塩ビ系系ラップの加熱は厳禁

油を使用した料理には特に注意

安全なラップ選び(ポリエチレン製を選ぶ)ではポリエチレン製のラップをすすめているが、塩ビ系のラップは加熱すると環境ホルモンが溶け出す可能性があります。
塩ビ系ラップは、製造の原価が低く設定されており、柔軟性を向上させた「ポリ塩化ビニリデン」などの物質からできています。塩ビ系のラップには人体への安全性が確認されていない物質が使われています。

では、なぜこの危険性が高い塩ビ系のラップが使われているのでしょうか?これには理由があって温度が140度~160度を超えなければ有害物質は溶け出ないのです。電子レンジで温める際にはそれほど高温にしないという前提なのです。

しかし、ラップの箱の記載事項のところには、「油性の多い食品を直接包んで電子レンジに入れないでください」という注意書きがあるのを知っていたでしょうか?
油の場合には、水などと違って温度が上昇しやすく140度~160度を超える可能性があるためです。

残り物の野菜炒めを電子レンジで加熱すれば、有害物質は食品に溶け出てしまう可能性があります。塩ビ系より安全性が高いと言われているポリエチレンの場合には、耐熱温度が110度なので油を含んだ食品を包んで電子レンジに入れることはできません。そこで塩ビ系のラップが売られているわけです。

塩ビ系のラップは、フタル酸化合物などの環境ホルモン様物質が含まれており熱を加えてしまうと、溶出する可能性を否定できません。

塩ビ系ラップを使用する場合は加熱厳禁です。冷蔵庫に保存する残り物のお皿に乾燥防止で使うのにしましょう。

安全なラップ選び(ポリエチレン製を選ぶ)

塩ビ系とポリエチレン系

お店で販売している食品包装用ラップには「サランラップ」「ニュークレラップ」などがあります。たくさんの種類があり買うときにも迷ってしまいます。

ラップは、そもそも食品を加熱したり、冷蔵庫などで保存するときに使用します。スーパーやコンビニの店頭に並ぶ総菜はラップで密封されているものが多いです。

このように家庭でもお店でもラップは欠かせない商品となって活躍しています。そのラップを購入するときに値段だけで選ぶのではなくラップの原材料に注目することが大切です。
ラップの原材料は、化学物質がたくさん使含まれています。原材料のところに記載がありますが、「塩ビ系」「ポリエチレン系」に分かれます。

ダイオキシンの発生で問題になって騒がれたのは、塩ビ系のラップですが、ラップの場合に問題になるのは、材質だけでなく耐熱性をあげて、軟らかく使いやすくるめに、安定剤、可塑剤、防かび剤などの添加物が使われているのです。
ラップの箱の裏には2~3種類の添加物名しか記載されていませんが、実際にはそれより多くの添加物が使用されているようです。

ダイオキシンを発生させないポリエチレン製

塩ビ系のラップの多くは、アジピン酸エステルなどを柔軟剤として使用しており、この物質の安全性は確認されていません。
家庭用のラップは品質表示が義務づけられていますが、柔軟剤として「脂肪酸誘導体」などという記載はありません。これでは一般の人には危険度がわかりません。
また、塩ビ系のラップには、フタル酸エステル類などが添加されているようです。これらは、エストロゲン作用(女性ホルモン様作用)があります。

ラップを加熱することによりこれらの環境ホルモン物質が溶出するう可能性は否定できません。

そこでラップを購入する際には、はっきりと品質表示がされていて、比較手安全で燃焼時にダイオキシンの出ないポリエチレン製のものを選ぶようにします。

よく粗品などでラップが配れるケースがありますが、そういったラップは塩ビ系のラップと思って間違いありません。
冷蔵庫で使用する場合などの加熱しない用途で使うのであれば塩ビ系でもかまいません。

環境ホルモンから自分の身を守るために

環境ホルモンを公害と同様に理解している人がいますが、これは全くの異なった性質のものです。

ダイオキシンが問題となった際にも「企業=悪」という図式はすぐに成り立ちませんでした。ダイオキシンの発生のもとを購入したり、使用しているのは、消費者だからです。ごみを燃やした際に発生するダイオキシンを防ぐには、ごみの分別や管理が重要になってくるのです。一部の人だけがこうしてきちんとしてもほんの僅かな人が無関心であれば、ダイオキシンの汚染を止めることはできません。

川の汚染も自然に汚染されてきたわけではなく人間が汚した代償でもあるのです。環境ホルモンをしっかり見つめ、何が起きているのか?をひとりひとりが自覚し原因を考えなくてはならないのです。

現在では、有害と認められているジクロロジフェニルトリクロロエタン(DDT)ですらかつては、人間に無害なものとして平気で使っていました。

そんな中、それぞれ個人個人が実践できるのは、

  • 有機野菜を食べる
  • ラップしたものをレンジで温めない

などがあります。ささいなことだと言わずに少しずつできることをやっていくことが体内に環境ホルモンを入れない一番の方法でもあります。

さらにゴミを出すときに「燃えるゴミ」なのか「燃えないゴミ」なのかを正しく判断することも大切です。

ドイツなどのヨーロッパ諸国では、燃やしてはいけないものに印をつけて正しい廃棄をするように企業側も努力しています。

環境ホルモンについてはまだまだ未知の部分もあり、正しい答えが見つかっていないものもあります。環境ホルモンは環境問題を考える最後の切り札になる。という人もいます。

環境ホルモンはどういう経路で人間の体に入ってくるのか?

環境ホルモンが人間の体内に入ってくるルートは空気、水、食物からです。人間が生きていく上で欠かせないものなので摂取しない選択肢はありません。北極や南極まで汚染されていることがわかっていますが、大都会の東京ではどうだろう?と考えれば安易に答えがでます。空気にはダイオキシンが混ざり、水も水道水、ペットボトルのミネラルウォーター、浄水器を通した水、いずれも100%安心できるものではありません。
水の場合でいえば、100%安心できるものは蒸留水です。沸騰した水のことです。水は沸騰させれば安全性は確立されますが、その際に使用する容器などにも注意しなければなりません。

そして一番多く入っているのは食品からです。ここ最近で無農薬野菜や有機栽培糖の農作物は出回っていますがこれを食べるに越したことはありませんが、魚や肉も凝縮されたジクロロジフェニルトリクロロエタン(DDT)ポリ塩化ビフェニル(PCB)を含んでいる場合があるので注意が必要です。これは食物連鎖による仕組みです。

食物連鎖による環境ホルモンが侵入してしまう状況は以下のとおりです。
化学物質として秘蔵に安定しており、蓄積性が高いジクロロジフェニルトリクロロエタン(DDT)を例にあげて解説します。
地上に散布されたジクロロジフェニルトリクロロエタン(DDT)は、雨によって大地にしみこみ、その後、川に流れ込みます。川に流れるということは、次は海に入ります。すると海の微生物のプランクトンを食べた小魚の体内にはジクロロジフェニルトリクロロエタン(DDT)が吸収されます。これは本当に僅かでごくごく微量なのですが、小魚の体内にはジクロロジフェニルトリクロロエタン(DDT)が蓄積され、およそ10倍の濃度に凝縮されます。その小魚を食べた魚や鳥はさらに高濃度のジクロロジフェニルトリクロロエタン(DDT)を蓄積されることになり、人間の口に入るときには濃度はかなり高くなってしまいます。
ここで深刻な問題は、ジクロロジフェニルトリクロロエタン(DDT)を摂取した人間の1代限りで終わらないと言うことです。母から子供へと受け継がれてしまうのです。母親の母乳には、平均的にみても30ppbくらいのジクロロジフェニルトリクロロエタン(DDT)が含まれます。

環境ホルモンが人間の体内に入ってくるのは、食物連鎖だけが原因ではありません。赤ちゃんや子供が口にする玩具や食器などにも注意が必要です。胎児の場合には、お母さんの体から入ってきますから妊婦などはとくに注意が必要です。

トリフェニルスズ(TPT)

トリブチルスズ(TBT)と同様に毒性の強い有機スズ化合物です。これも同じく漁網や船底につく海藻、貝類を殺すために使用されてきました。

1960年代には日本では農薬として使われていた時期もありました。ほかには、家庭用の防菌剤や防かび剤として使われていました。皮膚への刺激が強く1979年には家庭用防菌剤としての使用は中止されています。
船底塗料や漁網の防汚剤としての使用は続いていました。

トリフェニルスズ(TPT)の汚染濃度を調べると海水の濃度は低くても、魚はかなり汚染されていました。全国で汚染が認められていた魚は、スズキ、ウグイ、ボラ、マコガレイ、イシガレイ、アイナメでした。これらの魚に含まれているトリフェニルスズ(TPT)は、最高で2.6ppmにも達し、WHOが定めた0.5マイクログラムの10倍近くになりました。

トリブチルスズ(TBT)

海の汚染問題が環境問題の中でも取りあげられていますが、その主となる汚染物質のトリブチルスズ(TBT)。養殖のはまちに発生した奇形などの原因とも言われ、劇物指定されてる毒性の強い化学物質です。

日本では、養殖に使用される漁網の防汚剤や養殖場を囲むいけす網に海藻や貝が付着しないための塗料として使用されてきました。アメリカ、ヨーロッパでは、船底の底に塗られる防汚剤塗料に有機スズが使用されていました。

世界ではじめて有機スズの汚染問題に注目されたのは、1980年にフランスのカキの養殖場で奇形のカキが発生したときです。このとき法律で有機スズの使用を禁止。1980年代後半になってからは地球レベルでTBT汚染が明らかになりました。

人間への害では、人間の体内に蓄積されると、成長障害が発生したり、白血球やリンパ球が減少する症状が発生し、害が証明されています。

この汚染での注目点は、各種巻貝の生殖器に異常をもたらしたことです。インポセックスといいメスの巻貝にオスの生殖器が発達してしまったのです。
また、高い確率で排卵障害を起こし、産卵できないメスが現れました。そのことで個体数が減少しました。ごくごく微量でも発生する恐ろしさを秘めています。
魚の体内では1万倍にも凝縮されるため危険な化学物質となっています。

フタル酸ジエチルヘキシル(DEHP)

フタル酸ジエチルヘキシル(DEHP)などのフタル酸エステル類は、プラスチックに柔軟性を与える可塑剤として世界中で利用されてきました。この物質はプラスチックと強く結びつくことができないために、プラスチックから溶け出す性質をもっています。さらに気化するため、環境の中に放出されるのです。これは、空気中、大地、そして水の中にも存在するということです。またさらに分解性もよくなくかなりの期間で地球上に残るということです。ただし分解性だけの面でいえば、ポリ塩化ビフェニル(PCB)ジクロロジフェニルトリクロロエタン(DDT)よりははるかにましです。

フタル酸エステルは、おもに食品を包む包装材に含まれるため、食品から容易に入ってしまいます。ラミネート包装やラップなどがそうですが、それ以外にも食品容器の印刷などに使われるインクなどにも使用されます。

エストロゲン様物質と同じように、脂肪に対する親和性が強いので脂肪をたくさん含んだ食品を汚染します。チーズ、ポテトチップス、チョコレート、バターなどが汚染されやすくフタル酸エステルが含まれていたチーズがあったほどです。
さらに体内に取り入れられたフタル酸ジエチルヘキシルをラットに与えた実験によると、フタル酸ジエチルヘキシルを与えられた母親から生まれたオスは、健康なオスのラットと比べて精子数が20%も減少していました。さらに精巣のサイズも縮小していました。

ビスフェノールA

ビスフェノールAはポリカーボネートの原材料でプラスチックから溶け出します。缶詰の内側にコーティングされているプラスチックからはこの
ビスフェノールAが溶け出しエストロゲンに似た作用を示します。

大学で20個の缶にいて行われた実験の結果は、14個にガン細胞を分裂させる十分なビスフェノールAが含まれ検査した缶詰のおよそ7割にエストロゲンと似た作用が認められました。

スペインにおいては、虫歯予防に使われるシーラントからビスフェノールAが採取されたという報告もあります。

日本では横浜国立大学環境科学研究センターの調査で6種類のポリカーボネート樹脂製の哺乳瓶に95度の熱湯を入れ、24時間後に哺乳瓶から溶け出したビスフェノールAを測定したところ、すべての哺乳瓶から検出されています。
何度も使った食器や哺乳瓶からより多くのビスフェノールAが溶け出していることもわかっています。

環境庁の調査でもポリカーボネート樹脂製のボトルから溶け出すビスフェノールAの数値は洗浄すればするほど高くなることがわかっています。
ポリカボネート樹脂はプラスチックの一種で熱が伝わりにくく、強度も十分にありしかもコスト安のために多くの給食現場でも使用されているのが現状です。

普段、周囲にはポリカーボネート樹脂製でつくられている清涼飲料水用のペットボトルがあります。ほかにもベビーフードの入れ物、そして哺乳瓶などに含まれています。加熱するとその成分が溶け出してしまうのです。

ポリ塩化ビフェニル(PCB)

ポリ塩化ビフェニル(PCB)は、18世紀後半に人工的に合成された、絶縁作用の強い化学物質。実際に使用されるようになったのは20世紀に入ってからです。これらは209種類にも及びます。

1929年にアメリカでビフェニルと塩素を結合して合成された化学物質のPCBは化学的に安定性が高く、熱にも強く燃えにくく、さらに絶縁性にも長けていることから、トランス、スイッチ、ブレーカー、その他、熱媒体やノーカーボン紙などに広く使われるようになりました。
ところが1966年スウェーデンの学者が天然の魚からPCBを発見。その時から安全性に大きな疑問が生じました。調査を行った結果、北極、南極などにまで汚染の範囲が広がっていることがわかりました。
毒性については、アメリカの大学で調査され、その結果、PCBもジクロロジフェニルトリクロロエタン(DDT)と同様に性ホルモンの代謝に悪影響を与え、エストロゲンの分解を促進することが判明しました。しかもPCBが天然エストロゲンを分解する能力はジクロロジフェニルトリクロロエタン(DDT)よりも強いといわれています。