野菜・果物」カテゴリーアーカイブ

イチゴ狩り 農薬 の危険性 流行のイチゴ狩りで注意すること

イチゴ狩り 農薬 の危険性についてです。イチゴ狩りの旬は1月~6月頃です。 早い農園では12月に開園することもありますが、基本的には年明け頃から。 関東に次いで、イチゴ狩りのスポットが多くなています。イチゴは、ビタミンCやアントシアニンを多く含んでいます。ビタミンCは疲労回復や肌荒れに良いとされてイチゴの人気はうなぎ登りです。しかし、農薬のリスクについてはどうでしょうか。

イチゴ狩り 農薬

イチゴ狩り 農薬

口に入れる前に「栽培方法」の確認をが必須 イチゴ狩り 農薬 の危険性

イチゴ狩りは、露地もの(ハウス栽培でない)は3月中旬から5月の連休くらいまでが最盛期ですが、どニールハウスものは年間を通して行なわれています。

子どもたちも、もぎたてのイチゴをほおばり大はしゃぎだが、気になるのは農薬です。イチゴは他の果実と違い、皮をむかずそのまま食べます。しかも果実の表面がぶつぶつになっているので、たとえ水洗いをしても農薬が残りやすくなります。

イチゴ栽培時に使われるホルモン剤について

また、イチゴ栽培ではホルモン剤を使用している農園が結構あります。ホルモン剤を水で希釈して与え、生長を促進しているのだ。水耕栽培のイチゴ農園に行ったとき、実際に生長ホルモン剤を与えるところを見たことがあります。

「生長ホルモン剤は高価ですが、1日1回、ほんの目薬1~2滴分ほどを 50 m 四方ほどの施設内の水路に入れるだけで、イチゴの生長が格段に速くなる」ということですが、これも残留物が気になります。成長ホルモン剤は正式には植物生長調整剤といいます。ちなみにイチゴの成長促進に適用される成長促進剤は2剤です。

イチゴに多く使われる農薬は、灰色かび病、うどんこ病防除のためのものです。一般的に収穫前日の3日前までに使われるが、なかには収穫前日に散布されるものもあります。

イチゴ狩りに出かける際には、どういう栽培方法を採っているかを事前に確認したいところです。最近は、イチゴの害虫(ダニ) の天敵を使って病気を防除するなどして、無農薬・無ホルモン剤で栽培している農園も増えてきています。

イチゴ狩り は無農薬・無ホルン剤 栽培 害虫の防除記録を記しているところが安心

インターネットなどで、常に害虫の防除記録を明らかにしている農園のイチゴは、まず安心してほおばってもいいでしょう。下調べをしてからイチゴ狩りに行くようにします。

注意点

子どもを連れて行くときは、最低、2回は農薬の防除記録をインターネットなどで確認すること。イチゴ狩りツアーに参加する場合でも同様に農園に直接聞いておきましょう。

ハウス栽培だと残留農薬が不安ないちご

気になる汚染物質や残留農薬、食中毒の除去に役立つ野菜の汚れ落としの「SCS」

最近問題の汚染物質や残留農薬、夏に多発するo-157などによる食中毒。水洗いだけでは心配な食材を効果的に洗える洗浄液。北国に生息するホッキ貝の貝殻を焼成し、水溶液にした食品専用の洗浄液です。
野菜や果物・肉類や魚介類に付着した雑菌や農薬を簡単に落とせます。

使い方は、原液を水で薄め(2リットルの水に計量キャップ1杯(15ml)、その中に食品を数分浸け置くだけ。水洗いでは取りきれない農薬、防腐剤、ワックス、表面の汚れなどが洗浄液に溶け出し、除去されます。本製品は、厚生労働省より天然食品添加物として認可を受けている成分を使用しているので、安心してご使用いただけます。

安心の 無農薬 イチゴ狩り スポット

SCS 効能・効果

SCS 効果

SCS 効果

食中毒菌(大腸菌・サルモネラ菌・腸炎ビブリオ菌等)の除去、鮮度保持効果、残留農薬除去効果、その他汚れ除去。
ご利用方法
水道水にSCS溶液を必要量混ぜて食材をつけ置きしてください(2リットルの水に計量キャップ1杯(15ml)


ノロウイルス(ネコカリシウイルス)不活化

試験ウイルス 対象 濃度 log T CID50/ml
開始時 30秒後 1分後 5分後 30分後
ネコカリシウイルス SCS 150倍希釈 7.5 2.5 <1.5 <1.5 <1.5
精製水 7.5 *** *** *** 7.3
<1.5:検出せず
(財)日本食品分析センター

食中毒菌の除去効果

菌種 処理前 処理後
緑膿菌 12000 <30
大腸菌O-157 25000 <30
陽炎ビブリオ 10000 <30
サルモネラ 11000 <30
(財)日本冷凍食品検査センサー

残留農薬の除去効果
■有機リン系農薬ジクロルボス

試験区 無処理[mg/L] SCS処理後[mg/L]
ジクロルボス 1.7 検出せず
(財)日本冷凍食品検査協会

■農薬DDVP(チンゲン菜での検証)

試験区 濃度[ppm] 残留率[%]
SCS希釈液に浸漬 1.3 37
浸漬処理なし 3.6 100
(財)宮城県公衆衛生協会
※DDVPの濃度は、基準の10倍以上の高い濃度で設定したものであり、
通常この様な高い濃度のDDVPが残留している野菜が市場に流通している可能性はありません。
※検査データ提供元:エス・シー・エス株式会社

野菜・果物

輸入果物 危険 農薬

輸入果物 危険 農薬です。12年前の2010年2月、成田空港検疫所で、フィリピンから輸入したマンゴーから農薬「フルシラゾール」(殺菌剤)が基準値の0.01 ppmを超えて検出され、食品衛生法違反となりました。

輸入時の「水際のチェック」は意外と甘いので注意 輸入果物 危険

輸入果物 危険

輸入果物 危険

12年前の2010年2月、成田空港検疫所で、フィリピンから輸入したマンゴーから農薬「フルシラゾール」(殺菌剤)が基準値の0.01 ppmを超えて検出され、食品衛生法違反となりました。

しかし、輸入された全量( 1150 kg)はすでに国内流通に回った後。厚生労働省は、輸入会社の所在地である東京都に回収などの措置をとるよう依頼したのですが、文字通り、後の祭りとなりました。

日本の水際のチェック体制の甘さを露呈した案件でした。実は、「フルシラゾール」は以前から厚生労働省がマークしていた農薬です。

2008年、2009年とフランスから輸入されたブラックカラントから、基準値を超えてなじ検出されていたからです。

ブラックカラントといってもあまり馴染みがないのですが、カシスのことです。その実はジャム、アイスクリーム、リキュールなどに利用されています。それまではほとんどノーマークの農薬で、許容1日摂取量(人が一生涯毎日摂取し続けても、健康への影響がないとされる1日当たりの摂取量)も設定されていなかったのですが、食品安全委員会で体重1 kg当たり0.002mg/日と設定された(2008年)。

ブラックカラントの輸入量は2007年度には2 tでしたが、2008年度には18tと急増したため、フルシラゾールの汚染も心配されました。違反したブラックカラントは幸い、全量が国内流通することはなかったのですが、農薬フルシラゾールは、世界中で使われているようです。世界中の果実を食べる日本人は、また、あらゆる農薬も食べるリスクを常に背負っているということです。

食品添加物 防カビ剤 危険

輸入果物 の場合、輸送の際に腐敗したりカビが生えたりするのを防ぐ目的で、食品添加物の防カビ剤(防ばい剤)が使われています。果物の皮を触るとベタベタしたものが食品添加物です。

現在、防カビ剤は、OPP(オルトフェニルフェノール)、TBZ(チアベンダゾール)、イマザリルなど、全部で9品目の使用が認められています。いずれも、もともとは農薬として使われていたもので、危険性が高いのです。

厚生労働省は、その後も次々に農薬として使われていた化学合成物質を防カビ剤として認可しています。

まず2011年にフルジオキソニルが認可されました。糸状菌に対して制菌作用があるため、防カビ剤としても使用が認められたのです。しかし、マウスに対してフルジオキソニルを0.3%含むえさを18カ月間食べさせた実験では、高い頻度で痙攣が発生し、リンパ腫の発生率が増加しました。

さらに2013年にはピリメタニルが認可されましたが、ラットに対してピリメタニルを0.5%含むえさを2年間食べさせたところ、甲状腺に腫瘍の発生が認められました。つまり、発がん性の疑いがあるということです。

輸入果物 危険 は農薬だけではありません。このように防カビ剤などもあるのです。

輸入量が多い果物はこちら

輸入量 多い果物

  1. バナナ
  2. パイナップル
  3. キウイフルーツ
  4. オレンジ
  5. アボカド

輸入果物 購入時の注意点

有機栽培で、しかも適正な賃金をもらっている人達が働いている農園の果実を購入するようにします。この場合、やや割高になるのは言うまでもありません。

メロンは農薬の使用が比較的少なくて栽培されるので安心度が高いフルーツです。
また、メロンの 甘味成分が疲労回復に効果があります。

輸入果物 増加

輸入のキウイ、ブドウ、リンゴが売れています。果物全体の消費量がゆるやかに減りつつある中、今年に入って、この3品目は輸入量がいずれも前年同期比2桁の増加率をです。手ごろな価格、食べやすさなどが消費者の心をつかんでいるほか、高度な販売戦略が現代の流通構造に合っていることも、好調の背景にあるようです。

農林水産省によると、ブドウ、キウイ、リンゴとも昨年の輸入量はその5年前より60%以上の増。今年も1~8月の輸入量は、前年同期比でブドウは33・4%、リンゴは29・4%、キウイは14・5%増えている。

果物の輸入商社、船昌商事(東京都大田区)ではチリ、オーストラリア、米国、メキシコの主に4カ国の産地リレーでブドウを通年で輸入。種がなく皮ごと食べられるものが主で、品種ごとではなく緑、赤、黒と果皮の色別で販売しているとのことです。

お店では彩りがキレイな 輸入果物 が並びますが、輸入 果物 の危険性もよく理解した上で購入したほうがいいでしょう。

野菜・果物

漬け物 添加物使用基準値オーバーがあったことも

漬け物 添加物使用基準値オーバーがあったこともありました。

再利用で添加物量が大幅増加することも

束京都衛生局の人のつぶやきです。「あるメーカーの漬物から添加物が使用基準をオーバーして検出され、食品衛生法違反になったのですが、メーカーは「そんな量は絶対に使ってない」と主張しました。それでよく調べてみると、そのメーカーは他社製品の売れ残りを安く引き取り、再加工して販売していたというのです。

それで、前の会社が使っていた添加物も加わり、使用基準をオーバーしてしまったのです」これは数年前に聞いた話ですが、このメーカーの商品はスーパーでも普通に売られているのだそうです。

どうやら、こうした「再利用」は、食品業界で広範囲に行なわれていると見たほうがよさそうです。

その中でも、漬物などはそうした「再利用」が最もやりやすい食品とも言えます。漬物の原料は大半は中国産だが、パック詰めは国内で行ない、「国産」として売られているものが多い。そのパック詰めのときに、他の売れ残り商品を混ぜ合わせることも不可能ではないでしょう。

2006年1月から2007年7月の間だけでも、漬物の原料となる中国産食品で、食品衛生法違反になった主な食品は、たくあん、ザーサイ、テンゲンサイ、メンマ、ラッキョウ、山くらげ、タケノコ、ショウガ、レンコン、ゼンマイ、唐辛子の醤油漬け、ニンニクなど多数にわたります。安心して食べられる漬物はどこにあるのでしょうか

購入時の注意点

漬物は単品ものの純国産品を。「道の駅」の漬物も中国産の場合が非常に多いため、頭から地元産と思い込まないで、よく表示を見て買うことです。

大森屋 漬物 たくあん 沢庵 浅漬け 甘口

国内産青首大根を、色鮮やかに甘口のアッサリ味に漬け上げました。
お子様にも大人気のお新香(浅漬け沢庵)です。

気になる汚染物質や残留農薬、食中毒の除去に役立つ野菜の汚れ落としの「SCS」

最近問題の汚染物質や残留農薬、夏に多発するo-157などによる食中毒。水洗いだけでは心配な食材を効果的に洗える洗浄液。北国に生息するホッキ貝の貝殻を焼成し、水溶液にした食品専用の洗浄液です。
野菜や果物・肉類や魚介類に付着した雑菌や農薬を簡単に落とせます。

使い方は、原液を水で薄め(2リットルの水に計量キャップ1杯(15ml)、その中に食品を数分浸け置くだけ。水洗いでは取りきれない農薬、防腐剤、ワックス、表面の汚れなどが洗浄液に溶け出し、除去されます。本製品は、厚生労働省より天然食品添加物として認可を受けている成分を使用しているので、安心してご使用いただけます。

効能・効果
食中毒菌(大腸菌・サルモネラ菌・腸炎ビブリオ菌等)の除去、鮮度保持効果、残留農薬除去効果、その他汚れ除去。
ご利用方法
水道水にSCS溶液を必要量混ぜて食材をつけ置きしてください(2リットルの水に計量キャップ1杯(15ml)

野菜・果物