低カロリー甘味料は安全か?

天然甘味料だから安全というのは誤り

砂糖が昔ほど高価なものではなくなった現在では、料理や菓子、ジュース類に加えられる砂糖の過剰摂取のほうが間遠になり、先進国においては低カロリー甘味料の需要が高まっています。
低カロリー甘味料は天然系のものと合成系のものに大別されます。しかし、天然系の甘味料だから必ずしも安全というわけではありません。不純物の含まれる低純度のものは、消化器障害や内臓障害を起こすことが報告されているからです。主な低カロリー天然甘味料および合成甘味料としては次のようなものがあります。

低カロリー天然甘味料

ステビア

熱帯アメリカに分布するキク科の植物ステビアから採った甘味料。その成分であるステビアサイドの甘みはショ糖の200倍。ノンカロリーということで清涼飲料水や菓子類に多用されています。

カンゾウ(甘草)

多量摂取で循環器系の障害、内臓障害が現われることが報告されています。変異原性の疑いももたれています。

合成甘味料

サッカリン、サッカリンナトリウム

トルエンを原料として化学的に合成される甘味料。ショ糖の500倍の甘味をもつため、戦後の砂糖不足の時代に多用されました。毒性は、発ガン性が指摘されて一時期使用が禁止されましたが、すぐれた代替物がないためすぐに再び認可され、糖尿病食などに利用されています。(低純度のものが危険で、高純度のものは安全ともいわれます)

アスパルテーム

アミノ酸が3個つながったペプチド。甘みはショ糖の200倍です。サッカリンにかわり、清涼飲料水、アイスクリーム、菓子類などに使われています。
毒性は、動物実験で白血球の減少、カルシウムの排泄量の促進による骨格異常がみられるほか、発ガン性があることが確認されています。また、フェニルケトン尿症(必須アミノ酸フェニルアラニンの代謝がうまくいかない病気)の新生児が摂取すると、脳に障害を起こす危険性があります。

ソルビトール(D-ソルビット)

海藻類やナナカマドの果汁などに含まれる糖アルコール。甘味料としては天然原料から製造される半合成品が使われます。甘みはショ糖の60% で、菓子類、菓子パン、ハム・ソーセージ、練り歯磨きなどに添加されます。
毒性は、ほとんど無害とみられていますが、大量摂取では下痢などの症状が現われることが報告されています。


低カロリー甘味料は安全か?」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 食品の焦げ、添加物を避ける | ガンの予防対策と増殖抑制作用を高める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください