうもろこしなどのでんぷんを、発酵させる方法で作られます。

購入時の注意点

ふりかけにも素晴らしいものがあります。たとえば、遠忠食品(工場・埼玉県) の「生ふりかけおかか」。鰹節は静岡県焼津産、昆布、ちりめん、ごまも国産、醤油は遺伝子組み換たねがしまえなしの国産丸大豆、砂糖は種子島産さとうきびからの粗糖、麦芽水飴は国産のさつまいもを主原料に、添加物および化学処理を行なわず、昔ながらの製法で作ったもの。そして、国産米を発酵させた醸造調味料。これだけを原料に作られるのが「生ふりかけおかか」。


瀬戸内海産のちりめんをパレスチナ産エクストラバージンオリーブオイルと国産りんご酢で和え、バジルと松の実(トルコ産)を加えました。チリメンの程よい塩気、バジルのさわやかな風味、松の実の食感が食欲をそそります。エキストラバージンオリーブオイルの風味を損なわないよう、加熱せずに使うのがおすすめ。そのままサラダのトッピングやオードブルに。スパゲティーに混ぜてもおいしく召し上がれます。

  • 化学調味料、添加物を使用せず素材の持ち味を引き出しています。食卓の常備品としてお弁当やお茶漬け、おにぎりの具としてもご利用いただけます。
  • 化学調味料をはじめ添加物は一切使用せずに素材の持ち味を生かしました。
  • 微妙な火加減が要求され直火釜でじっくり炊き上げました。
    【製造工程】
    *ちりめん(ボイル乾燥冷凍)入荷→冷蔵解凍→目視検品→バッチ計量
    *松の実入荷→目視検品→流水洗浄→バッチ計量
    *バジル入荷→目視検品→バッチ計量
    *オリーブ油・リンゴ酢バッチ計量→混合撹拌→ちりめん投入→混合撹拌→松の実・バジル投入撹拌→ビン容器充填→金属探知機通過→キャップセット(手作業)→キャップ密封(機械締め)→目視検品→温浴殺菌→放冷却→シュリンクセット→シュリンク圧着→ラベル貼付→梱包→出荷【温度帯・保存方法・注意事項】:開封前は常温保存(開封後は要冷蔵)