月別アーカイブ: 2020年3月

日本酒

フルーティーな香りが危ない

ドイツが500年も前の「ビール純正令」で、ビールの伝統をかたくなに守っているのに対して、なぜ日本には、「日本酒は米、米麹、水だけで造る」といった「日本酒純正令」なるものがないのでしょうか。

醸造アルコール、糖類、酸味料を当たり前のように添加している大手酒造メーカーが猛反対しているのだろう、と想像がつきます。

あるいは、醸造アルコールの添加をやめると酒税の減収になる、と国が圧力でもかけているのでしょうか。アルコール添加がされた、いいかげんな日本酒ばかりを追ってきたのが災いして、消費者の日本酒離れが加速しています。

そうした中、日本酒メーカーはなんとか消費拡大をはかろうと、懸命に新製品を出しています。最近、目立っているのが、「フルーティーな香りで、のどごしがさわやか」な日本酒です。

酒税法で日本酒に香料を添加することは禁止されています。ではどうやってフルーティーな香りをつけているのでしょうかか。ある蔵元は言う。

「酵母の研究が進んで、香りを出す酵母が開発され、大手酒造メーカーが特許を持っています。薬剤で酵母に突然変異を起こして作るんです。『香り』の他に、『味わい』を出す酵母も同様に作られています。違法にはなりませんが、私はおかしいと思いますね」

十数年前の吟醸酒ブームの頃は米から抽出した物質を添加して香りを出していた大手メーカーもありました。原料の限定と蔵元の長年の技術があってこそ、おいしい酒ができるということを忘れてしまっているのでしょう。

購入時の注意点

醸造アルコール、糖類、酸味料添加の日本酒は飲まない。米100% のものを。大手メーカーより地酒を選ぶのが間違いありません。

獺祭(だっさい) 純米大吟醸45 1800ml 旭酒造(山口県の地酒)


「獺祭」のレギュラー商品であり、最も人気があったお酒が「純米大吟醸50」そんな人気賞品が終売となりました。理由は「旭酒造」の求める酒質により付けるため」

「旭酒造」は「純米大吟醸50」に替わる「純米大吟醸45」を2019年よりリリース!その名の通り精米歩合が50%から45%に変化!

この5%の差が「旭酒造」の目指す酒質の向上には避けることができない重要なポイントなのでしょう。たった5%ではありません。5%もです。5%より多く磨くとなると手間が掛かります。

米粒が小さくなりますから、同じ量のお酒を仕込むとなれば当然お米をより多く使用することになります。

ですから、「純米大吟醸50」と比べると、価格は当然値上がりします。しかし、「旭酒造」から届いたお知らせにはこのように書かれていました。より厳格な品質基準を設けますので、表向きは値上げとなりますが、対酒質上は値下げと「旭酒造」は捉えています。値上がり以上の満足度を提供してくれるという宣言。これは飲んで確かめるしかありません!

ビール

日本のビールは不味いのにドイツのビールは美味しいのは

ドイツのビヤホールで飲んだビールのうまさが忘れられないという人はたくさんいます。泡に生クリームのような滑らかさがあり、申し分のない風味。根っから「呑んべえ」の私でも、日本では一杯飲めば「もういいや」という感じになりますが、ドイツでは大ジョッキで軽く5杯は飲み干ししてしまいます。

あまりにもうまいので、ついついすすんでしまいます。日本のビールとドイツのビール、何がこれほどまでに違うのでしょうか。
答えを先に言えば、日本のビールには「不純物」が多いということです。ドイツには500年も前に制定された「ビール純正令」が現在でも存続しており、ビールは必ずこの純正令に従って造られています。ビールのラベルには例外なく、「一五一六年制定のビール純正令によって醸造されている」と書かれています。

このビール純正令の中身はというと、「ビールは水に大麦とホップだけを用いて造ること」という大変単純なものです。

日本のビールはどうでしょうか。まず、コメやトウモロコシのでんぷんを精製したコーンスターチが副原料として入っています。

また、それだけでなく、様々な添加物を使用してもいいことになっています。添加物は風味保持、老化防止(微生物や環境要因で食品の性質が変わるのを防ぐ)、安定性付与、変質防止、酸化防止、pH調整、タンク洗浄、ろ過、消泡、分散、安定などなど様々な目的のために使われるが、加工助剤(キャリーオーバー) として、大半は表示しなくていい。ビール会社が本当のことを言わない限り、消費者にはわからないのです。

購入時の注意点

地ビールの多くはドイツのビール純正令に従って造られています。好みの外国産ビールを探してみるのもいいでしょう。

原料がコーンの場合、遺伝子組み換えの可能性も「ビール」

ワイン

「栓を開けたら飲みきる」から、酸化防止剤も大量摂取

食べものや飲み物の世界にも流行り廃りがあり、一時ブームになる食品があります。ところが、その流行を追いかけ食べ続けた結果として、いい話は耳にしたことがありません。

ポリフェノールに動脈硬化防止効果があると宣伝され、一時、赤ワインが大変な人気になりました。多くの方がブームに乗ったかもしれませんが、当時の赤ワインファンの間で、奇妙な「症状」が広がってしまいました。

「最近、どうも眠れない」という症状です。それで聞いてみると、赤ワインを飲むようになってからだという人がほとんどです。

赤ワインをやめると、ぐっすり眠れるようになったというのです。日本酒に替えたら眠れたという人もいました。

どうも赤ワインに含まれている酸化防止剤のせいではないかと多くの専門家がにらんでいました。

赤ワインでも白ワインでも、ワインは酸化しやすいため酸化防止剤を添加してあります。ワインの酸化防止剤としては次亜硫酸ナトリウム、ピロ亜硫酸ナトリウムなども使用されますが、多くは亜硫酸ナトリウムや二酸化硫黄を添加しています。

亜硫酸ナトリウムは消化器官の粘膜を刺激しやすいし、二酸化硫黄といえば工場の煙や排気ガスに含まれる有害物質です。

ワインの場合、栓を開けると酸化しやすいので一晩で飲みきることが多いため、それだけ亜硫酸ナトリウムや二酸化硫黄も多く摂取してしまうという問題もあります。

赤ワインを飲むと眠れない人は、一度、他の酒に替えてみたほうがいいかもしれません。

安全な購入方法

酸化防止剤無添加の赤ワインも出ているので、それらを試してみるのもいいかもしれない。白ワインも同様です。

豆乳

「脱脂大豆」の加工食品の問題点

一晩水に漬けた大豆を水びき(水を抜くこと)し、再度水を加えて加熱。その後、布袋でおからを取り分けると乳濁液が残り、これが本来の「豆乳」と呼ばれるものです。

中国をはじめ、世界中で昔から飲まれている栄養食品です。しかし、今の市販豆乳は大豆は大豆でも、油を搾った後の大豆カス原料にした「加工豆乳」がほとんどです。加工豆乳には、植物油、糖、塩、(脱脂大豆)を乳化剤、香料、着色料、酸味料、強化剤などが添加されています。

なぜ豆乳がこんなにも「堕落」した食品になってしまったのでしょうか。それは、油を搾った後の大豆カスの処理法を考えていた大手製油メーカーが、その利用を思いついたのがきっかけです。

30年前の専門誌に、その大手製油メーカーの研究者が次のように書いています。「丸大豆にこだわらないで、価格面、脱臭のしやすさ、さらに大豆油の酸化の問題などの点を考え、脱脂大豆を原料として、これに保存性のよい油脂を再配合する方法を採用しました。

脱脂大豆はヘキサン、ベンゼンなどを使った抽出法によって99% 以上も大豆油をとった残りカスです。栄養価が失われているので、飼料にも肥料にもあまり使われていません。

かつて、上野動物園で大豆カスから作った人造肉を猫に与えたら見向きもせず、サルに与えたら20日間で栄養失調になり、ライオンは猛烈な下痢を起こしたことがありました。動物も食べないような大豆カスが、今やあらゆる加工食品の主原料のようになっているのです。

購入時の

選ぶなら、「豆乳」とだけ表示のあるもので、遺伝子組み換え大豆不使用のもの。調整豆乳、豆乳飲料は豆乳ではないと理解しましょう。


九州産大豆「ふくゆたか」を100%使った、大豆の旨みをそのまま味わえる豆乳です。大豆特有の臭いや嫌味を抑えて美味しく仕上げています。

牛乳

「本当の製造日」はいまひとつ信用できない

食べものに関する「思い込み」は意外と多いものです。たとえば「牛乳は生鮮食品だから、長持ちしない」というのも思い込み。そう思っていても体に害があるわけではないが、正しい知識を身につけることは健康を守るために大切なことです。

牛乳パックの表示を見ると、賞味期限が残り7日聞くらいになっています。多くの人しぼは「期限切れ日の10目前くらいに搾られた」ぐらいに思っているのでしょう。酪農関係者によれば、少なくとも賞味期限切れ日の30目前には搾られているというのです。

市販の牛乳で「搾りたて」のものはないのです。搾りたての牛乳は「特別牛乳」と呼ばれ、一般的には観光牧場でしか飲むことはできません。「市販されている牛乳の95% はロングライフ牛乳(LL牛乳) と言われ、10度で保存しておけば、賞味期限は30日間はあります」だが、どのスーパーの売り場を見ても、賞味期限が30日間もある牛乳など見たこともありません。「コンビニやスーパーから、賞味期限はあまり長くしないでくれと言われています。

「牛乳がこんなに持つのか」と、消費者に思われたくないのでしょう」(酪農関係者)大方の牛乳には、「製造日」が表示されていません。牛乳の製造日は、「殺菌してパック詰めした日」のことなのですが、これは搾乳日のだいたい2~3日後です。もし製造日が表示されるようになれば、日本の牛乳のほとんどが、1ヶ月前に搾られた生乳を原料にしていることが明らかになります。本来は、そうした事実を知った上で商品選びをしたいのですが。

購入時の注意点

搾りたての生乳に近い牛乳を飲みたいなら、「消費期限」が表示されている「低温殺菌」、または「パパスチャライズド」(75度で15秒以上殺菌) の牛乳を選ぶことです。

風味のある自然な味わいの「タカナシ 低温殺菌牛乳」 は代表的な低温殺菌牛乳です。箱に「自然のあまみゴクゴクすっきり」とありますが、その通りでサラっとした自然な味わいと風味のある牛乳です。

スポーツドリンク

「点滴液」から作った大ヒット商品

スポーツドリンクやアミノ酸飲料のルーツとなったのは、製薬会社が開発した、あるスポーツ飲料です。「以前、アミノ酸入りのスポーツドリンクがブームとなりましたが、あれはもともと医療用の点滴液が原点でした。

作りすぎて在庫がたまっていた点滴液を、製薬会社会長の『在庫を活用してドリンクにし、瓶詰めにしろ』の一声で売り出し、大ヒットになったのです。その原点を考えれば、スポーツドリンクは点滴液を飲んでいるのと同じなんですよ。アミノ酸飲料水も同様のことが言えます。(医療関係者)

アミノ酸は医療用にも多く使われますが、中国も大量に生産をしており、世界的な供給過剰状態です。一時、アミノ酸入り飲料やアミノ酸入り食品の新商品が乱立したのもそのせいです。

異常なほどの猛暑が続いた昨今、熱中症予防のため、テレビニュースでもスポーツドリンクを飲むことを勧めるなどしているのだから、アミノ酸飲料、スポーツドリンクメーカーは作っても作っても足りなかったはずです。

ところが、アミノ酸飲料を過剰にとれば「アミノ酸インバランス」を起こす恐れさえあるのです。特定のアミノ酸ばかりとると、他のアミノ酸の働きを阻害し、かえって、健康に悪い影響を与えるのです。熱中症予防のためにも、普通の水をまめにとれば十分です。病気でもないのに点滴液を飲む必要性はありません。

購入時の注意点

スポーツドリンクを飲むより、普通の水やお茶を飲む習慣をつけることです。スポーツドリンクは虫歯の原因にもなりやすいので注意が必要です。それよりは、合成酢でない本物の醸造酢を水で薄め、黒糖で甘味をつけた、手作りドリンクのほうが体にはいいでしょう。

発酵黒豆エキスなら糖尿病の方は血糖値を下げ、高血圧の人の血圧を下げるすばらしいドリンクです。

清涼飲料水

化学反応で「発がん性物質」が発生することもある

複数の食品添加物が予想もしない化学反応をし、新たな発がん性物質を発生させてしまうことを「相乗毒性」といいます。

食品添加物の恐ろしさの1つです。清涼飲料水「アロエベラ」から発がん性物質のベンゼンが検出されたのも、この相乗毒性が原因でした。「アロエベラ」は製品回収の措置が取られましたたが、ベンゼンの検出可能性がある清涼飲料水は他にもあります。

ベンゼンは車の排ガスやタバコの煙などにも含まれる物質で、IARC(国際がん研究機関) は「ヒトに対して発がん性がある」(グループ1) に分類しています。

そんな物質がなぜ清涼飲料水から検出されたのかというと、安息香酸とアスコルビン酸という2つの食品添加物の相乗毒性のためです。

安息香酸は保存剤、アスコルビン酸は「Ⅴ・C」と表示される酸化防止剤です。ときには栄養強化剤としても添加されます。この2つの添加物が一緒になると、温度や添加量によっでは発がん性物質のベンゼンが生成されることがイギリス、アメリカなどの政府機関から相次いで公表されました。

この報告を受け、厚労省医薬食品局食品安全部が安息香酸、アスコルビン酸が添加されている市販の清涼飲料水31製品を分析したところ、すべての製品からベンゼンが検出されました。

ただ、日本では食品中のベンゼンに関する法定の基準がないため、水道法での水道水のベンゼンに関する基準値である10ppbを超えて検出された製品「アロエベラ」のみの回収を、販売業者の要請しました。

購入時の注意点

清涼飲料水を購入するときは安息香酸とv・cが一緒に表示されているものは避けます。また、ほとんどの商品からベンゼンが検出されているので、できるだけ飲まないようにします。そのほかには着色料/黄4号、赤106号にも注意します。

健康茶

大半は中国産

ダイエット茶を含め、体への様々な効能がある「健康茶」が販売されています。「アンチエイジング」から「がん予防」「血液浄化」まで、お茶だけでここまでの効果があるのかと疑いたくなるのですが、その人気は衰えることありません。

ダイエット茶の種類で多いのは、上位から挙げるとハトムギ、センナ、ギムネマ・シルベスタ、ガルシニア、プーアール、ハブ、グアバ、シソの葉、大麦、エビス草など…です

問題なのは、原産地や流通、加工工程がはっきりしないものが多いことです。健康茶、ダイエット茶の大半は、中国産です。

ある健康茶業者によると、「現在はだいぶ改善されましたが、多くの中国茶の場合、手作業で木の箱に入れて輸出します。安物ほどダニが多く、クギなどのほか、干上がったカエルの死骸が入っていたこともありました。
衛生状態が悪いので、輸入後に殺菌することが不可欠なんですが、経費がかかるのでやらないところがあります。そうした健康茶が堂々とドラッグストアの安売り商品で出ています。

また、ウ一口ン茶、プーアール茶などは緑茶を何年も寝かせて半発酵させたものですが、寝かせた期間が長いほど品質が良いものです。ところが、「日本の中国茶ブームで、寝かせる期間が非常に短いものや、短期間に化学的に発酵させたものもかなり出回っています。。

ウ一口ン茶の高級品は東南アジアの華僑向けに回され、日本へは下級品か中級品が回されているのが実情です。
お茶の価値を知らずに、宣伝に振り回されていないか、もう一度見直しましょう。

購入時の注意点

宣伝や効能、銘柄などではなく、お茶は原産地表示をきちんと確かめて買うことです。

例えば、品質のいいごぼう茶などは安心です。

ペットボトルのお茶

家庭のお茶とは別物

プール並みの大きな容器に茶葉を入れ、お湯を注ぐお茶の作り方です。家でお茶をいれるときと同じ要領ですが、これが、市販のペットボトある飲料メーカーは、「家庭のお茶とは別物と思ってください」と口にします。

急須でお茶を掩れて飲むと、湯のみの底に粉のような沈殿物が残りますが、そこにはカテキンなどの栄養素が豊富に含まれています。ところが、ペットボトル茶の場合、日持ちをよくするために、沈殿物はすべて除去ます。
当然、栄養素がなくなるので、「緑茶抽出物」というエキスでカバーします。

また、酸化防止のために、「VC」と表示されるビタミンC を添加します。ビタミンCといっても、アスコルビン酸というブドウ糖を還元させて作った化学合成の食品添加物です。がんを発生させる原因になる活性酸素を多く出すことが指摘されています。

ペットボトル茶でメーカーが秘密にしているのが、緑茶抽出物がどこで作られているかということと、アスコルビン酸の添加量です。

2006年に主なメーカーのペットボトル緑茶のビタミンC含有量調査では、500 ml中に、なんと80~100mlも入っていました。

厚生労働省が推奨している1日のビタミンC 所要量100 mgに匹敵する量です。これではビタミンC の過剰摂取のほうが心配です。

ビタミンC (アスコルビン酸)を過剰摂取すると、尿路結石を起こす可能性もあることを覚えておきたい。

購入時の注意点

茶葉は中国産のブレンドがほとんど。残留農薬の心配もあるので、国産茶葉100% 使用のものを選びましょう。また、「○○抽出物」の原材料表示がないのを選びましょう。

酸化防止のためのビタミンCを添加「伊藤園 おーいお茶緑茶」

アルカリイオン水

万能の水ではない

一時期、「アルカリ食品神話」なるものがありました。「野菜、果実、海藻、キノコ、豆類などのアルカリ性食品をとると、血液がサラサラになる」といものでした。

人の血液というものは呼吸や尿の排泄などによって、酵素の働きに最も適したpH 7.3 〜7.5 の弱アルカリ性を保つようになっています。

アルカリ性食品をとったから血液がアルカリ性になるわけではありません。アルカリ性食品が体に良いと誤解されてきたのは、アルカリイオン整水器が薬事法で「医療器具」に指定されたことも大きいかもしれません。

この整水器で作られたアルカリイオン水には整腸作用があると、厚生省(当時) も認めています。そうして、ペットボトル入りのアルカリイオン水も登場したのです。

しかし、国民生活センターは1992年に「アルカリイオン整水器で作られるアルカリイオン水が人間の体に有効とは言えない」というテスト結果を発表。一時、国会でも議論となりました。そこで、厚生省は、アルカリイオ.ン水の効能を見直すことになり、国立大蔵病院(当時)に臨床試験を依頼したのです。

結果は「慢性下痢・消化不良・胃腸内の異常発酵・胃酸過多の症状の改善に効果があった」というものでした。

臨床試験を担当した内科医長に取材すると「臨床試験は胃腸などの調子が悪くて通院している患者( 163人) を対象に1ヶ月間行なったのですが、効果はありました。ただし、健康な人が水がわりにがぶがぶ飲んでいいかどうかは疑問です。あくまでも薬なので。

安心して飲むためには

梅干しなどのアルカリ性食品が体にいいのは、加工食品ばかり食べている場合に不足しがちなミネラル類を多くとれるからです。
ちなみに「桜島 活泉水」などのアルカリイオン水は効能、効果が証明されています。