主食」カテゴリーアーカイブ

粉末ソースと模造チーズで出来た「激安カルボナーラ」

外食産業でパスタを出すような店では、加工品、つまり業務用のパスタソースを使っているケースがたくさんあります。

パスタ

パスタ

トマトソースなども食品添加物だらけですので、なるべく食べないようにしてもらいたいです。オイル系のパスタはどうかというと、これも勧められるような物ではありません。本当にエクストラバージンのオリーブオイルを使っている店などほとんどないのです。自宅で使うオリーブオイルのランキングは以下のリンクが参考になります。

エキストラヴァージンオリーブオイル ベスト5 ランキング

サラダ油やピュアオリーブオイル以下の、もうオリーブオイルとは言えないような油を使っていたり、ヒマワリオイルや大豆油との混合油をオリーブオイルと言って使っていたりしますから、あてになりません。

安手の店ではそんなところにお金をかけていられないのでしょう。本当にプライドを持って、きちんとした技術でおいしいイタリアンを出している店はいくらでもありますが、そういうところでは、パスタを単品で頼んでも、70~80グラムぐらいの一品が、最低でも1500円くらいはするでしょう。

それはぼったくりなどではないのです。本物の材料できちんとしたパスタ料理を作ろうと思ったら、そのぐらいでないと見合わないのです。安いパスタのほうがむしろ異常なのだと理解してください。

さらに、できればクリーム系のパスタも避けたほうがいいです。カルボナーラなどは、業務用のカルボナーラ液が出来ています。今は粉末になっているものもあるようです。粉末は、溶けばカルボナーラ液になる物です。

通常はアルミのパックに入ったカルボナーラの原液がよく使われています。ベーコンも刻まれた物がセットで届きますから、それを強火で妙めて焦げ目がついたら火を止め、そこにカルボナーラ液を入れて、茹で上がったパスタを絡めて、はい、出来上がり。

上から模造チーズの粉とパセリでも振っておけば、客にはまったく分かりません。そういう物があえて食べたいというのなら、それはそれでいいのですけれど、知らずに食べさせられているのだとしたら不幸だと思います。チェーン店の安物のパスタを注文するときは注意が必要です。

選択肢がなくて困るかもしれませんが、選ぶのであれば、オイル系ではありますけれど、シンプルなべペロンチーノや、キャベツとアンチョビのパスタのような野菜のパスタであれば、やたらにオイルを入れたりはしないので比較的安全でしょう。

「クリーム系」「マヨネーズ系」のピザはNG

ピザ生地も、低品質でものすごく安価な小麦粉を使って作られているケースが圧倒的に多いです。もちろん中にはピザ作りに命を懸けているようなピッツェリアも何軒かはありますが、大半はそうではありません。

ピザ

ピザ

よくあるチェーン店のピザは、クオリティから言って宅配のピザとまったく変わりません。ピザには、大きく分けてナポリ風とローマ風の二種類があります。

ナポリ風のピザというのは、ピザ生地が厚く、フカフカしたパンみたいな状態になっています。ローマ風のピザ生地はパリパリとした感じで薄いのです。

どちらにするか選べる場合には、ローマ風を選んでください。どうせ劣悪な小麦粉を使って食品添加物で発酵を促しているような物がピザ生地になつているなら、摂取量はできるだけ少ないほうがいいからです。

そもそもピザ生地というのは、単純炭水化物の塊です。白い小麦粉、白米、白い砂糖、こういう物を単純炭水化物というのですが、食物繊維がほとんど含まれておらず、体内に入ると一気に血糖値を上げる食品です。

こういう物はできるだけ量を摂らないに越したことはないので、薄い生地を選んだほうがまだ安全性は高いということです。

安いピザ店などでは、すべての面においてコスト削減の方策を考えているわけですから、トッピングで載せる海産物なども、できるだけ安く仕入れることに血道をあげています。結果として中国産、東南アジア産の劣悪な物を仕入れて使っているケースが多いです。

どうせ加工してしまうので質など分からないと思っているのでしょう。しかしそのような安い海産物というのは、日もちをさせるために強力な薬液に浸けられているのが一般的です。そういう物を食べると、もちろん身体にはダメージがあります。トッピングにシーフード系は選ばないほうがいいのです。

チーズがこれまた問題です。モッツァレラチーズなど自然に作られたチーズを輸入して使っている、本当にきちんとしたピッツェリアもたくさんあります。ただ、安手のピザ屋ではチーズは模造品です。

市販の安価なチーズもそうですが、増量するために大豆たんばくなどを加えて作られているのです。まったくコストが違ってくるため、それをチーズと呼んでいいのかどうか、問題があるような物が使われているということです。

本物のチーズを使っていたら、ピザ一枚1000円程度ではとても提供できません。なるべくチーズが使われていないタイプのピザを選び、トッピングは魚介類、ウィンナーやソーセージ、ベーコン、ハムみたいな物は避けて選ぶのがいいでしょう。

絶対に避けて欲しいのは、クリーム系、マヨネーズ系です。シンプルにキノコやズッキーニ、トマト、バジルといった野菜類のピザならいいのではないでしょうか。

乳化剤やソルビン酸Kが不安物質「チーズ」

 

化学調味料を薄めているラーメンのスープ

ラーメンの魅力というのは何といっても、安くておいしくてお腹がいっぱいになる
ところでしょう。だからこそラーメンを食べに行くのです。

ラーメンのスープ

ラーメンのスープ

客のその期待に応えるには、安い原材料を使うしかありません。どの店でも、非常
に質の悪い小麦粉に食品添加物をいろいろ入れて工業的に作られた、安価な麺を利用
するのが原則的です。

もちろん例外はたくさんあって、麺にも気を遣って、食品添加物など使わずにオリ
ジナル麺を作っているような店もあります。けれども、だいたいの店では、とてもそ
んな手間はかけていられないわけですから、ものすごく低質の麺を使っています。

よく麺の細さや太さが話題になって、ラーメン屋もそこを売りにしていたりしますけれ
ども、そんなことはどうでもいいから、安全な物を作って欲しいものです。麺だけでなく、スープも質が悪い。大きな鍋でスープを取っている光景が見られるラーメン屋もありますけれど、すべてを自前で作っている店はこれまたほとんどありません。

『食品の裏側』(東洋経済新報社) の著者・安部司さんはもともと食品添加物の会社に勤めていたのですが、そこでの知識を活かして、まったく化学的な物質だけで誰もが「おいしい」と感じるとんこつラーメンのスープを作ることができることに気づきました。

化学薬品や化学調味料を何種類か混ぜて、ザーツとお湯を入れるだけで、簡単にあのトロンとしたとんこつスープができる。

飲んでみても、とんこつスープとしか思えないのです。それが工業的に生産できるということです。普通のラーメン屋で使っているスープは、そうした化学調味料を薄めたような工業製品です。また、そこで使われている塩というのは、抑ページでも触れるいわゆる塩化ナトリウム(Nacl) ですから、その間題もあります。

さらに加えて、うまみを作り出すために油を使うのです。豚の脂(ラード)など動物性の脂を使うことが多いです。脂分が口に入ると、人間の脳は騙されて「うまい」と感じるようになっているのですが、それを利用しているわけです。その脂をどのような形にして、どのぐらい混ぜると人はおいしいと感じるのかということも研究されています。

ところが、動物性の脂は飽和脂肪という物で、大量に摂り込まれてしまうと私たちの身体はうまく処理ができません。身体にとっては大ダメージです。このようなラーメンのスープを全部飲み干すのは、危険極まりない行為です。血圧だけでなく、身体のあちこちに大きな影響を及ぼすことになるでしょう。

特に、安いラーメン店に行ったら、スープは残すようにしてもらいたいのです。結論として、あまり頻繁にラーメンは食べないほうがいい。

最近は、化学調味料は一切入れませんという店もけつこう出てきました。それこそ鶏とか豚がベースのスープかつおぶしに、昆布、鰹節といった和のスープのもとを加えるなど独創的なスープを売りにする店もあります。

しかし、そのような店は高級ラーメン店です。高くても流行っていたりするのは、客からも安全性への要望が高まってきているからではないでしょうか。本当に味を極めていくと、最終的には、混合出汁の自然なうまみにたどり着くのだと思います。

安全でおいしいラーメンを食べるには、こうした真面目な作り方をするきちんとした店をまず選ぶことが大切で、安さは後回しにしなければならないのです。

インスタントラーメン

たち食いそばは「そば」と言えるものではない

立ち食いそばのそばは、もはや「蕎麦」と呼べる代物ではありません。そば粉などほとんど入っていないのです。一般には、おいしいとは感じられないと思います。

たち食いそば

たち食いそば

なぜ?まずいのかというと、それはもはやそばではないからです。あのそばらしき麺は、小麦粉を主体に、いろいろな食品添加物が加えられ、着色された物です。

原料のほとんどが中国産で、安全性は極めて低い。あのように茄でた状態で店に運ばれてきて、平気で常温放置できてしまうなど、普通ではあり得ません。

自分で麺を茄でたことがある人なら、それがどれほど異常なことか分かるでしょう。便利ですし、あっという間に出てきますし、そういうものを求めて立ち食いそばを利用するというのだったら、年に何回かはあってもいいと思いますけれども、それならば危険を覚悟の上で食べてもらいたいです。

出汁にしても、天然の物などほとんど入っていないと考えたほうがいいです。製法はいろいろあるでしょうし、どの店も同じではないでしょうけれども、そばつゆは東南アジアの工場で作られて、日本に運ばれてくるケースが圧倒的に多いようです。

灯油のポリタンクみたいな容器に入って店に運ばれてきたそばつゆを、ドボドボ鍋に入れて加熱したり、盛りそば用のつゆをそのまま出したりするということになっているのだと思います。

もちろんアミノ酸など化学調味料が大量に入っています。そういうものが身体にどのような影響を及ぼすか、消費者それぞれが考えるべきことだと思いますが、少なくとも、特定のアミノ酸が急激に大量に摂り込まれると、私たちの身体は混乱を起こしてしまい、それがよいほうに作用することはありません。

どうしても立ち食いそばを食べざるを得ない場合は、可能な限りトッピングの揚げ物は避けましょう。こんな店で揚げ油だけは気を遣っている、などということはあり得ませんから、せめて、揚げ物は載せないで食べて欲しいと思います。

山菜もやめたほうがいいです。山菜というのが曲者で、多くは中国、東南アジアから輸入されてくるのですが、ものすごく強力な薬液に浸かっています。そうでなければ保たないのです。

とろろも、本物を店ですっているわけではなく、山芋の粉を水で溶いた物ですし、おろしそばの大根おろしも乾燥した粉の物が出ています。

ネギは生のネギを使っていますけれども、これはほとんど中国産で、輸入されたネギが工場で刻まれて、パック入りになって店に届くのです。機械で切っていますが、洗わないので大量の雑菌が付いている場合も多々あります。

ネギに限らず、青ものなど野菜は洗わないのが原則なのです。洗ったらすぐ劣化してしまいますから。洗ったネギと、洗わないネギを刻んで比べてみると、保ちが全然違うことが分かります。

野菜は洗わないのが飲食関係者の間ではなかば常識です。中華料理店などでも野菜は洗いません。ジャガイモは外側の泥は洗いますが、だいたい飲食店で使うものは、機械で皮を剥きますし、皮が剥かれて納品される場合もあります。色が変わらないように薬品処理して、真空パックに詰めて納品されるのです。もちろんきちんと洗う意識の高い店もありますが、少数派でしょう。少なくとも、立ち食いそばではネギはやめておいたほうが無難だと思います。

そば・うどん

現代における玄米食の評価

外食でそこまで望むのはレベルが高過ぎるので無理な話なのですが、主食のご飯としては、今当たり前に食べられている白米ではなく、精製していない米のほうがいいのです。ただし、無農薬有機栽培であればという条件つきです。

玄米食

玄米食

これまでも、「食べてはいけない食べ物」として、白米、白い小麦粉、白い砂糖をあげてきましたが、それは、これらがカロリーはあってもビタミンやミネラルなどの栄養素をまったく含まない、単純炭水化物と呼ぶべき食べものだからです。

血糖値を急激に上げるだけでなく、他の食品から摂った栄養素を浪費してしまうところも問題で、多食すると太りますし、糖尿病の原因にもなってしまうのです。

それならば玄米のまま食べればいいではないか、と単純にはいかないところがまた困りもの。外食産業で使われる中国産の汚染された米を玄米で供されたら、これはこれで危険極まりない。というのも、

農薬や重金属などの汚染物質は、米の糠部分に蓄えられるからです。どうしても中国産米を食べなければならないのなら、できるだけまわりを削って精白した米のほうがまだ安全です。

本来は、ビタミンもミネラルもバランスよく栄養素の詰まった玄米のほうが身体にはいいに決まっていますけれど、質の悪い米の場合は、精米しなければ危なくて食べられないというのが実情です。

玄米は玄米で、水にしっかり浸けてから時間をかけて炊くことでようやく身体にフィットする食べ物なので、調理には少し手間がかかります。玄米は、ときどきは食べるが、日常的に食べているわけではないという人もたくさんいらっしゃいます。

それは、炊く前に基本的に5時間は浸水させなければならないのが面倒だからです。長時間浸水させるのは、それだけ水に浸けると胚芽が活性化し、前発芽状態になるため、玄米に含まれる発芽抑制因子という毒性成分が消えるからです。水分も十分吸収され、より身体にやさしく、味も消化もよくするためのひと手間なのです。

米を前の晩に洗って炊飯器にセットし、翌日玄米モードで炊けばよいだけですから、質のよい米が手に入るなら、白米でなく玄米にシフトしたほうがいいと思います。

厳密には、炊く時間も五時間ぐらい必要なのです。人間はイネ科の植物を生では食べられないために、熟を加えることによって植物のたんばく質を分解し、食べられるようにしているわけです。

外皮が内側の米を守っているのが玄米ですから、食べられつばるようにするためには、相当熱を加えなければなりません。羽釜を使って薪の火で炊く昔ながらの方法は理にかなっていたのです。最近は、意識の高い料理店も少しずつ増えてきて、羽釜で炊く玄米を売りにしているようなところもあります。

もしも、近くに安全な米を羽釜で炊いて出してくれる店があるなら、通うことで応援してもらいたいと思います。

羽釜だと一度にたくさん炊けるので、おいしく炊けるのです。料理店だからこそ出せる味とも言え、消費者も、安さではなくこうした価値を外食に期待できるようになるといいと思います。

玄米を常食したいということならば、よく噛むという食べ方も有効です。子どもの頃から玄米を食べている人はそんなことはないのですけれども、大人になってから食べ始めた人に、消化不良が起こることがあるのです。

そうでなくても、もたれるという人もいます。これはきちんと噛んでいないからで、しっかりとよく噛むことを心がけてください。噛むことで、食べた物が細かく砕かれることは大事な要素ですが、それ以上に重要なのは、噛んでいる間に大量の唾液が出ることです。唾液と食べた物が混じり合うのが消化の第一歩ですが、これは健康的な食事という観点から見ると、とても重要なステップと言えます。

ちなみに、家庭では毎食羽釜で炊くことなどほとんど不可能ですし、毎回長時間浸水させるのも難しいかもしれません。そこで、白米と同様に気楽に炊けて栄養価はほとんど玄米と変わらない、三分鴇き米を私は推奨しています。

ご飯の食べ方として、三分鴇きが最も理想的だと思います。この頃はコンパクトな精米機も売られていますし、米屋にでも頼めば三分に鴇いてくれますので、うまく利用することを勧めます。

肝臓機能を高め、自律神経の安定化にも有効な玄米

精米改良剤入りご飯は「洗剤を食べているようなもの」

外食や中食(弁当や惣菜などを買ってきて家で食べること) 産業で使われる米は、一部、国産米も使われてはいますけれども、極端に安い中国産米がほとんどです。

「うちは中国産米を会社として使っています」と表明しているファストフードの牛井チェーンもありますし、カレーのチェーン店やスーパーマーケットが作っている弁当のご飯なども、しばしば堂々と中国産米だということを表明しています。

安く食べられれば米の質は問わないという人は気にする必要はないのですが、毒性のある物、身体に悪い物は食べたくないと考えている人は、安全性が確認されている物を除いては、やはり中国産米は避けたほうがいいと思います。

強力な農薬を使っているケースもあり、分析すると相当の化学物質が出てくることもあります。日本の米の汚染も十分に怖いのですけれども、中国はさらにすごいのです。農薬の懸念だけでなく、中国は土壌そのものがかなり汚止米されている地域もありますので、その点も考慮すべきです。すべてがとは言えませんが、中国産米はかなりリスクがあると思って欲しい。

安い物には安いなりの理由があるのです。中国産だけでなく、日本に輸入されてきている物はかなり汚染されている物があると考えたほうがいいでしょう。

日本の米だって、分析すればいろいろ出てきますし、カドミウムが相当含まれているとも言われています。決して安全とは言い切れないのが実情ですけれども、それでもまだ中国産米などの外国産よりははるかにましです。

米は、まずは産地で選んで欲しいということです。気をつけたいのは、国産でも放射性物質などによって汚染された米が出回っていることです。表示されていれば避けることも可能ですが、完全に偽装されていれば、それを見破ることはなかなかできません。

信頼のおける店で買うとか、農家から直接取り寄せるという手段もありますので、各自で工夫して防衛するしかありません。わけの分からない安い米というのは危険性が高いということを、最低限認識しておく必要があると思います。国が安全だと言っているのだから大丈夫、どんどん食べて応援しょう!と思っている方は、もちろんそうなさってください。

お米

お米

これは個人の判断に委ねるしかない問題です。もう一つ注意してもらいたいのは、安い弁当やファストフードで出てくるご飯には、精米改良剤といわれる食品添加物が入っていることです。薬品を入れてご飯を炊いているのです。これはもう見破れませんから、味で確認するしかありません。精米改良剤という物はプロピレングリコールという物質が主体です。食品添加物としでは乳化剤という分類に入れられますが、工業製品として作られている場合には界面活性剤と呼ばれています。

シャンプー、洗剤などに使われるのと同じ物質です。極端に言えば、芳香剤を入れていない洗剤の成分を混ぜたご飯を食べているようなものなのです。主にツヤを出す目的で使われるのですが、不自然に光沢があったり、ツヤツヤ、ピカピカしているのに、食べるともそっとしているというので精米改良剤の使用が分かったりします。

米の表面がコーティングされたようになるのだと思います。でも、一般の人にはなかなか分かりにくいのではないでしょうか。ファミレスなどでは、決まった分量の無洗米がパックされてきますから、その封を切って、決められた大きさの釜にそのままザーツと空けて、水を分量まで入れたら、あとは精米改良剤を入れて、スイッチオンで炊くという誰でもできる方法を取っています。個人の選択ということになりますが、そんな米(ご飯) など食べたくないという人は注意をしたほうがいいでしょう。

うるち米だけで作った安心のパックごはん「サトウのごはん」