鹿の子切り

食材の表面に格子状に切れ目を入れる方法。イカやこんにやくに多用される切り方です。火を通して全体が丸まると切れ目がきれいに開きます。
「鹿の子」とは小鹿の背中にあるまだら模様のこと。味が染みこみやすくなるとともに、不安成分の溶出にもつながります。少しななめに包丁を入れると「松笠切り」になります。

  • 赤貝
  • イカ
  • こんにゃく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください