サックサックの揚げ物 の油は トランス脂肪酸 まみれ

サックサックの揚げ物 トランス脂肪酸まみれ です。本当に新しい状態の油で揚げ物をした場合、サクッと揚がるのは最初のうちだけです。2つ、3つと揚げていくうちにだんだん油が劣化してきて、サクッと揚がらなくなるのです。

揚げ物をしたことがあれば誰もが経験していることでしょう。それをサクッと揚がる状態に戻すために、家庭では差し油をしたりしますね。油の温度がまた上がったところでもう一度揚げると若干戻ります。

それを一挙に劇的に戻す方法があるのです。それがショートニングを揚げ油に加えることなのです。そっすると一気にサクサク感が戻ってきます。

サックサックのフライのリスク

サックサックのフライのリスク

家庭レベルで、衣にマヨネーズを加えるとサクサクになるという秘法もあるようですが、市販のマヨネーズはそれ自体がトランス脂肪酸の塊ですから、ショートニングと同じような成分が含まれているため、同じ効果が期待できるわけです。

多くのトンカツ屋チェーンの調理マニュアルには、揚げ油にショートニングを入れることが書かれています。それは使用開始からの時問で決められているのですが、油が劣化してきたらショートニングを入れることが指導されています。

もともとショートニングと同じような皆の悪い油を使っているのに、さらにショートニングを投入するのです。マニュアルに従って皆やっていることなので、誰が揚げてもサクサクッとした感じになるわけですしかし、その揚げ物はトランス脂肪酸まみれです。それで、私は余程信頼できる店で揚げられた物以外、揚げ物は食べてはいけないと常々注意しているのです。

食べない物の1つに、立ち食いそば屋の天ぶらがあります。あのようなところでは店でなど揚げていません。それなのに、いつまでもサクッししている。たいてい工場で揚げた物が店に届きます。

工場で揚げたのはいつなのか。それが運ばれて客の口に入るまでに、何時聞かかっているのか。家庭で揚げ物をしてみれば分かりますが、何時間も経たないうちに衣が湿ってベチャッとした感じになります。

それをあのようなサクサク状態にキープできるという衣は、衣のほうにも怪しい仕掛けがあるということです。しかも、危険なショートニングで揚げている。だからこそ、あのサクサク感が保てるのでしょう。

どれほど毒性があるのか分かりません。立ち食いそば屋の天ぶらは、絶対に食べJ欲しくない食べ物の1つです。余程しっかりした店以外で揚げ物を食べる恐ろしさを、もっと広く認識してもらたいと思っています。店で揚げていることを確認できない揚げ物は口にしないのが賢いということです。

OKメニューNGメニュー

揚げ油 危険性 老化と病気リスクを高める

揚げ油 危険性 老化と病気リスクを高める

揚げ油 危険性 老化と病気リスクを高める ので注意しなければいけません。揚げ物に使われている油の危険性についてはさまざま言われていますが、じつはこれだけではなくて、もうひとつの危険性を指摘しておきたいと思います。
おいしい揚げ物はサクッとこんがり揚がっていて、きつね色をしています。あの色は、メイラード反応( 褐変反応 ) と呼ばれる反応が起きていることを示すものです。加熱によって物質が極度に劣化してしまった状態です。

揚げ油 危険性

揚げ油 危険性

そういう物を身体に入れるということは、それだけでリスクがあります。トーストも、あまりこんがり焼いた物を毎日食べるのはよくないですし、ご飯のおこげも頻繁に食べるのはやめたほうがいいでしょう。

もっとよくないのは、魚や肉などたんばく質が焦げてしまった物。油でこんがり揚げた物も同じことです。

その毒性を消すために、体内で抗酸化物質を大量に使わなければならなくなるのです。身体が自分を守ろうとする働きが自動的に起きます。ですから、もし揚げ物を食べるなら、それに見合うだけの抗酸化物質が身体の中になければ駄目なのです。

ところが、現代人の食生活では、野菜も不足しがちですし、抗酸化物質は足りていません。それでも、1ヶ月に1度くらいの頻度ならそれほど影響はないかもしれませんが、頻繁に揚げ物を食べている場合、それを無害化することができなくなっていると思ってください。それは積もり積もって、各細胞の劣化、つまけ急激な老化に繋がってしまいます。

揚げ物を食べる頻度が上がれば上がるほど、老化が進み、病気になるリスクが増大していると認識しなければなりません。

ましてや、本来飲食店でもないコンビニやスーパーマーケットで、それほどの専門知識を持っていないであろうスタッフが調理した揚げ物を食べる、などというのは考えてみれば恐ろしいことです。

飲食関係の仕事をしている仲間たちもほとんど食べません。それには食べない理由があるわけです。何も知らない消費者だけが食べているのです。

全てとは言いませんが、トンカツ屋のチェーン店のようなところも、実態を知ったらとても食べられたものではありません。使っている油も肉もひどいものですし、不衛生極まりありません。

でも、揚げてしまっているので少々のことは分からないのです。あまりにも毎日のように異常に揚げ物が食べたくなる人は、そもそも、よい油が不足しているのではないかと疑ってみてください。

意識的に摂らないと不足しがちなオメガ3脂肪酸を、亜麻仁油やえごま油(良質なものに限る)、青魚(ただし生で) などから補うと、ほとんどの揚げ物好きは見事に解消されます。

実はそれほど揚げ物が食べたかったわけではないということに気づくのです。身体は、揚げ物ではなくオイル、それもオメガ3脂肪酸を求めていたということが分かります。

油を味方にする、現代人はオメガ9 系を積極的に摂ることで効率よく健康的に痩せる オメガ3、6、9について

それでもなお揚げ物が食べたいという場合、もしも、揚げ物に見合った量の酵素を摂取できる分の野菜を食べようと思ったら、どのくらい必要でしょうか。

揚げ物には中身もありますから厳密なことは言えませんけれども、目安として、重量ベースで揚げ物1に対して最低でも10の新鮮な生野菜が必要だと覚えておいてください。100 gの揚げ物を食べるなら、1 kgの生野菜も一緒に食べなければならないということです。これはスゴイ量です。

抗酸化物質の蓄積が十分にある人ならそれほど摂らなくても大丈夫かもしれませんが、揚げ物を頻繁に食べている人は、体内の抗酸化物質は消費し切っているということですから、そのくらい野菜を大量に食べないと埋め合わせできないと考えたほうがいいのです。

1 kgの生野菜など摂るのはほとんど不可能ではないでしょうか。つまり、揚げ物は量を減らすに越したことはないということです。一般に、高温で調理すると、その素材が持っているたんばく質が変成を起こしてしまう問題も生じます。

野菜にもたんばく質が含まれていますから、高温になれば変質します。それをたまに少量食べたからといって大きなダメージになることはないのですが、日常的に連続して食べるのは得策ではありません。

もしも調理法を選ぶことができるなら、蒸す、あるいはゆでる方法がベストです。蒸す、茄でるという調理法では、基本的に水の沸点である100度を超えません。残念ながら酵素は失活(活性を失うこと) してしまいますが、安全な温度帯で調理できるところがメリットなのです。

野草酵素 野草原液「酵素八十八選」 720ml

 

 

コンビニ サラダ 危険性 手軽なサラダは食べても意味がない

コンビニ サラダ 危険性 手軽なサラダは食べても意味がありません。野菜を食べようとコンビニのサラダを食べるのは今日からやめましょう。コンビニサラダ 危険性 についてこれか説明します。

サラダは鮮度が命ですが、コンビニサラダ の鮮度はゼロです。彩りがいいキレイなサラダに見えますがサラダは鮮度が落ちると栄養も同じように落ちます。コンビニサラダはそして酸化しないように薬品を使います。薬品まみれです。栄養が落ちているだけならいいのですが、わざわざ体に添加物を入れる必要があるでしょうか。

コンビニエンスストアという業態について考えてみたことがありますか?。とても便利で毎日利用している人もいるでしょう。コンビニを利用するのが当たり前になっている人にはとても大事かもしれません。

都市部で生活している人にとっては、生活の一部になってしまっていますし、郊外や田舎で生活している人にとっても、コンビニがあることで助けられている部分が大きく、消費者にとって、文字通り便利で欠かせない存在になっていると思います。

支払いもできれば宅配便の窓口の代わりもしてくれ、コンサートのチケットも買える。昔に比べてサービスの幅が広がり、便利なことこの上ないありがたい業態です。

便利( コンビニエント) に使えることが主眼なわけですから、その使命を忠実に追求してくれている点で、すごくいい業態だと思うのです。なくなって欲しくないですし、大いに発展してもらいたいです。

コンビニ 生鮮食品 不向き

ただ、食品、特に生鮮品の販売には向いていません。扱う商品については、今や限界を超えていろいろな物にチャレンジしているわけですけれども、この業態に合った販売品目という物があってしかるべきだと思うのです。

そういう意味で、生鮮品はコンビニで販売するのに向いていません。鮮度が命のサラダなんてなおさらです。流通のことだけでも考えてみましょう。

コンビニ サラダ 危険性

コンビニ サラダ 危険性

コンビニ各店舗であのサラダを作っているわけではないことは誰でも分かると思うのですけれども、では、どこで作られ、どのぐらいの時間をかけて店に運ばれてくるのでしょう。しかも店に並べられたあと、廃棄されるまでにどのぐらいの時間があるのでしょう。

それを考えただけで、鮮度という物が分かると思うのです。サラダというのは、何よりも大事なのが鮮度ですから、そういう観点からすると、コンビニでサラダを買うというのは、最も愚かな消費行動と考えなければなりません。

工場で作られてパッケージされ、ビニール袋に入ったドレッシングが別添で付けられた物が大量にトラックに積み込まれて、各店舗に降ろされていくその時間の経過を考えたら、最も新鮮であるべきサラダは、経時変化によってどんどん劣化してしまっています。そんな物を食べてもしようがないと思うのです。

ですから、コンビニエンスストアのほうも、もういっそそういう物は売らないと決めてしまったほうが手っ取り早くていいと思うのです。

すべての面において損失ですから。食べても意味がない物を作ること自体が無駄ですし、そんなことを繰り返すことにも意味がないので、もう売りませんと潔く決断したほうがいいのです。

そういう方向に持っていくためには、消費者側から先に動かなければなりません。売るほうは、消費者が買ってくれると思えば作って売りますから。

コンビニサラダ 工場での工程

コンビニサラダの工場での工程を知れば コンビニサラダ 危険性 がわかるはずです。鮮度が落ちているサラダというだけではないのです。その 鮮度 を保つために私たちの体に入れては危険な薬品がさまざま使われているということです。

  1. 加工される野菜は、まず土や微生物を落とし、品質低下を防ぐため涼しい場所で地下水や水道水によって予備洗浄されます。この段階で徹底的に洗浄を行うことで、殺菌した場合とほぼ同様の効果が得られます。
  2. より殺菌効果を高めるためカットの前や後、もしくはその両方で野菜の殺菌洗浄が行われます。この時、殺菌剤として使われるのが次亜塩酸ナトリウムという薬剤で、国が安全性を保障し使用を許可している食品添加物です。
  3. また、野菜の変色を防ぐためPH調整剤と呼ばれる食品添加物が使われることもあります。
  4. 殺菌剤を流すために水洗浄後、袋やプラステイック容器にパック詰めされ出荷して、各店頭に並ぶ。

コンビニサラダ 食べるな リスクでしかない

結論としては、コンビニのサラダは食べないほうがいい食品です。そこに早く気づいて、賢明な行動を取ってください。そうすれば、コンビl三ンスストアのほうも「これ、売っても意味がないな」ということにすぐに気づきます。サラダが売れてしまうのでどんどんラインアップも増えるばかりです。

コンビニのバックデータは本当にすごいもので、店舗個々のデータも分析できています。消費者が買わなくなったことが分かれば、そんな商品の扱いはすぐにやめます。

コンビニにとっては何のダメージにもなりません。他の商品が売れればいいのですから。コンビニのサラダがなくなってしまったら、野菜不足が解消できなくなるじゃないかと心配する人のために、代替案を提案しておきたいと思います。

脱 コンビニサラダ 家から野菜を持って行こう

それは、生の野菜をきちんと買うということです。生の野菜を買って、キュウリならそのまま1本、レタスなら葉っぱをちぎってササッと水洗いしてポリ袋に入れ、学校にでも職場にでも持っていけばいいだけです。

自分で食べるのですから、そんなに細かくする必要もありません。一緒に、味檜や良質な塩、しょうゆ、オリーブオイルなどを小さい容器に入れて持ち歩き、それを付けて食べるのです。

薬品漬けの栄養素の抜けたコンビニサラダより余程おいしいですし、小腹が空いたときの間食にも最適です。

お昼におにぎりを握って、大きなレタス一枚の真ん中に塩をパラパラツと振ってオリーブオイルを少し垂らして食べたりしますが、とてもおいしいです。

トマトだって持ち歩けるでしょう。生で持って行って、包丁を使わずに食べられる野菜はたくさんあります。これがそんなに難しいことだと思いますか?

そんなに大変なことだと思いますか? まったく大変ではありません。コンビニでサラダを買う必要などないのです。

弁当にしても、豆と米を合わせて炊き込んだご飯を、おにぎりにするまでもなく、「タッパーや弁当箱にぎゅっと詰めて、真ん中に穴を開けて梅干しを詰め、海苔をべタツと貼って持って行けばいいのではないでしょうか。すでに穀類と豆が組み合わさっていますから、あとは新鮮な野菜をバリバリ食べれば十分。

そこに漬物が添えられていれば完壁です。これは、かなり満足感もあります。何にも難しいことはないのです。

今はすてきな容器もたくさん売られていますから、気に入った物にご飯を詰めて持って行けばそれだけでオシャレですし、カツコイイと思います。新幹線で開けて食べても、全然恥ずかしくない。変におかずを一緒に入れなくては、などと思うから、弁当作りのハードルが高くなるのです。そんな固定観念、捨ててしまえばことがなぜできないのか、それがむしろ不思議です。

栄養バランスのことをとやかく言うのであれば、その前後の食事を充実した内容にすればいい。それできちんと補うことはできます。自分のライフスタイルを見直してみてもいいと思うのです。

コンビニ 不要 食生活 を考える

コンビニがなければ食生活が成り立たないような生き方はもうやめましょう。コンビニに頼らない。そのほうが食品事故が起きる可能性も減って、コンビニにとってもいいと思います。

サラダなどたいした利益率はないでしょうし、そんな物まで売るよりも、コンビニ本来の使命に集中してくれたほうが、消費者もより便利に使えて、八方いいことずくめです。

消費者がまず一本筋の通った自分のライフスタイルを構築することが肝心です。その消費者の生き方に合わせてコンビニのかたちも変わっていくのだと思います。

減農薬の野菜なら安心ではない時代