「隠し包丁」染みこんで 不安成分は溶け出す

味が染みこみやすくなるように、食材に包丁で切れ目を入れる方法です。これによって火の通りもよくなります。料理が出来上がったとき、ほとんどわからない程度の切れ目のため、「隠し包T 」と呼ばれています。
切れ目が入ることによって、不安成分が溶け出しやすくなるので、除毒テクニックとしても有効です。

  • こんにゃく
  • ダイコン
  • なす

など。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください