月別アーカイブ: 2020年2月

輸入果物

輸入時の「水際のチェック」は意外と甘いので注意

10年前の2010年2月、成田空港検疫所で、フィリピンから輸入したマンゴーから農薬「フルシラゾール」(殺菌剤)が基準値の0.01 ppmを超えて検出され、食品衛生法違反となりました。

しかし、輸入された全量( 1150 kg)はすでに国内流通に回った後。厚生労働省は、輸入会社の所在地である東京都に回収などの措置をとるよう依頼したのですが、文字通り、後の祭りとなりました。

日本の水際のチェック体制の甘さを露呈した案件でした。実は、「フルシラゾール」は以前から厚生労働省がマークしていた農薬です。

2008年、2009年とフランスから輸入されたブラックカラントから、基準値を超えてなじ検出されていたからです。

ブラックカラントといってもあまり馴染みがないのですが、カシスのことです。その実はジャム、アイスクリーム、リキュールなどに利用されています。それまではほとんどノーマークの農薬で、許容1日摂取量(人が一生涯毎日摂取し続けても、健康への影響がないとされる1日当たりの摂取量)も設定されていなかったのですが、食品安全委員会で体重1 kg当たり0.002mg/日と設定された(2008年)。

ブラックカラントの輸入量は2007年度には2 tでしたgが、2008年度には18tと急増したため、フルシラゾールの汚染も心配されました。違反したブラックカラントは幸い、全量が国内流通することはなかったのですが、農薬フルシラゾールは、世界中で使われているようです。世界中の果実を食べる日本人は、また、あらゆる農薬も食べるリスクを常に背負っているということです。

購入時の注意点

有機栽培で、しかも適正な賃金をもらっている人達が働いている農園の果実を購入するようにします。この場合、やや割高になるのは言うまでもありません。

メロンは農薬の使用が比較的少なくて栽培されるので安心度が高いフルーツです。
また、メロンの 甘味成分が疲労回復に効果があります。

漬け物

再利用で添加物量が大幅増加することも

束京都衛生局の人のつぶやきです。「あるメーカーの漬物から添加物が使用基準をオーバーして検出され、食品衛生法違反になったのですが、メーカーは「そんな量は絶対に使ってない」と主張しました。それでよく調べてみると、そのメーカーは他社製品の売れ残りを安く引き取り、再加工して販売していたというのです。

それで、前の会社が使っていた添加物も加わり、使用基準をオーバーしてしまったのです」これは数年前に聞いた話ですが、このメーカーの商品はスーパーでも普通に売られているのだそうです。

どうやら、こうした「再利用」は、食品業界で広範囲に行なわれていると見たほうがよさそうです。

その中でも、漬物などはそうした「再利用」が最もやりやすい食品とも言えます。漬物の原料は大半は中国産だが、パック詰めは国内で行ない、「国産」として売られているものが多い。そのパック詰めのときに、他の売れ残り商品を混ぜ合わせることも不可能ではないでしょう。

2006年1月から2007年7月の間だけでも、漬物の原料となる中国産食品で、食品衛生法違反になった主な食品は、たくあん、ザーサイ、テンゲンサイ、メンマ、ラッキョウ、山くらげ、タケノコ、ショウガ、レンコン、ゼンマイ、唐辛子の醤油漬け、ニンニクなど多数にわたります。安心して食べられる漬物はどこにあるのでしょうか

購入時の注意点

漬物は単品ものの純国産品を。「道の駅」の漬物も中国産の場合が非常に多いため、頭から地元産と思い込まないで、よく表示を見て買うことです。

大森屋 漬物 たくあん 沢庵 浅漬け 甘口

国内産青首大根を、色鮮やかに甘口のアッサリ味に漬け上げました。
お子様にも大人気のお新香(浅漬け沢庵)です。

気になる汚染物質や残留農薬、食中毒の除去に役立つ野菜の汚れ落としの「SCS」

最近問題の汚染物質や残留農薬、夏に多発するo-157などによる食中毒。水洗いだけでは心配な食材を効果的に洗える洗浄液。北国に生息するホッキ貝の貝殻を焼成し、水溶液にした食品専用の洗浄液です。
野菜や果物・肉類や魚介類に付着した雑菌や農薬を簡単に落とせます。

使い方は、原液を水で薄め(2リットルの水に計量キャップ1杯(15ml)、その中に食品を数分浸け置くだけ。水洗いでは取りきれない農薬、防腐剤、ワックス、表面の汚れなどが洗浄液に溶け出し、除去されます。本製品は、厚生労働省より天然食品添加物として認可を受けている成分を使用しているので、安心してご使用いただけます。

効能・効果
食中毒菌(大腸菌・サルモネラ菌・腸炎ビブリオ菌等)の除去、鮮度保持効果、残留農薬除去効果、その他汚れ除去。
ご利用方法
水道水にSCS溶液を必要量混ぜて食材をつけ置きしてください(2リットルの水に計量キャップ1杯(15ml)

生姜

中国産は食品衛生法違反の常習犯なので注意が必要

国によって「衛生」や「安全」の基準が異なります。輸入食品に注意が必要な所以です。たとえば回転寿司のガリや牛井チェーンの紅ショウガなどは、ほとんどが中国産ですが、これも食品衛生法違反の常習犯です。

厚生労働省の「輸入届出における食品衛生法違反事例」によると、中国産ショウガの違反件数は2006年1月から2008年12月までの3年間で60件を超えています。

寿司につきものの「甘酢生姜」には、砂糖の200倍の甘さの人工甘味料・アセスルファムカリウムが使用基準以上に使用されていました。

また、酢漬け生姜はソルビン酸カリウム(保存料)の使用基準オーバー。牛井や焼きそばに欠かせない紅ショウガからは、本来は使用してはいけない安息香酸(保存料) が、生生姜(冷凍含む)からは有機塩素系殺虫剤のBHC (ベンゼンヘキサクロライド) が検出されました。

アメリカ・カリフォルニア州でも、中国産生生姜から使用が認められていない「食品衛生法違反」に指定されている中国産殺虫剤の残留物が見つかり、州保健局は「食べないように」との警告を出しています。

たびたび中国に買い付けに行く、あるスーパーのバイヤーが言うには、「硫黄で真っ白に漂白した生姜が表示もなく市場で売られています」と警告しています。

中国産は安全面の問題もあるが、繊椎質でまずいものが多いのが特徴です。自然と添加されるものも多くなります。生生姜ではまだ30%くらいは国産(ほとんど高知産)があるのが救いです。

購入時の注意点

国産生生姜を選ぶようにします。その場合、生姜のうまみがある皮は厚くむかないことです。加工品でも日本で加工されたものがいいでしょう。保存料を使っていないのは国産品と考えてよいでしょう。

冬の冷えには「金時しょうが」を使って便秘を解消

気になる汚染物質や残留農薬、食中毒の除去に役立つ野菜の汚れ落としの「SCS」

最近問題の汚染物質や残留農薬、夏に多発するo-157などによる食中毒。水洗いだけでは心配な食材を効果的に洗える洗浄液。北国に生息するホッキ貝の貝殻を焼成し、水溶液にした食品専用の洗浄液です。
野菜や果物・肉類や魚介類に付着した雑菌や農薬を簡単に落とせます。

使い方は、原液を水で薄め(2リットルの水に計量キャップ1杯(15ml)、その中に食品を数分浸け置くだけ。水洗いでは取りきれない農薬、防腐剤、ワックス、表面の汚れなどが洗浄液に溶け出し、除去されます。本製品は、厚生労働省より天然食品添加物として認可を受けている成分を使用しているので、安心してご使用いただけます。

効能・効果
食中毒菌(大腸菌・サルモネラ菌・腸炎ビブリオ菌等)の除去、鮮度保持効果、残留農薬除去効果、その他汚れ除去。
ご利用方法
水道水にSCS溶液を必要量混ぜて食材をつけ置きしてください(2リットルの水に計量キャップ1杯(15ml)

キノコ

中国産は買わない 見分け方も

「中国産」の「国内産」への偽装が摘発されたケースは後を絶ちません。お茶、アサリ、モモの缶詰、ゴボウ加工品、コメ、ソバ粉、ウナギ、サトイモ、フランス鴨、タケノコ水煮、乾燥シイタケ、ヒジキ、クラゲ…。

「国産」と表示されていても、サトイモ、タケノコの水煮など漂白されているものは、中国産を偽装表示している可能性が高いので注意しなければいけません。とくに注意したいのは、見た目では中国産か国産かを選別できないキノコ類です。

埼玉県の業者が中国産乾燥シイタケを国内産に偽装し、業務用スーパーに出荷していたが、JAS法違反で摘発されたケースもあります。見た目だけでなく風味でも、ほとんど見分けはつかないが、安全性ということからは、まったく別物として扱わなければいけません。

中国では原木が少ないためキノコ類は菌床栽培されますが、その菌床自体が農薬や水銀などの重金属で汚染されています。それが残留するわけです。(国内キノコ生産者)

実際、中国産キクラゲからは、シロアリ駆除などに使われる有機リン系の殺虫剤クロルピリホスが頻繁に検出されています。国内で栽培されているように思える商品名であっても、中国で栽培したものを日本で袋詰めしただけのものもあるから注意が必要。

購入時の注意点

原産国表示だけでなく、栽培方法を明記しているものを選ぶようにします。シイタケはできるだけ原木栽培のものを選びます。
「マイタケ」の天然物はマツタケ以上に高価です。スーパーのものは100% 人工栽培です。
「エノキ」の天然物は黄褐色で傘も大きく開いていますが、栽培ものは柄がヒョロ長く、白い。
キノコ類は傘が割れたり、軸が折れたものは買わないようにします。

気になる汚染物質や残留農薬、食中毒の除去に役立つ野菜の汚れ落としの「SCS」

最近問題の汚染物質や残留農薬、夏に多発するo-157などによる食中毒。水洗いだけでは心配な食材を効果的に洗える洗浄液。北国に生息するホッキ貝の貝殻を焼成し、水溶液にした食品専用の洗浄液です。
野菜や果物・肉類や魚介類に付着した雑菌や農薬を簡単に落とせます。

使い方は、原液を水で薄め(2リットルの水に計量キャップ1杯(15ml)、その中に食品を数分浸け置くだけ。水洗いでは取りきれない農薬、防腐剤、ワックス、表面の汚れなどが洗浄液に溶け出し、除去されます。本製品は、厚生労働省より天然食品添加物として認可を受けている成分を使用しているので、安心してご使用いただけます。

効能・効果
食中毒菌(大腸菌・サルモネラ菌・腸炎ビブリオ菌等)の除去、鮮度保持効果、残留農薬除去効果、その他汚れ除去。
ご利用方法
水道水にSCS溶液を必要量混ぜて食材をつけ置きしてください(2リットルの水に計量キャップ1杯(15ml)

マツタケ

「フレーバーまみれ」の北朝鮮産がたくさん流通しているので注意

日本・北朝鮮の経済関係において、「北朝鮮から日本への輸出」は「なし」とされています。ところが、日本の食卓と北朝鮮の間には、意外に深いつながりがあることをご存じでしょうか。

北朝鮮との貿易量が多い港は、舞鶴港(京都府)、境港港(鳥取県)、新潟港(新潟県) などですが、食品に限っていえば境港港での取引量が多いです。

北朝鮮船はカニ、シシミなどの水産物やマツタケを積んで入港。帰りには中古自転車、中古家電などを満載して出港していきます。

ちなみに、水産物と交換されるように「輸出」される中古自転車は中国に転売されています。ほとんどが関西地区の放置自転車で、1台数10円という値投で業者から買い取っているのが実態です。境港の北朝鮮貿易の業者に、輸入したマツタケの行き先については「北朝鮮産マツダケは、日本のマツタケとは品種が違い、厳密にはマツタケではない。姿形はそっくりでもマツタケの香りはまったくしない。でも、マツタケフレーバーをかければ十分「マツタケ」で通りますので、良い値で取引されます。

また、境港港で揚がったマツタケは、京阪神の料亭に流れます。香りを付けるだけならまだ我慢できるかもしれませんが。

北朝鮮産マツタケには鉛が混入されていたこともあるのです。重量をごまかすために鉛を埋め込んだのです。こうなると命にも関わる問題で重大です。

購入時の注意点

京都で丹波産マツタケと称して、街道沿いで売られているマツタケは北朝鮮産がく危険です。安いからといって飛び付かないことです。
マツタケは高価ですが国産品を購入しましょう。横に並んでいる安価な中国産は危険です。

気になる汚染物質や残留農薬、食中毒の除去に役立つ野菜の汚れ落としの「SCS」

最近問題の汚染物質や残留農薬、夏に多発するo-157などによる食中毒。水洗いだけでは心配な食材を効果的に洗える洗浄液。北国に生息するホッキ貝の貝殻を焼成し、水溶液にした食品専用の洗浄液です。
野菜や果物・肉類や魚介類に付着した雑菌や農薬を簡単に落とせます。

使い方は、原液を水で薄め(2リットルの水に計量キャップ1杯(15ml)、その中に食品を数分浸け置くだけ。水洗いでは取りきれない農薬、防腐剤、ワックス、表面の汚れなどが洗浄液に溶け出し、除去されます。本製品は、厚生労働省より天然食品添加物として認可を受けている成分を使用しているので、安心してご使用いただけます。

効能・効果
食中毒菌(大腸菌・サルモネラ菌・腸炎ビブリオ菌等)の除去、鮮度保持効果、残留農薬除去効果、その他汚れ除去。
ご利用方法
水道水にSCS溶液を必要量混ぜて食材をつけ置きしてください(2リットルの水に計量キャップ1杯(15ml)

山菜

衛生管理は「防腐剤を使っているから問題ない」と考えるのは…

お土産として売られていることも多い山菜には、「地元で採れた」「国産」といったイメージがあるかもしれません。どの観光地の飲食店でも山菜ソバ、山菜天ぶらが出され、最近は幹緑道路沿いの「道の駅」にも地元産と銘打った山菜や山菜漬物が販売されています。

しかし、その多くは中国産というのだから、何が「ふるさとの味」か、である。しかもJA(全農)が堂々と売っているのだから情けない限りです。

消費者である私たちも、「国産」という思い込みを持っていると、賢明な判断ができなくなってしまいます。

以前、横浜の港湾労働者の組合関係者から連絡が入りましたた。「横浜の本牧埠頭に野積みにされていた輸入食品がトラックで次々に搬出されている」運び出されたのは赤茶けたドラム缶に入っていた中国産のナメコ。埠頭の一角に雨ざらしのまま野積みされていたのが他県へ移されたのだが、そこでも雨ざらしのまま。近くの食品工場で水洗いし、化学調味料などを加えて山菜ソバなどに利用されていたという。劣悪な保管状態にもかかわらずナメコは腐らないのだから、よほど強力な防腐剤が使われていたに違いありません。

2007年になっても中国産食品からは、味付けザーサイと紅生姜から安息香酸(保存料)、タケノコとゴボウなどから殺菌漂白剤として使われる二酸化硫黄などが検出され、食品衛生法違反となり、廃棄処分になったことがあります。

「衛生管理という概念が中国企業にはまだまだです。防腐剤を使っていれば問題はないじゃないか、というわけです。衛生管理を徹底させるのはコストがかかりますから中国産食品の総チェックが必要だです。

購入時の注意点

本物の地元産を買いたいのなら、地元の商店街で買うこと。中国産でとくに注意したいのは、キノコ類。重金属汚染が心配されます。

気になる汚染物質や残留農薬、食中毒の除去に役立つ野菜の汚れ落としの「SCS」

最近問題の汚染物質や残留農薬、夏に多発するo-157などによる食中毒。水洗いだけでは心配な食材を効果的に洗える洗浄液。北国に生息するホッキ貝の貝殻を焼成し、水溶液にした食品専用の洗浄液です。
野菜や果物・肉類や魚介類に付着した雑菌や農薬を簡単に落とせます。

使い方は、原液を水で薄め(2リットルの水に計量キャップ1杯(15ml)、その中に食品を数分浸け置くだけ。水洗いでは取りきれない農薬、防腐剤、ワックス、表面の汚れなどが洗浄液に溶け出し、除去されます。本製品は、厚生労働省より天然食品添加物として認可を受けている成分を使用しているので、安心してご使用いただけます。

効能・効果
食中毒菌(大腸菌・サルモネラ菌・腸炎ビブリオ菌等)の除去、鮮度保持効果、残留農薬除去効果、その他汚れ除去。
ご利用方法
水道水にSCS溶液を必要量混ぜて食材をつけ置きしてください(2リットルの水に計量キャップ1杯(15ml)

もやし・かいわれ

いつでも青々としているのは「緑化促進剤」による

消費者や業者の高い要望に応えるため食品は、年々変化しています。十数年前に、大手モヤシ業者の懇親会が台湾で行なわれました。
レストランで出された台湾のモヤシ料理を見て、モヤシ業者は驚愕しました。モヤシの根がなかったのです。以前から、「根をとるのが面倒だから何とかして」という消費者の要望が強く、根のないモヤシを栽培するのは業者の悲願でした。

ところが、水と光だけで栽培するモヤシは光の調整である程度根を短くできるが、長年の研究でも完全になくすことはできませんでした。

レストランの料理長を呼び、根のないモヤシの秘密を聞くと、「日本から輸入した薬品を使っている」と平然と答えたのです。
業者たちは、皆黙ってしまったといいます。それから1年後、この懇親会に出席していた大手モヤシ業者のA社が突然、根のないモヤシを発売、大ヒットとなったのです。

東京都の水耕栽培研究者も「薬剤を使わなければあそこまで根は短くならない」と断言しますが、A社のモヤシは企業秘密としてベールに包まれたままです。不自然に根の短いモヤシは、疑ってかかる必要があるということでもあります。

モヤシ同様、水耕栽培のカイワレ大根にもリスクがあります。カイワレは天候の悪いときは太陽光が少なく光合成が不活発で、青々としません。ところが店頭に並ぶカイワレの多くは、常に青々としています。

その秘密は、「緑化促進剤」。ゴルフ場のグリーンを青々とさせるために使っている薬剤と同じもので、人間が過剰に摂取すれば、健康に重大な影響が出る恐れもあるのです。

購入時の注意点

モヤシは漂白剤で脱色させて白くさせているものもあります。製造方法を明らかにしない食品は食べないほうが無難です。モヤシ、カイワレの製造法を明らかにしているサラダコスモ(岐阜県中津川市)の商品はおすすめです。

気になる汚染物質や残留農薬、食中毒の除去に役立つ野菜の汚れ落としの「SCS」

最近問題の汚染物質や残留農薬、夏に多発するo-157などによる食中毒。水洗いだけでは心配な食材を効果的に洗える洗浄液。北国に生息するホッキ貝の貝殻を焼成し、水溶液にした食品専用の洗浄液です。
野菜や果物・肉類や魚介類に付着した雑菌や農薬を簡単に落とせます。

使い方は、原液を水で薄め(2リットルの水に計量キャップ1杯(15ml)、その中に食品を数分浸け置くだけ。水洗いでは取りきれない農薬、防腐剤、ワックス、表面の汚れなどが洗浄液に溶け出し、除去されます。本製品は、厚生労働省より天然食品添加物として認可を受けている成分を使用しているので、安心してご使用いただけます。

効能・効果
食中毒菌(大腸菌・サルモネラ菌・腸炎ビブリオ菌等)の除去、鮮度保持効果、残留農薬除去効果、その他汚れ除去。
ご利用方法
水道水にSCS溶液を必要量混ぜて食材をつけ置きしてください(2リットルの水に計量キャップ1杯(15ml)

中国野菜

中国駐在の商社マンに「糖尿病患者」が多くなる理由

中国産野菜の農薬漬けが問題になっていますが、別の深刻な問題があります。それは、「硝酸塩の残留」です。

硝酸塩

中国駐在の商社マンらが現地で糖尿病に雁思し、帰国するケースが10年ほど前から増加しています。これを危倶した大手商社などは、親族に糖尿病患者がいないかまでも調べた上で、中国へ社員を派遣しているようですが、それでも2~3年で糖尿病になる人がなぜか続出しています。

この事態に大手商社は、東京医科歯科大学の研究グループに大規模な調査を依頼しました。調査を行なった教授に話を聞くと、「中国の水道水に非常に高い濃度で含まれる硝酸塩が原因のようだ」と話してくれた。硝酸塩の毒性は基本的に低いものの、体内で還元され亜硝酸塩に変化すると、発がん怪物質であるニトロソ化合物の生成に関与する恐れがあるとの指摘があります。

アメリカ・コロラド保健センターのコストラバ博士の調査で、糖尿病と診断された1290人を対象に飲料水の硝酸塩濃度との関係を調べたところ、「硝酸塩濃度が高いと、糖尿病になるケースが多い」こともわかっています。

ただ、中国在留の日本人は、現地の水道水は飲みません。そこで考えられるのは野菜から硝酸塩を過剰に摂取している可能性です。

実は中国産の野菜は、硝酸塩濃度が高いのです。世界保健機関が決めている硝酸塩の摂取許容量は、体重60 kgの人で1日300 mg。日本のスーパーで売られていた中国産のテンゲンサイからは、1 kg当たり5100 mgも検出されたことがあります。中国産野菜の硝酸塩検査は、まったく行なわれていないのが現状です。

購入時の注意点

国産のものでもハウス栽培、促成栽培されたものは硝酸塩濃度が高い傾向にあるので注意です。できるだけ旬のものを食べましょう。

野菜の旬はこちらのサイトで知ることができます。

気になる汚染物質や残留農薬、食中毒の除去に役立つ野菜の汚れ落としの「SCS」

最近問題の汚染物質や残留農薬、夏に多発するo-157などによる食中毒。水洗いだけでは心配な食材を効果的に洗える洗浄液。北国に生息するホッキ貝の貝殻を焼成し、水溶液にした食品専用の洗浄液です。
野菜や果物・肉類や魚介類に付着した雑菌や農薬を簡単に落とせます。

使い方は、原液を水で薄め(2リットルの水に計量キャップ1杯(15ml)、その中に食品を数分浸け置くだけ。水洗いでは取りきれない農薬、防腐剤、ワックス、表面の汚れなどが洗浄液に溶け出し、除去されます。本製品は、厚生労働省より天然食品添加物として認可を受けている成分を使用しているので、安心してご使用いただけます。

効能・効果
食中毒菌(大腸菌・サルモネラ菌・腸炎ビブリオ菌等)の除去、鮮度保持効果、残留農薬除去効果、その他汚れ除去。
ご利用方法
水道水にSCS溶液を必要量混ぜて食材をつけ置きしてください(2リットルの水に計量キャップ1杯(15ml)

中国産の冷凍野菜

注ファストフード、学校給食で使われている

輸入野菜の半分以上のシェアを占める中国産野菜への不安が高まったのは、ホウレンソウ、枝豆などの冷凍野菜から食品衛生法の基準値を大幅に上回る残留農薬が検出された2002年ごろからです。

2006年から水際での検査を強化しているのですが、中国産冷凍野菜の違反は相変わらず多く困っています。厚生労働省は「違反の食品は出荷を停止しているから市場には流通しない」というが…

水際で引っ掛かるのは氷山の一角というのが現状です。農薬に汚染された冷凍野菜がどこに流れているのかが問題ですが、そのほとんどが大量に仕入れるファストフードチェーンなどの外食産業です。「価格面と量を安定的に確保しておくためには、中国産冷凍野菜がなければやっていけない」と漏らします。

また、ある給食センターでは、「企業の社内食堂と学校給食を運営していますが、野菜を含めて、中国産冷凍食品はかなり使っています。業務用冷凍食品についていえば、中国産はむしろ多くなっているのです。取引先に産地を聞かれれば正直に言ってますが、聞かれることはまれです」。

ショウガ(冷凍含む)からは、発がん性のため約40年前に使用禁止になっている有機塩素系の殺虫剤BHC(ベンゼンヘキサクロライド)が検出されています。

BHCは人間の生殖機能にも悪影響を及ぼす環境ホルモンでもあるのです。学校給食に使われる業務用冷凍食品に、こうした野菜が紛れていないとも限らないのです。

今、問題意識を持っていないとしたら、事態はさらに深刻になるでしょう。

購入時の注意点

学校給食のメニューでは産地を明らかにするよう要望しましょう。外食時は原産国表示のある店で。スーパーでは地元産の旬の野菜を買うようにします。

気になる汚染物質や残留農薬、食中毒の除去に役立つ野菜の汚れ落としの「SCS」

最近問題の汚染物質や残留農薬、夏に多発するo-157などによる食中毒。水洗いだけでは心配な食材を効果的に洗える洗浄液。北国に生息するホッキ貝の貝殻を焼成し、水溶液にした食品専用の洗浄液です。
野菜や果物・肉類や魚介類に付着した雑菌や農薬を簡単に落とせます。

使い方は、原液を水で薄め(2リットルの水に計量キャップ1杯(15ml)、その中に食品を数分浸け置くだけ。水洗いでは取りきれない農薬、防腐剤、ワックス、表面の汚れなどが洗浄液に溶け出し、除去されます。本製品は、厚生労働省より天然食品添加物として認可を受けている成分を使用しているので、安心してご使用いただけます。

効能・効果
食中毒菌(大腸菌・サルモネラ菌・腸炎ビブリオ菌等)の除去、鮮度保持効果、残留農薬除去効果、その他汚れ除去。
ご利用方法
水道水にSCS溶液を必要量混ぜて食材をつけ置きしてください(2リットルの水に計量キャップ1杯(15ml)

カット野菜

厳しくなった輸入野菜検査にも「抜け穴」がある

「中国産野菜の輸入条件が厳しくなった」という報道があっても安心してはいけません。輪人商社は中国からの輸入を、カット野菜などの「加工野菜」にシフトしているからです。

野菜などは輸入に際し、厚生労働省が制定する残留農薬基準に照らしチェックされます。対象となる農薬の種類が大幅に増え、中国産の輸入が厳しくなったのは確かです。

ところが、それが「加工食品」となると、検査はほとんどが書類審査のみになります。しかも、不安なのは残留農薬だけではないのです。どんな方法で殺菌しているかも判然としないので、注意が必要です。

ある情報筋によると、病院の手術室で使う消毒液と同じものを使っている場合もあるというのです。そもそもカット野菜は通常の野菜に比べて、ビタミン類などが少ないとの調査報告がありますが、それは当然のことです。原料の野菜を工場に入れてからは、保管→洗浄→整形→殺菌(次亜塩素酸ナトリウム) →流水すすぎ2回目→カット→殺菌(次亜塩素酸ナトリウム) →流水すすぎ3回目→脱水→包装→出荷、という工程を経るのです。

洗濯機に洗剤を入れて野菜を洗っているようなものなのだから、栄養分はすっかり飛んでしまいます。もちろん、消費者には「便利さ」「ゴミの減量」などの利点があるのは確かです。しかしそれにしても、野菜工場でのロスは「数10% 」になります。家庭では問題にならない程度の変色であっても、商品にすることはできないため廃棄処分になることも多いのです。また、カット野菜は劣化も早いから、売り場でもすぐに廃棄処分になる。簡単で便利なものほど、実は無駄が多いのがカット野菜なのです。

購入時の注意点

どうしても買うときは、ひとつひとつの野菜の原産地が表示されているものを選びましょう。

気になる汚染物質や残留農薬、食中毒の除去に役立つ野菜の汚れ落としの「SCS」

最近問題の汚染物質や残留農薬、夏に多発するo-157などによる食中毒。水洗いだけでは心配な食材を効果的に洗える洗浄液。北国に生息するホッキ貝の貝殻を焼成し、水溶液にした食品専用の洗浄液です。
野菜や果物・肉類や魚介類に付着した雑菌や農薬を簡単に落とせます。

使い方は、原液を水で薄め(2リットルの水に計量キャップ1杯(15ml)、その中に食品を数分浸け置くだけ。水洗いでは取りきれない農薬、防腐剤、ワックス、表面の汚れなどが洗浄液に溶け出し、除去されます。本製品は、厚生労働省より天然食品添加物として認可を受けている成分を使用しているので、安心してご使用いただけます。

効能・効果
食中毒菌(大腸菌・サルモネラ菌・腸炎ビブリオ菌等)の除去、鮮度保持効果、残留農薬除去効果、その他汚れ除去。
ご利用方法
水道水にSCS溶液を必要量混ぜて食材をつけ置きしてください(2リットルの水に計量キャップ1杯(15ml)