野菜・果物」カテゴリーアーカイブ

野菜・果物 いつの間にか口にしている危険な食品の情報。 野菜や果物は海外からの輸入品も多いので注意。農薬の危険についても。

生姜

中国産は食品衛生法違反の常習犯なので注意が必要

国によって「衛生」や「安全」の基準が異なります。輸入食品に注意が必要な所以です。たとえば回転寿司のガリや牛井チェーンの紅ショウガなどは、ほとんどが中国産ですが、これも食品衛生法違反の常習犯です。

厚生労働省の「輸入届出における食品衛生法違反事例」によると、中国産ショウガの違反件数は2006年1月から2008年12月までの3年間で60件を超えています。

寿司につきものの「甘酢生姜」には、砂糖の200倍の甘さの人工甘味料・アセスルファムカリウムが使用基準以上に使用されていました。

また、酢漬け生姜はソルビン酸カリウム(保存料)の使用基準オーバー。牛井や焼きそばに欠かせない紅ショウガからは、本来は使用してはいけない安息香酸(保存料) が、生生姜(冷凍含む)からは有機塩素系殺虫剤のBHC (ベンゼンヘキサクロライド) が検出されました。

アメリカ・カリフォルニア州でも、中国産生生姜から使用が認められていない「食品衛生法違反」に指定されている中国産殺虫剤の残留物が見つかり、州保健局は「食べないように」との警告を出しています。

たびたび中国に買い付けに行く、あるスーパーのバイヤーが言うには、「硫黄で真っ白に漂白した生姜が表示もなく市場で売られています」と警告しています。

中国産は安全面の問題もあるが、繊椎質でまずいものが多いのが特徴です。自然と添加されるものも多くなります。生生姜ではまだ30%くらいは国産(ほとんど高知産)があるのが救いです。

購入時の注意点

国産生生姜を選ぶようにします。その場合、生姜のうまみがある皮は厚くむかないことです。加工品でも日本で加工されたものがいいでしょう。保存料を使っていないのは国産品と考えてよいでしょう。

冬の冷えには「金時しょうが」を使って便秘を解消

気になる汚染物質や残留農薬、食中毒の除去に役立つ野菜の汚れ落としの「SCS」

最近問題の汚染物質や残留農薬、夏に多発するo-157などによる食中毒。水洗いだけでは心配な食材を効果的に洗える洗浄液。北国に生息するホッキ貝の貝殻を焼成し、水溶液にした食品専用の洗浄液です。
野菜や果物・肉類や魚介類に付着した雑菌や農薬を簡単に落とせます。

使い方は、原液を水で薄め(2リットルの水に計量キャップ1杯(15ml)、その中に食品を数分浸け置くだけ。水洗いでは取りきれない農薬、防腐剤、ワックス、表面の汚れなどが洗浄液に溶け出し、除去されます。本製品は、厚生労働省より天然食品添加物として認可を受けている成分を使用しているので、安心してご使用いただけます。

効能・効果
食中毒菌(大腸菌・サルモネラ菌・腸炎ビブリオ菌等)の除去、鮮度保持効果、残留農薬除去効果、その他汚れ除去。
ご利用方法
水道水にSCS溶液を必要量混ぜて食材をつけ置きしてください(2リットルの水に計量キャップ1杯(15ml)

キノコ 危険

キノコ 危険 を避けるためには 購入時の注意点は原産国表示だけでなく、栽培方法を明記しているものを選ぶようにします。 シイタケ はできるだけ原木栽培のものを選びます。中国産のキノコが大量に流通していますが、問題が多く口に入れないように注意します。中国産のキノコがどのように危険なのかを具体的に紹介します。

キノコ 危険 を避けるためには中国産は買わない 見分け方も 国産が安全

キノコ 危険

キノコ 危険

 

キノコの「中国産」の「国内産」への偽装が摘発されたケースは後を絶ちません。お茶、アサリ、モモの缶詰、ゴボウ加工品、コメ、ソバ粉、ウナギ、サトイモ、フランス鴨、タケノコ水煮、乾燥シイタケ、ヒジキ、クラゲなどキノコだけではありません。中国産キノコによる国産偽装は後を断ちませんがこれを避けるためには国産を購入するしかありません。

国内に流通する干しシイタケが長年にわたって、中国産が混入されたり、中国産が全量にもかかわらず、国産とする産地偽装が常態化しているのはとても問題です。子供たちの給食にもそうした偽造シイタケが使われています。

中国産のしいたけからピレスロイド系殺虫剤フェンプロパトリンが残留基準値以上検出されたというニュースがあったのも記憶に新しいところです。

フェンプロパトリンは、ピレスロイド系殺虫剤である。主として接触毒性による殺虫作用を有し、気門や関節
間膜等から虫体内に侵入し、末梢又は中枢神経の軸索又はシナプスに作用し、痙攣や麻
痺を引き起こすことにより殺虫活性を示すと考えられている殺虫剤です

人体への影響は、神経系の過剰刺激による症状が出現する。
○軽 症:全身倦怠感、筋れん縮、軽度の運動失調
○中等症:興奮、手足の振せん、唾液分泌過多
○重 症:間代性けいれん、呼吸困難、失禁

などです。

「国産」と表示されていても、サトイモ、タケノコの水煮など漂白されているものは、中国産を偽装表示している可能性が高いので注意しなければいけません。とくに注意したいのは、見た目では中国産か国産かを選別できない キノコ類です。やはり少し値がはりますが、国産のある程度の価格のものを購入しするのが危険から遠ざける方法と言えるでしょう。

埼玉県の業者が中国産乾燥 シイタケ を国内産に偽装し、業務用スーパーに出荷していたが、JAS 法違反で摘発されたケースもあります。見た目だけでなく風味でも、ほとんど見分けはつかないが、安全性ということからは、まったく別物として扱わなければいけません。

中国では原木が少ないためキノコ類は菌床栽培されますが、その菌床自体が農薬や水銀などの重金属で汚染されています。それが残留するわけです。(国内キノコ生産者)

実際、中国産キクラゲからは、シロアリ駆除などに使われる有機リン系の殺虫剤クロルピリホスが頻繁に検出されています。国内で栽培されているように思える商品名であっても、中国で栽培したものを日本で袋詰めしただけのものもあるから注意が必要。

キノコ 購入時の注意点

原産国表示だけでなく、栽培方法を明記しているものを選ぶようにします。 シイタケ はできるだけ原木栽培のものを選びます。
「マイタケ」の天然物はマツタケ以上に高価です。スーパーのものは100% 人工栽培です。
「エノキ」の天然物は黄褐色で傘も大きく開いていますが、栽培ものは柄がヒョロ長く、白い。
キノコ類は傘が割れたり、軸が折れたものは買わないようにします。

気になる汚染物質や残留農薬、食中毒の除去に役立つ野菜の汚れ落としの「SCS」

最近問題の汚染物質や残留農薬、夏に多発するo-157などによる食中毒。水洗いだけでは心配な食材を効果的に洗える洗浄液。北国に生息するホッキ貝の貝殻を焼成し、水溶液にした食品専用の洗浄液です。
野菜や果物・肉類や魚介類に付着した雑菌や農薬を簡単に落とせます。

使い方は、原液を水で薄め(2リットルの水に計量キャップ1杯(15ml)、その中に食品を数分浸け置くだけ。水洗いでは取りきれない農薬、防腐剤、ワックス、表面の汚れなどが洗浄液に溶け出し、除去されます。本製品は、厚生労働省より天然食品添加物として認可を受けている成分を使用しているので、安心してご使用いただけます。

効能・効果
食中毒菌(大腸菌・サルモネラ菌・腸炎ビブリオ菌等)の除去、鮮度保持効果、残留農薬除去効果、その他汚れ除去。
ご利用方法
水道水にSCS溶液を必要量混ぜて食材をつけ置きしてください(2リットルの水に計量キャップ1杯(15ml)

平成17年~28年度の鹿児島県椎茸組合品評会において、12年連続最優秀賞受賞した、干し椎茸です。

生産:『しいたけの里 首藤椎茸園』
(場所:鹿児島県霧島市)

日本産 原木乾しいたけ

霧島山系の湧き水と天日をあびて
自然林の中でじっくり育ち
栄養と おいしさがぎっしりつまった天日椎茸です。

野菜・果物

マツタケ

マツタケ は購入時にどのようなことに注意してどんなことに気をつけて購入すれば安全でしょうか?京都で丹波産マツタケと称して、街道沿いで売られている マツタケ は北朝鮮産がく危険です。安いからといって飛び付かないことです。

「 フレーバーまみれ 」の北朝鮮産がたくさん流通しているので注意

日本・北朝鮮の経済関係において、「北朝鮮から日本への輸出」は「なし」とされています。ところが、日本の食卓と北朝鮮の間には、意外に深いつながりがあることをご存じでしょうか。

北朝鮮との貿易量が多い港は、舞鶴港(京都府)、境港港(鳥取県)、新潟港(新潟県) などですが、食品に限っていえば境港港での取引量が多いです。

北朝鮮船はカニ、シシミなどの水産物やマツタケを積んで入港。帰りには中古自転車、中古家電などを満載して出港していきます。

ちなみに、水産物と交換されるように「輸出」される中古自転車は中国に転売されています。ほとんどが関西地区の放置自転車で、1台数10円という値投で業者から買い取っているのが実態です。境港の北朝鮮貿易の業者に、輸入したマツタケの行き先については「北朝鮮産マツダケは、日本のマツタケとは品種が違い、厳密にはマツタケではない。姿形はそっくりでもマツタケの香りはまったくしない。でも、マツタケフレーバーをかければ十分「マツタケ」で通りますので、良い値で取引されます。

また、境港港で揚がったマツタケは、京阪神の料亭に流れます。香りを付けるだけならまだ我慢できるかもしれませんが。

北朝鮮産マツタケには鉛が混入されていたこともあるのです。重量をごまかすために鉛を埋め込んだのです。こうなると命にも関わる問題で重大です。

北朝鮮産 マツタケ を、日本の輸入業者が中国吉林産と偽って大量に不正輸入していた事件もありました。
マツタケ不正輸入事件で在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)トップの次男らが逮捕されたにもかかわらず、偽装マツタケの輸入総量は100トンに達するとみられます。一部売り上げは北朝鮮当局に上納され、金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の秘密資金や核開発など軍費に充てられる恐れがあります。

購入時の注意点

京都で丹波産マツタケと称して、街道沿いで売られているマツタケは北朝鮮産がく危険です。安いからといって飛び付かないことです。
マツタケは高価ですが国産品を購入しましょう。横に並んでいる安価な中国産は危険です。

気になる汚染物質や残留農薬、食中毒の除去に役立つ野菜の汚れ落としの「SCS」

最近問題の汚染物質や残留農薬、夏に多発するo-157などによる食中毒。水洗いだけでは心配な食材を効果的に洗える洗浄液。北国に生息するホッキ貝の貝殻を焼成し、水溶液にした食品専用の洗浄液です。
野菜や果物・肉類や魚介類に付着した雑菌や農薬を簡単に落とせます。

使い方は、原液を水で薄め(2リットルの水に計量キャップ1杯(15ml)、その中に食品を数分浸け置くだけ。水洗いでは取りきれない農薬、防腐剤、ワックス、表面の汚れなどが洗浄液に溶け出し、除去されます。本製品は、厚生労働省より天然食品添加物として認可を受けている成分を使用しているので、安心してご使用いただけます。

効能・効果
食中毒菌(大腸菌・サルモネラ菌・腸炎ビブリオ菌等)の除去、鮮度保持効果、残留農薬除去効果、その他汚れ除去。
ご利用方法
水道水にSCS溶液を必要量混ぜて食材をつけ置きしてください(2リットルの水に計量キャップ1杯(15ml)