花粉症 原因 金属アレルギー

Pocket

花粉症 原因 金属アレルギー についてです。花粉症の原因というと70%はスギ花粉症と推察されています。スギの花粉が多いのは地球の温暖化も関係します。こうした原因は誰もが知っているかもしれませんが金属アレルギーも花粉症の原因になります。

 金属アレルギー 花粉症 原因 皮膚炎には刺激性のものとアレルギー性のものとがある

私たちの体には、細菌・ウィルス・寄生虫などの感染性微生物や異物などから、身を守るための「免疫」という仕組みがそなわっています。 この免疫の働きが、現代文明による環境やライフサイクルの変化によって異常を起こし、くしゃみ、発疹、呼吸困難などの症状を起こしてしまう状態が「アレルギー」です。

花粉症 原因 金属アレルギー

花粉症 原因 金属アレルギー

皮膚炎とは字のとおり、皮膚の炎症のこと。症状としては、赤く腫れる、熱い、痛い、かゆいという4つの兆候があります。

皮膚のブツブツ、赤み、水ぶくれ……。湿疹・皮膚炎は、代表的な皮膚のトラブルで、「かぶれ」・「じんましん」・「あせも」といった種類があります。皮膚炎には原因がありますからこの原因を遠ざけることができれば早期に改善可能です。

刺激性皮膚炎

酸、アルカリなど、刺激性のある物質が皮膚を直接刺激するこで起きる炎症です。刺激性の弱い物質でも、繰り返し刺激されれば炎症を起こします。

たちの皮膚には様々な刺激から守るバリア機能が備わっていますが、この機能の許容範囲を超えた強い刺激に触れてしまったときに起こる炎症を「刺激性接触皮膚炎」といいます。 これは原因物質自体がもつ刺激によって起こるため、アレルギーに関係なく誰にでも起こる可能性のある疾患です。

アレルギー性接触性皮膚炎

遅延型アレルギーの一種で、アレルゲンとなる原因物質が皮膚から浸入すると人体に抗体がつくられ、そののち再び物質が接触すると、そこに発疹などの皮膚炎を引き起こします。

物質に一度触れただけで感作が生じることもあれば、何度も触れなければ生じないこともあります。 感作が生じた後、次にその物質に触れると4~24時間以内に強いかゆみと皮膚炎が生じますが、人によっては、特に高齢者では、反応が生じるまで3~4日かかることもあります。

核細菌に対する免疫ができるかを検査するツベリクリン反応は、接触性皮膚炎のアレルギー反応を利用したもので皮膚に注射されるのは、結核細菌の培養液の上澄みです。免疫ができていれば、この抗原に対して抗体が反応して、皮膚に発赤が現れます。

陰性の場合は、結核菌に感染しやすい状態にあるので、BCG を注射して人為的に免疫をもたせます。

接触皮膚炎(かぶれ)を金属アレルギーまたは金属皮膚炎と言います。人類の文明発展とともに様々な生活スタイルの中に金属が関わっており、金属アレルギーは文明病の一つと言っても言い過ぎではありません。

日頃何気なく使用している金属製品の特に装身具類に発症が多く、代表的な金属では、ニッケル、クロム、コバルト、金などに於いて発症します。特にニッケルは用途が多く、ニッケルその物と、金メッキの下地にも蒸着材として利用されます。そのため装身具を着ける女性が多く感作されることが多いようです。

ピアス、イヤリング、ネックチェーンズボンベルトの大きなバックルは男女ともに夏に多くみられます。

この症状は、ジーンズパンツを常用する若者に多く、服装の着用の乱れが原因する場合が多く、シャツをパンツの中に入れないためにパンツの内側の金属ボタンやバックルによって発症します。

珍しい例では、まつ毛カールのビューラーによる皮膚炎もあります。クロム金属で多いのは、革製品で見られます。

皮革製品を柔らかく鞣すためにクロム金属液を使用するためです。長時間の革靴、ブーツ、皮手袋、時計バンドなどの皮膚と密着時間が長いほど症状が強く出ます。化粧品の色素、セメント、防錆剤、刺青、シェービングクリームにも含まれます。

コバルトに於いては、セメント、顔料、塗料、口紅、クレヨンにも含まれます。
上記の3金属はイオン化しやすく、汗の塩素イオンと反応して金属皮膚炎を起こします。一方金はイオン化し難くいため皮膚炎はあまり多くありませんが、時折ピアスでは長期間使用により軽微な症状の積み重ねにより、肉芽腫(ばか肉)を造ることがあります。

金製材の装身具は18K表示が一番多く75%が金で25%が他の金属です。金製の装身具が必ずしも原因ではなく、合材金属により皮膚炎を起こすことになります。もし金属が原因と思われた場合には、使用中の金属製品を持参し、皮膚科専門医を受診されることがベストです。

医薬品や化粧品による皮膚炎について

指輪やイヤリング、ピアスなどによる皮膚炎にも刺激性のものとアレルギー性のものがあります。はじめて接着したり、サイズがあわないときに生じるのは、刺激性皮膚炎です。
しかし、痛みよりも痒みを伴うような発疹などが出た場合には、アレルギー性接触性皮膚炎の可能性があります。
入れ歯や虫歯治療でかぶせられる金属によるアレルギーも知られています。

さらに金属アレルギーが金属中毒と異なるのは、きっかけになる金属の量がごく微量であることです。同じ製品を使用しても全くアレルギーが起きない人もいるのです。

大気中に含まれる微量の金属が花粉症やその他のアレルギー性疾患の引き金の役割をしているという専門家もいます。しかし、原因となる微量金属の特定が困難で発症の仕組みは詳しくわかっていません。

素材そのものが化学物質

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください