食品添加物はできる限り避ける

保存料、着色料、甘味料に注意

現代では、色を付ける着色料であれば、昔であれば、植物の花を使い、保存料のかわりに薫製にしたり塩漬けにすることで対応してきました。ところが、現代では、ほとんどの食品は食品添加物を使用しています。

どんな添加物があるのかどうかみていきましょう。

保存料

食べ物は細菌によってたんぱく質や脂肪などの成分が分解されると腐ってしまうので、細菌を殺したり、増殖を防ぐために使われています。保存料はちくわ、はんぺん、煮豆、チーズなどの食品に使われています。

防かび剤

外国から輸入されるグレープフルーツ、レモンなどには、防かび剤が塗られています。

着色料

色をうつけるためのものです。食品だけでなく、医薬品、口紅などの化粧品にも使用されます。

着香料

食品に香りをつけるためのもの

甘味料

甘みをつけるためのもの
食品添加物は、食べ物を腐らせずに長持ちさせることができますが、実際には大変なことが起きているのが現状です。

アメリカでは使用禁止の着色料

添加物は法律によって品質、目的、使い方、毒性テストの方法が決められています。
添加物として使用する場合は、ごく少量のため、毒性はほとんどないことから使用を認めているものがあります。
着色料については、27種類ほど認められていますが、その多くは発ガン性が疑われ、安全性の確認がとれていません。欧米では使用禁止になっているものもあります。着色料が心配されているのは、子供達が喜ぶ駄菓子です。駄菓子の70%以上には着色料が使われているのです。

特に使用で目立つのは、棒状のポリエチレンに入った色鮮やかな赤や黄色のジュースには、多くの着色料が使われています。

使われているのは、赤色二号、赤色一〇一号、赤色一〇二号、黄色4号と8種類で、赤色2号は清涼飲料水、洋酒にも使われています。
これらはアメリカでは使用が禁止されています。使用禁止の理由は発ガン物質が含まれているからです。
赤色二号だけでなく、赤色一〇二号、黄色四号も発ガン物質の疑いが指摘されています。発ガン物質としての可能性がある物質を食べ続けていれば、いずれは何らかの症状がでても不思議ではありません。

パンに含まれる添加物

加工食品、インスタント食品には

  • 亜硝酸ナトリウム…色の黒ずみを防ぐ発色剤
  • エリソルビン酸ナトリウム…酸化して変質するのを防ぐ酸化防止剤

などの添加物を多く含むものがあります。

大量生産を安価で生産できるようになったのも添加物のおかげですが、添加物の乱用は避けなくてはなりません。ハム、ソーセージなどには大量に使われています。
また、コンビニ弁当にも保存の関係から5種類以上の添加物が使用されています。
同様に大量生産のパンにもたくさん使われています。これは、製造から消費者の口に入るまでに時間がかかるために、パンを軟らかさを保つために乳化剤などの添加物が含まれます。パンを早くふっくらさせるために、臭素酸カリウムを添加している場合もあります。

添加物の有害性は、食べて直後に急性中毒のように吐いたり下痢をしたりというわけではないので、知らず知らずのうちに慢性化し、症状が出る頃には肝臓が冒されているなどとりかえしのつかない場合もあります。

亜鉛不足は味覚障害が起こる

加工食品や清涼飲料水などの常食で味覚に異常をきたしてしまう人が多発しています。
味覚異常の主な原因は亜鉛欠乏症です。食品添加物の排泄には亜鉛が使われるためです。結果、亜鉛不足になるのです。
こうしたたくさんの亜鉛が添加物排泄に使われてしまうと亜鉛不足になり味覚障害が起きるのです。
積極的に亜鉛含有サプリを摂取することも生活防衛の対処法のひとつでもあるのです。

食品添加物に気を配る

化学添加物、天然添加物

食品添加は、製造法から2つに大別されます。1つは人工的に化学合成した「化学合成添加物」。もうひとつが、天然ものから抽出した「天然添加物」。天然添加物なら安全かというとそういうわけではなく、むしろ化学合成添加物より有害なものもあります。

食品に天然添加物が1000品以上使用されていることがわかったのは1989年のことです。化学合成の添加物は、およそ350品目以上使用されています。
現在、食品には、化学合成の添加物と天然添加物の物質名などを表示することが義務づけられています。

ところが、着香料として表示されているのは、およそ150種程度で、その表示は単に「香料」と表示されるだけです。

食品添加物の見分け方は、袋や箱に入っている食品については表示をよくみて購入し、それ以外の食品については、見ただけでは専門家でも詳細はわかりません。

安全性の高い=質の高い食品を選ぶ

  • 色彩の鮮やかなものは色素が使われていると考え避けます。
  • 真っ白なものは、見た目がキレイですが、塩素や過酸化物などの漂白が使われている可能性が高いため避けます。
  • 醤油、味噌などに使われている保存料(防腐剤、殺菌剤)には注意します。過剰にとりすぎると悪影響を及ぼします。

これらの注意は最低限のことになります。添加物の表示されているものは、内容なども調べてみることが大切です。

野菜などは虫がついているもののほうが、安全だと認識しましょう。

脂肪分の多いものは極力避ける

脂身の少ない肉を選ぶ

牛肉、豚肉、鶏肉などの食肉はゴミ焼却場などから出るダイオキシン汚染が心配です。ダイオキシンは自然に放出されてしまうと、簡単には分解されない性質をもっています。さらにダイオキシンは、脂肪に溶けやすい性質を持っていますから、脂肪の多い内臓に蓄積されます。脂肪分の多いお肉は要注意だということです。

ダイオキシンで汚染された飼料を牛や豚が食べれば、当然ながら牛や豚の脂肪にダイオキシンが蓄積されていきます。

牛、豚、鶏の肉を比較すると、豚が一番脂肪が多いために、牛や鶏に比べてダイオキシン濃度が高いと思われがちですが、個体としてとられると、脂肪が多いダイオキシンの濃度が薄められれており、牛や鶏の脂身よりは豚の脂身のほうがダイオキシンの濃度は低いのです。

体に力がでないときなどのレバー(肝臓)はよいとされてきましたが、ダイオキシンを沢山含んでしまっています。もちろん、栄養も豊富なのですが、有害物質の害のほうが大きいということです。
脂肪分の多い、内臓などのお肉の常食は控えるほうが安全です。

乳製品も気をつける

肉の脂身には気をつけることが大切ですが、購入のときに脂身の少ない肉を選ぶことが大切になります。挽肉などは質の悪いラードなどを混ぜている場合もあり、見た目にはわかりづらいので注意します。外食の場合であれば、ステーキを選ぶよりもしゃぶしゃぶを選ぶ方が賢明です。お湯の中に化学物質が溶け出すためです。
さらに肉を煮たり、茹でたりしているときに出るアクの中には、化学物質が残るため、より安全といえます。
肉を煮ている最中にアクを頻繁にとることも安全性を高めます。

焼いてステーキで食べる場合にも、さっと茹でこぼしてから焼くだけでもだいぶ違います。当然、お肉は脂肪部分をしっかり取り除いておくことが大切です。

牛は肉だけでなく、牛乳やバター、チーズ、ヨーグルトなどもありますが、こうした乳製品も気になるところです。
ゴミ焼却場の周辺で飼育された乳牛から摂取した牛乳と乳脂肪分からダイオキシンが検出され、焼却場に近いほど、高濃度であることがありました。
ダイオキシンは体内に入ると、脂肪に蓄積されるので、人間の母乳もダイオキシンの汚染度が高くなるという結果になっています。
とくに乳脂肪分の多い肉やレバー同様に脂肪分の多い乳製品の食べ過ぎにもをつけなくてはなりません。

摂取エネルギーを減らすための調理の工夫なども大切になります。

お酒を毎日飲む習慣があり、なかなか酒量が減らない現役世代は、お酒もカロリー計算をすれば肥満や糖尿病は防げるなども要チェックです。たとえば、毎日の食事で私募分の少ない食習慣にかえたのにお酒で台無しにしてしまう人が多く、とてももったいないと思います。
全体をよく振り返り、ポイントをしっかり抑えることでバランスのいい食習慣になります。

魚の内臓は残す

有機水銀に汚染

1950年代前半に発生した「水俣病」は手足のしびれ、歩行困難、言葉が話せない、物が見えにくくなる、などの症状のほか、脳や神経の障害を起こし、やがては死に至るという病気です。
原因は、有機水銀を「チッソ水俣工場」が排水として水俣湾に流したことです。

湾内にいる魚や貝からは、10ppm~20ppmの有機水銀が検出され、それらの魚介類を多食する人たちが中毒症状を起こしてしまったのです。
その後、新潟でも同様の水俣病と同じ症状がでました。

有機水銀は、農薬としても使われていて、水俣病の発生でその毒性が明らかになり、1970年代に使用が禁止されました。現在は、ニュースなどでも水俣病という言葉を聞くことはなくなりましたが、工業用などのために年間約1万トンもの水銀が生産され、その50%以上は、川、湖、空気中に放出されています。
ごく希ですが、魚介類の体内からたまっている水銀が見つかるケースもあります。

環境ホルモンは内臓にも蓄積される

普段食、べている魚介類はどの程度汚染されてしまっているのでしょうか?
マダイ、さば、ニギス、かれい、たこ、メバル、うなぎ、ふな、シジミ、味などから微量ですが、水銀が見つかっています。

日本では、魚介を毎日食べても害はないとされている水銀の許容量は0.4ppmです。日本の海の中では群を抜いてキレイな島根県のマダイは、0.36ppmと許容量に迫る勢いで汚染されています。
日本の海で特に汚染がすすんでいるという東京湾や瀬戸内海などはかなり汚れていることが予想されます。

現在は、魚介類の有機水銀の不安はかなり減ったと言います。しかし検出されているのも事実です。有機水銀は魚の頭や内臓に多く残ります。

魚の頭部、内臓などは食べないようにするのが安全のためです。防衛策のひとつとしてみそ汁などのだしをとる煮干しは、頭と内臓をとってから使うようにします。ちりめんじゃこなども環境ホルモンの観点から見れば多食は避けたほうがいいでしょう。

近海魚の脂身は食べない

ダイオキシンで汚染されてしまった魚

プランクトンが小エビなどの微少動物に食べられ、微少動物がわかさぎなどの小魚に食べられ、小魚がますなどの大きい魚に食べられ、大きい魚をかもめなどの鳥が食べる。という食物連鎖があります。

ここで、問題なのは、各段階で起こる「生物濃縮」。環境ホルモンのように脂に溶けやすい物質は、食物連鎖が続くにつれて体内に蓄積される濃度が高くなっていきます。

東京湾の海水や海底の泥、さらには母乳からも検出されているPCB(ポリ塩化ビフェニール)の場合、小魚がPCBを体内に取り込んだプランクトンを食べれば、小魚の体内のPCBは、プランクトンの体内に入っていった濃度より何倍、何十倍にもなり、それが食物連鎖によって人間が食べるときには、想像を遙かに超えた濃度になっているというわけです。

魚にはダイオキシンの問題があり、焼却炉から出たダイオキシンは大地にしみこんで、雨などによって、池、川、海などに流されて、最終的に沿岸部の改訂に堆積します。ダイオキシンは堆積物の粒子と結びつき、ほとんど沖へ流されていくことはありません。つまり、沿岸部の海底にどんどんつもっていくので、沿岸部にいる魚は、ダイオキシンに汚染されやすいというわけです。遠洋の魚が必ずしも安全とはいえませんが、汚染度は低くなります。

ダイオキシンは脂に溶けやすい性質のため、魚の脂身に他の部分より多く含まれている可能性があります。
日本は、周囲を海で囲まれており、昔からの魚介類を多く摂取してきました。魚を食べる習慣が根付いていますので、魚を食べないようにする。というのは現実的でないので、PCBやダイオキシンの汚染を考えると近海の魚の脂身は避けるようにします。

缶ジュースを購入するときは、缶に気を使う

アルツハイマーとの関連性を指摘する声も

缶ジュースは様々な問題を抱えています。ジュースには使用された合成添加物の表示が義務づけられています。果汁100%と書かれているジュースでも食品添加物のビタミンC(酸化防止剤)などが使用されています。

サッカリン、アスパルテームなどの甘味料、赤色、青色、黄色などの着色料、安息香酸ナトリウムなどの保存料のほか、安定剤、酸味料などの多くの食品添加物が使用されています。

その商品によって使われている食品添加物は多少異なりますが、多くの缶ジュースには、食品添加物が入っています。当然、大量に摂取すれば、添加物もたくさん体内に入り込んでしまいます、糖分も同様です。

また、ジュースが入っている容器の缶にもアルミニウムやスチールが使われていて、アルミニウムの場合には、体内に入り込んでしまった場合、排出されずに蓄積されてしまいます。

アルミニウムは、アルツハイマーとの関連性が言われ、体内のアルミニウム濃度が高いとアルツハイマーになる確立が高いとも言われています。

また、歯周病の原因は缶コーヒーではないかと言う専門家もいます。缶コーヒーには、多量の糖分とリンが含まれており、歯周病の原因としてリンの多量摂取があります。

缶の底が白色のものは安全性が高い

缶には内側にコーティングされている塗料や樹脂などの問題があります。缶の内面塗料の添加物の可塑剤、フェノール樹脂、エポキシ樹脂からは環境ホルモンが溶出する心配があります。

しかし缶によっては、環境ホルモンをほとんど含まないポリエステル・フィルムがコーティングされているものもあります。
この環境ホルモンを含む、含まないを見分ける方法があります。
スチール缶で缶の底に蓋のない一体型になっており、缶の底が銀色でなく白色になっているものは、環境ホルモンを含みません。購入の際には気を配ってみる必要があります。

缶詰はできるだけ避ける

原材料にスズが溶け出す場合も

缶詰は、食物を密閉した後で加熱殺菌を行い、長期保存に耐えられるようにします。
缶詰の種類の中には、佃煮のように加熱して熱いうちに缶に詰めて余熱で殺菌したり、油漬けのように加熱殺菌せずに缶に詰めるものもあります。

これらの缶詰は、内容物の品質に問題は生じなくても、コーティングに問題があります。ほとんどの缶詰は、缶のスズが溶け出さないように内側のコーティングを行います。コーティングによって色、香りに変化が起きるのを抑制し、ビタミンCの減少も防ぎます。

スズはその他の重金属とは異なり、摂取しても内臓に蓄積されなずに体外に排出されるといいますが、過去に原料水が原因でスズが大量に溶け出し中毒になったという事故が起きています。これは原料水に含まれている硝酸イオンのためにスズが溶け出してしまったのです。

以来、国産の缶詰については、水についても安全性が確立されていますが、輸入の缶詰に関しては安全性は確立されていません。

ビスフェノールAの汚染

缶詰の内側は、環境ホルモン疑惑物質であるビスフェノールAを原材料としているエポキシ樹脂でコーティングしています。そのビスフェノールAが缶詰の内側に溶け出しているのを、スペインの大学研究グループで突き止めています。
長時間ビスフェノールAにふれていた職員は汚染されている可能性が高いというのです。

また、缶詰にはビスフェノールA以外でも問題となっているものがあります。化学調味料の乱用です。着色料などには発ガン物質も報告されています。購入の際にはきちんと確認する必要があります。

缶詰は中身が見えない分、品名、原材料、賞味期限、販売元などをよく確認した上で購入したほうがいいでしょ。また、食べ過ぎないことも大切です。

カップ麺はそのままお湯を注がない

カップ麺の容器は危険なスチレン

カップ麺は、子供から大人まで人気の商品で、様々な種類が販売されています。値段も安く購入しやすく、さらに保存がきく、おいしいとくればどの家庭でも購入します。

カップ麺には食品添加物の問題がありますが、もうひとつ忘れてはならない問題をかかえています。それは容器です。カップのほとんどが発砲スチロールでできています。最近は、紙タイプのものも売られていますが、まだまだ発泡スチロールのほうが多く使われています。

発泡スチロールの原料は「スチレン」ですが、このスチレンの分子が二つくっついた「スチレンダイマー」と三つくっついた「スチレントリマー」には内分泌攪乱作用があります。

カップ麺の容器やポリスチレンのトレイなど25種類を調査したところダイマーやトリマーが検出されています。

別の調査では、熱湯を注ぐことにより、フタル酸エステルなどの環境ホルモンの溶出が報告されています。環境ホルモンは油に溶けやすく、めんに油が含まれているので、もっと多くのスチレンダイマーやスチレントリマーが溶け出している可能性も否定できません。

ポリエチレンをコーティングした容器はまだまし

カップ麺には食品添加物と容器の問題の両方を抱えているので、食べ過ぎには気をつけなくてはなりません。
カップ麺を食べる場合には、発泡スチロールの容器に熱を加えることが一番の問題なので、お湯を注ぐ段階から別の容器に移してから食べるようにします。
発泡スチロール製のカップ麺は、通気性がいいので袋麺よりも酸化が早く体にはよくありません。そこで湯揚げ麺は極力避け、ノンフライの「生麺」を選びます。さらにカップ麺の中には、紙製で害がないといわれているポリエチレンをコーティングした容器もあります。

電子レンジにはプラスチック製の容器厳禁

ポリカーボネート容器から溶け出す環境ホルモンの危険性

日常的にプラスチックを素材とする容器が非常に多く使用されています。スーパー、コンビニなどでは、肉、魚、総菜などの食品、弁当、電子レンジで調理する食品、ファーストフード、インスタント食品などかなりの数になります。

プラスチック素材での問題は、学校給食や病院の食器などに使われるポリカーボネートという容器です。この容器からは、ポリカーボネートの原材料で環境ホルモンとされるビスフェノールAが溶け出していることが判明しました。

ポリカーボネートは、落としても割れにくく、コップやお皿などの食器のほかにほ乳瓶、カメラのボディ、電動工具などに使用されています。

コンビニ弁当を電子レンジで温めている人がたくさんいますが、あれは、いますぐにやめるべきです。弁当の中には油を使った総菜があるのでビスフェノールAは、熱湯、油、酢、アルコールに溶け出します。お皿に移してから電子レンジに入れるか、お皿がない場合は、冷たいまま食べるようにしましょう。環境ホルモンを体内に取り込まないための防衛方法です。
コンビニ弁当だけでなくプラスチック弁当は温めないほうが賢明です。

コンビニ弁当は電子レンジ厳禁

電子レンジには、温度だけでなく電磁波も大量に発生してしまいます。電磁波が内部から加熱するため、熱に弱い成分が分解することで加熱されますが、危険性が高くなります。

スーパーなどで「電子レンジで温めても大丈夫です」と書かれている容器は、容器自体が電子レンジに耐性があるということであって、化学物質が出ないことを言っているわけではないので注意が必要です。電子レンジOKという容器は、ほとんどプラスチック製ですので電子レンジで温めるのは厳禁です。
お弁当などは一度、陶器やガラスの容器に移してから温めましょう。陶器やガラス容器もサイズが様々なセットがあるので一度揃えてしまえば環境ホルモン対策にもなります。

塩ビ系ラップで包装されている食品は買わない

塩ビ系を減らす努力

ダイオキシンは、塩素を含むプラスチックのゴミを焼却することで大量発生します。そこで、塩化ビニール、塩化ビニリデンなどの塩素系プラスチックを使わない運動が盛り上がりを見せ全国的にも広まっています。

塩素系プラスチックの生産量は莫大な量になり、加工食品の包装材、ビニールの雨具、水道管などのパイプ、シートカバーなど非常に多岐にわたって使用されています。この中でラップフィルムの占める割合はそれほど多くありませんが、ラップは材料が表示されているので、消費者には見分けやすく、また日常的に使用するものなので、身近なところから“脱塩ビ”を目指すには都合のいい製品なのです。

生協は、早いうちから“脱塩ビ”に取り組んでおり、75年頃には全国各地の生協店舗では、生鮮食品を包装する業務用ラップフィルムを、塩素の出ないポリエチレンなどに切り替えてきました。ダイオキシン問題が深刻になってからはその速度をさらに早めています。

ポリエチレンラップのデメリットは、シワがつきやすい、くっつきにくい、破れやすいなどいい評判がありませんでしたが、最近は品質のいいポリエチレンラップが増えてきました。

せっかく企業はポリエチレンラップに切り替えているのに家庭用で塩ビ系を使ってしまったら環境ホルモンはいっこうに減りません。
家庭用もポリエチレンラップを選ぶようにしたいものです。