ワックス落としには焼酎を使う「みかん」

農薬の大部分は表皮とクチクラ層に残留するため、皮さえむいてしまえばほとんど不安はありません。ただし、ワックスが使用されている可能性があります。

  1. 布巾やティッシュなどに焼酎を含ませて表面をふく。これでワックスやダイオキシンを除去できる。
  2. 害物質残留の不安があるのは皮なので、むいてしまえば安心。

ワックスには人工と天然がある

みかんがつやつやと輝いているからといって、それがすべて人工的なワックスだと判断するのは早計です。みかんはもともと、乾燥をふせぐために自ら天然のワックス成分を果皮の表面に出しています。しかし、その天然のワックス成分が出荷時の水洗いなどで落ちてしまうことがあhノます。
ワックス成分が落ちると、鮮度の低下が一気に早まってしまいます。そこで、あとから人工的にワックスをかけているのです。これを落とすことが、みかんを食べる時のポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください