月別アーカイブ: 2020年3月

マーガリン 危険 なのはトランス脂肪酸

マーガリン 危険 はかなり前から 危ない 食べない方がいい といわれていきました。そんなマーガリン は本当に危険な原料で作られているのでしょうか?トランス脂肪酸 は、構造中にトランス型の二重結合を持つ不飽和脂肪酸。 トランス脂肪酸は天然の動植物の脂肪中に少し存在する。水素を付加して硬化した部分硬化油を製造する過程で多く生成されます。

マーガリン 危険 トランス脂肪酸 を含んだ「実は危険な食品」

マーガリン

マーガリン

「狂った脂肪」の異名をもつトランス脂肪酸の規制が世界的な動きになっています。トランス脂肪酸 は、現在広く行なわれている製油法の過程で生じる脂肪で、血液中の悪玉コレステロールを増加させ、心臓血管系の病気の危険性を高める有害物質です。

トランス脂肪酸 は、構造中にトランス型の二重結合を持つ不飽和脂肪酸。 トランス脂肪酸は天然の動植物の脂肪中に少し存在する。水素を付加して硬化した部分硬化油を製造する過程で多く生成されます。

  • マーガリン
  • ファットスプレッド
  • ショートニング

はそうして製造された硬化油です。

フライドポテトをはじめ、ファストフードに多く含まれています。というのも、パンや揚げものをサックリ仕上げるショートニングとして、 トランス脂肪酸 を含んでいるマーガリンが大量に使われています。

そもそも マーガリン の原料は植物油や魚油などの液体で、商品にするには固体の油(硬化油)に変える必要があります。そのために水素添加という化学処理を行なうのですが、この過程で トランス脂肪酸 が発生します。

動物性油脂の バター よりも、植物性油脂から作られる マーガリン のほうがコレステロールを下げてヘルシーだと思っている人は多いのですが、実は、 トランス脂肪酸 という有害物一質を含んだ「不健康食品」です。

マーガリン の製造工程では、他にも乳化剤のモノグリセライド(グリセリン脂肪酸エステル)やレシチン(大豆リン脂質)、香りをベータつけるバターフレーバー、着色料としてβ-カロチンなどが使われます。なかでも乳化剤には十分に注意しなければいけません。前述したが、乳化剤とは界面活性剤のことであり、がん誘発性が以前から問題になっています。

モノグリセライドはプラスチックをはじめ化粧品にも幅広く使われています。

トランス脂肪酸について詳細はこちら。

購入時の注意点

マーガリンよりはバター。「トランス脂肪酸対策」と表示があり、飽和脂肪酸とカロリー表示のある食品を選ぶようにします。ファストフードには大量のマーガリンが使用されるため、注意しなければいけません。バターは 雪印北海道バター が安全・安心です

ファットスプレッド マーガリンより脂肪が少ない

日本酒

フルーティーな香りが危ない

ドイツが500年も前の「ビール純正令」で、ビールの伝統をかたくなに守っているのに対して、なぜ日本には、「日本酒は米、米麹、水だけで造る」といった「日本酒純正令」なるものがないのでしょうか。

醸造アルコール、糖類、酸味料を当たり前のように添加している大手酒造メーカーが猛反対しているのだろう、と想像がつきます。

あるいは、醸造アルコールの添加をやめると酒税の減収になる、と国が圧力でもかけているのでしょうか。アルコール添加がされた、いいかげんな日本酒ばかりを追ってきたのが災いして、消費者の日本酒離れが加速しています。

そうした中、日本酒メーカーはなんとか消費拡大をはかろうと、懸命に新製品を出しています。最近、目立っているのが、「フルーティーな香りで、のどごしがさわやか」な日本酒です。

酒税法で日本酒に香料を添加することは禁止されています。ではどうやってフルーティーな香りをつけているのでしょうかか。ある蔵元は言う。

「酵母の研究が進んで、香りを出す酵母が開発され、大手酒造メーカーが特許を持っています。薬剤で酵母に突然変異を起こして作るんです。『香り』の他に、『味わい』を出す酵母も同様に作られています。違法にはなりませんが、私はおかしいと思いますね」

十数年前の吟醸酒ブームの頃は米から抽出した物質を添加して香りを出していた大手メーカーもありました。原料の限定と蔵元の長年の技術があってこそ、おいしい酒ができるということを忘れてしまっているのでしょう。

購入時の注意点

醸造アルコール、糖類、酸味料添加の日本酒は飲まない。米100% のものを。大手メーカーより地酒を選ぶのが間違いありません。

獺祭(だっさい) 純米大吟醸45 1800ml 旭酒造(山口県の地酒)


「獺祭」のレギュラー商品であり、最も人気があったお酒が「純米大吟醸50」そんな人気賞品が終売となりました。理由は「旭酒造」の求める酒質により付けるため」

「旭酒造」は「純米大吟醸50」に替わる「純米大吟醸45」を2019年よりリリース!その名の通り精米歩合が50%から45%に変化!

この5%の差が「旭酒造」の目指す酒質の向上には避けることができない重要なポイントなのでしょう。たった5%ではありません。5%もです。5%より多く磨くとなると手間が掛かります。

米粒が小さくなりますから、同じ量のお酒を仕込むとなれば当然お米をより多く使用することになります。

ですから、「純米大吟醸50」と比べると、価格は当然値上がりします。しかし、「旭酒造」から届いたお知らせにはこのように書かれていました。より厳格な品質基準を設けますので、表向きは値上げとなりますが、対酒質上は値下げと「旭酒造」は捉えています。値上がり以上の満足度を提供してくれるという宣言。これは飲んで確かめるしかありません!

ビール

日本のビールは不味いのにドイツのビールは美味しいのは

ドイツのビヤホールで飲んだビールのうまさが忘れられないという人はたくさんいます。泡に生クリームのような滑らかさがあり、申し分のない風味。根っから「呑んべえ」の私でも、日本では一杯飲めば「もういいや」という感じになりますが、ドイツでは大ジョッキで軽く5杯は飲み干ししてしまいます。

あまりにもうまいので、ついついすすんでしまいます。日本のビールとドイツのビール、何がこれほどまでに違うのでしょうか。
答えを先に言えば、日本のビールには「不純物」が多いということです。ドイツには500年も前に制定された「ビール純正令」が現在でも存続しており、ビールは必ずこの純正令に従って造られています。ビールのラベルには例外なく、「一五一六年制定のビール純正令によって醸造されている」と書かれています。

このビール純正令の中身はというと、「ビールは水に大麦とホップだけを用いて造ること」という大変単純なものです。

日本のビールはどうでしょうか。まず、コメやトウモロコシのでんぷんを精製したコーンスターチが副原料として入っています。

また、それだけでなく、様々な添加物を使用してもいいことになっています。添加物は風味保持、老化防止(微生物や環境要因で食品の性質が変わるのを防ぐ)、安定性付与、変質防止、酸化防止、pH調整、タンク洗浄、ろ過、消泡、分散、安定などなど様々な目的のために使われるが、加工助剤(キャリーオーバー) として、大半は表示しなくていい。ビール会社が本当のことを言わない限り、消費者にはわからないのです。

購入時の注意点

地ビールの多くはドイツのビール純正令に従って造られています。好みの外国産ビールを探してみるのもいいでしょう。

原料がコーンの場合、遺伝子組み換えの可能性も「ビール」