セッケンの安全性の本当のところ

セッケンは環境にいい

セッケンの原料は古くは獣脂が使われましたが、現在はほとんどが天然の植物油となっています。動植物の油脂は炭素が直鎖状に連なった高級脂肪酸(炭素数が多いことを高級といいます) のグリセリンエステルです。
エステルはアルカリの作用によって酸のアルカリ塩とアルコール(グリセリンもアルコールの一種) に分解されます。これをケン化といいます。セッケンを製造するとき、油脂に灰が混ぜられるのは、灰に含まれるアルカリ分によってケン化を行なうためです。
ケン化とは漢字では鹸化と表わすように、もともとセッケン(石鹸) 製造の技術から知られるようになった化学反応です。セッケンが環境にやさしいといわれるのは、自然の中で分解されやすいからです。

一方、石油化学製品である合成洗剤はなかなか分解されず、生態系を破壊し環境汚染をもたらします。

界面活性剤入りは危険

合成洗剤の主成分である界面活性剤の人体への毒性、環境への悪影響が広く知られるようになって、洗濯用・台所用洗剤として粉セッケンが見直されるようになりました。しかし、洗濯用や台所用のセッケンにも界面活性剤が含まれているものがあるので注意が必要です。家庭用品品質表示法では、洗剤はその成分によって表のように示すよう定められています。
しかし、純セッケン分( 石けんまたはカリ石けん) が100% のセッケンにも、各種添加剤が含まれるものがあります。
化学物質過敏症、アトピー性皮膚炎などのアレルギーの原因にもなりかねないので、合成洗剤はもちろんセッケンも安易な使用はしないことです。幼児や痴呆性老人が、粉末あるいは固形セッケンを誤食するという事故はしばしば発生します。
吐き出したりするので大事には至りませんが、セッケンにもやはりタンパク質変性作用があるので下痢や腹痛などの症状が現われます。とりわけ殺菌作用のある薬用セッケンは、セッケンの名がついていても、界面活性剤はじめ皮膚障害の原因となる各種の化学物質が加えられています。誤飲はもちろん目に入ってもかなり危険なので、幼児の手の届かないところに置く必要があり、湿疹、かぶれが現れたり、目などへの違和感を感じたらすぐに使用を中止します。
無添加の安全セッケンはこちら。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください