不安はワタに集中しっかり取り除く「エビ」

天然の場合、海の汚染物質の蓄積が、養殖の場合、抗生物質などの薬品の残留が不要です。いずれの不要物質も、背ワタに凝縮していると考えられます。

  1. 殻がついた状態で、流水の下でよく洗う。表面に付兼した不安物質を落とす。
  2. 頭と尻尾のあたりをまとめて持ち、背を丸める。殻と穀のあいだに竹串を入れ背ワタを取る。
  3. 足から胴体のほうへ穀をつまみあげてむく。むき身の場合は、片栗粉でもんだあとよく洗うとよい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください