OKメニューNGメニュー」カテゴリーアーカイブ

真っ白なシュークリームはトランス脂肪酸

最近は、姿かたちだけは高級店のケーキとさして遜色のない安いケーキがあります。ところが、そういうケーキに使われている原材料は、雲泥の差と言ってもいいぐらい高級品とはまったく違います。

まず何が一番違うのかというと、クリームです。安物のショートケーキに使われているクリームは、実は乳製品ではありません。植物性のクリームと言われる物で、「クリーム」と呼んでいいのかさえ危ぶまれる、トランス脂肪酸の塊です。

真っ白なクリーム

真っ白なクリーム

今や、安く数を売りたいというケーキ屋が多くなってきたようですので、職人がクリームを立てるということは少なくなっていると思ったほうがよいでしょう。

クリームを立てるというのは、本来、ケーキ職人にとっては重要な仕事の1つなのです。満足にクリームも立てられなければ、いっぱしの職人にはなれないわけです。

立て方によってクリームの出来は全然違いますから。自動的に撹拝できる機械を使っている店ももちろんありますが、自分の身体が入ってしまうのではないかというぐらい大きなボウルで立てていくわけで、機械にしろ人力にしろ、クリームを立てるのが大変な作業であることに変わりはありません。

しかし、そんなことはもう今はほとんどやりません。搾り袋に入ったクリームが問屋から冷凍で店にそのまま届くのです。店では使うときに解凍して搾り出すだけ。

要するに何もしないのです。泡立てた状態のクリームが一度冷凍になり、解凍しても泡立ったままというのは不思議ですが、安定剤みたいな物が入っているため、そのままなのです。

ですから、搾なるだけでケーキのクリームとして使えます。舐めてみれば明らかに生クリームでないことは分かるのですが、本物の生クリームを食べたことがない人には、それさえ分からないでしょう。

主な材料はパームオイル。パームオイルは、マーガリンやショートニングの原材料として使われることでも有名です。

パームオイル自体は泡立たない植物性の不飽和脂肪で、それに泡立たせる薬品、乳化剤など様々な添加物を加えて工場でガーツと撹拌します。あとは香料、それに白い色を付ける着色料が加わります。

本物の生クリームと植物性のクリームの色には、若干違いがあるのです。植物性のほうが真っ白な感じで、本当の乳製品のクリームはほんのり黄色みを帯びています。本物を見慣れている人は、植物性のクリームは真っ白だという印象を受けると思います。

微妙な差ですけれど、クリームを普段からよく目にしている人なら遠いが分かるでしょう。

この植物性クリームの原材料は、実はほぼコーヒーフレッシュと同じです( つまり、コーヒーフレッシュも危険な食品です)。

が、泡立てたままにする必要があるので、さらに添加物が加えられているのです。本物のケーキ職人なら、生クリームには相当気を遣うはずです。立て方が下手だとケーキを作ったときに「ダレ」 てしまい、何ともいえない残念な感じになってしまいます。仕上がりの美しさは損なわれますから、職人にしてみるとそういうケーキは売りたくないのです。

ですから、クリームを立てるというのは一仕事で、きちんと修業をしていたものなのですけれども、今やそんなところに誇りを持つ職人も少なくなっでしまいました。

植物性クリームにはトランス脂肪酸が大量に含まれていますけれども、アメリカでは2018年以降、加工食品にトランス脂肪酸は基本的に使用禁止ということが決定されましたので、かなり厳しい規制がかかるようになります。トランス脂肪酸は安全ではないとアメリカ食品医薬品局(FDA)が裁定を下したためです。

トランス脂肪酸というのは糖尿病、心臓病、脳血管系の病気、クローン病という腸の病気など、様々な疾病の原因になっていると長い間指摘されてきましたので、遅きに失した感はあるもののアメリカの措置は正しいと思います。

やはり、人間の健康は圧倒的に食べ物の影響を受けています。悪影響が明らかになっているトランス脂肪酸はできるだけ摂らないに越したことはありません。

食事では、マーガリンやショートニングなどのトランス脂肪酸を摂らないように気を遣っている人も、ケーキ類は意外と安い物を買っていたりします。ロールケーキなども、たっぷり使われている中のクリームは劣悪な植物性クリームである可能性が高いです。せっかく食事に気を遣っていても、これでは何の意味もないことになりかねませんので、クリームたっぷりのケーキはあまり頻繁には食べないほうがいい。もし食べるなら、職人が作るきちんとした店のケーキを少量、それもたまにという程度がちょうどいいのではないでしょうか。

焼き菓子にしても大量に食べてはいけませんけれども、植物性クリームたっぷりのショートケーキにするくらいなら、焼き菓子のほうがまだましです。

ただし、クッキーの類にもマーガリンやショートニングなどトランス脂肪酸が大量に使われているケースがありますから、そこは確認してください。

せっかくショートケーキをやめてクッキーに替えても意味がなくなってしまいますから。裏の表示を確認して「マーガリン」「ショートニング」とあったらやめておきましょう。ショートケーキが好きなら、自分で生クリームを立てることを勧めます。

最近流行りのシフォンケーキを買ってきて、生クリームを立ててフルーツでも添えて一緒に食べれば、自家製ショートケーキみたいな物です。ただ、本物の生クリームは乳製品ですから、これまた大量に食べていい物ではありません。

摂取量には気を付けなければなりませんが、自分で作ったほうがはるかに安全です。ちなみに、ショートケーキがなぜ「ショートケーキ」という名前なのかというと、もともとショートニングを使って作られていた物だからです。

マーガリンにもトランス脂肪酸が含まれます。

マーガリン

「油の害」危険性大の揚げドーナツ

酸化した抽の危険性があるので、おやつ的な物も抽で揚げた物はできるだけ避けるのが無難です。特にドーナツ系は、手軽に買ったり作ったりする身近なおやつであるだけに、抽の交換もあまり頻繁でなかったり、それほどいい油を使っていなかったりと、いい加減な例が多いのです。

揚げドーナッツ

揚げドーナッツ

もしも、揚げたドーナツと焼いたドーナツの二択なら選ぶことができるならば、迷わず焼いたドーナツを選んでもらいたいです。

揚げ油に添加物が多い、油揚げ

この場合、ドーナツ生地の品質の問題は考えないことにします。単純に、揚げた物か、焼いた物かというチョイスなら、焼いた物にしたほうがいいということです。そもそも、過度に熱を加えた食品というのはそれだけで危険性が高いので、あまり食べないほうがいいのです。

高温で長時間調理した物には、身体にとって毒性のある物が発生している可能性があります。小麦粉にも植物性のたんばく質が含まれていますが、少なくとも、たんばく質は高温になれば変成してしまいます。

ということは、ケーキやクッキーなどの焼き菓子も長時間オーブンで焼きますから、身体にいい食べ物ではありません。たくさん食べる物ではないということです。

良質な物を少量いただくというのが基本です。だいたい、昔はクッキーもビスケットも手作りでしたから、そんなに手軽に作れる物ではなく、貴重品だったのです。

それが工業製品化できるようになったために、袋や箱単位で大量に食べられるようになってしまった。

そこがそもそもおかしいのです。工業製品化するために安価な材料が使われるようになり、トランス脂肪酸やいろいろな添加物が使われて、いっそう危険な食べ物になってしまいました。そんな物をたくさん食べるようになってしまったので、身体にいろいろな吾が出ているわけです。パンなども、もともとはそれほど高温にして焼く物ではなかったのです。ちなみにトランス脂肪酸の代表といえば「マーガリン」です。

マーガリン

下から薪を焚く石窯では、それほど高温にはならなかったからです。240度というのがオメガ9 (植物性脂肪で不飽和脂肪酸の1つ。オリーブ油などに含まれる) の分解点ですから、220~230度以上にはしなかったはずで、それ以上にする技術もなかった。

近年、オーブンの庫内の温度が上げられるようになったのは、密閉度が高くなったからです。いずれにしても、あまりにも高温にするのは危険度が高いのです。ドーナツというのは要するに小麦の粉ですから、揚げれば大変な量の抽を吸ってしまいます。それが良質の抽であるならまだしも、劣悪な使い古しみたいな抽だったとしたら? トランス脂肪酸まみれだったとしたら?

しかも、高温調理のためにたんばく質は変成し、さらに砂糖をまぶしてあったりするわけです。どれだけ身体に悪い食べ物になっていることか。そういう食品を、子どもたちには特に食べさせたくない。焼きドーナツなら安全ということもないのですが、油の害がないだけまだましというネガティブ・チョイスで、迷ったら焼きドーナツです。

魚は練り物よりも丸ごとを

魚肉の練り製品というのは、本来はものすごく手間のかかる物ですし、材料もそれなりにいい物を使うので、かなり高価な物です。

今でも、食品添加物を使わずに魚のすり身と、塩、酒など本当にシンプルな材料のみを練り込んで、湯に通したり、焼いたりして丁寧に作っている小規模な会社のよい製品はあります。

魚

しかし、価格はかなりお高めなのです。ではなぜ、かまぼこやはんぺんといった製品があんなに安く出回っているのでしょう。

違いは材料にあります。安い練り製品には、まず質のいい物は使われていませんし、主に大豆たんばくを加えて増量しています。大豆たんばくといっても、大豆油を取るために大豆を搾った搾りカス。本来なら捨ててしまうものですから、言ってみれば産栄職乗物です。

それを加工して魚肉練り製品の中に混ぜていくと、量が増すわけです。その練り物を滑らかに仕上げるために乳化剤が大量に使われ、劣悪な素材の食味の悪さをごまかすため、うまみを増すたんばく加水分解物などの、いわゆるアミノ酸が大量に足されます。

さらに大量の防腐剤が加えられています。おからもそうですが、大豆たんばくというのは大豆から油を取っただけの物ですから、空気にも触れ、したがって雑菌もつきやすく、非常に腐りやすい。

腐りやすい魚のすり身と大豆たんばくを使った製品を売ると決めた以上、絶対腐らない物を作る以外にない。それには薬品を使うしかないのです。

一般に、魚肉練り製品というのはこのように添加物の填です。ソーセージなどもそうですが、練り製品という物は、加工の段階で肉の塊よりも空気に触れる表面積が大きいわけですから、細菌が混入する可能性も高い。

よりいっそう、衛生面で気を遣う必要がある製品なのです。昔は塩が防腐剤の役割を果たしていました。会社ごと、職人ごとにやり方は少しずつ違っていたのでしょうけれども、塩をどういう分量で、どのタイミングで入れるかということで、防腐効果に違いが出るだけではなく、味や食感が変わったのだと思います。

塩加減、手加減1つで今のような大量の添加物投入と同様の効果を得る技術を、かつての職人は持っていたのでしょう。

それでもやはり、昔のかまぼこはかなり塩辛かったのです。今は減塩が時代の趨勢ですし、塩辛いと消費者の食べる量も少なくなりますから、それでは売上につながりません。

工場の機械で大量生産する時代になって職人技は軽んじられるようになり、塩を減らす代わりに加えるべき薬品、プリプリ感を出すために必要な食品添加物などが研究されてきたわけです。

九州あたりに行くと、地元の新鮮な食材を使ったきちんとした物を出してくれる居酒屋などがあって、そうした店のさつま揚げはやはりおいしい。そういう貴重な機会があれば別ですが、今、通常手に入る練り物は危険です。もとの形がなくなつてしまった練り物よりも、できるだけ頭も尾も付いた、原形が残っている状態の魚を食べるほうが安全です。

でんぷんの量が多いものは避けたいかまぼこ