「環境ホルモン防衛法」カテゴリーアーカイブ

塩ビ系系ラップの加熱は厳禁

油を使用した料理には特に注意

安全なラップ選び(ポリエチレン製を選ぶ)ではポリエチレン製のラップをすすめているが、塩ビ系のラップは加熱すると環境ホルモンが溶け出す可能性があります。
塩ビ系ラップは、製造の原価が低く設定されており、柔軟性を向上させた「ポリ塩化ビニリデン」などの物質からできています。塩ビ系のラップには人体への安全性が確認されていない物質が使われています。

では、なぜこの危険性が高い塩ビ系のラップが使われているのでしょうか?これには理由があって温度が140度~160度を超えなければ有害物質は溶け出ないのです。電子レンジで温める際にはそれほど高温にしないという前提なのです。

しかし、ラップの箱の記載事項のところには、「油性の多い食品を直接包んで電子レンジに入れないでください」という注意書きがあるのを知っていたでしょうか?
油の場合には、水などと違って温度が上昇しやすく140度~160度を超える可能性があるためです。

残り物の野菜炒めを電子レンジで加熱すれば、有害物質は食品に溶け出てしまう可能性があります。塩ビ系より安全性が高いと言われているポリエチレンの場合には、耐熱温度が110度なので油を含んだ食品を包んで電子レンジに入れることはできません。そこで塩ビ系のラップが売られているわけです。

塩ビ系のラップは、フタル酸化合物などの環境ホルモン様物質が含まれており熱を加えてしまうと、溶出する可能性を否定できません。

塩ビ系ラップを使用する場合は加熱厳禁です。冷蔵庫に保存する残り物のお皿に乾燥防止で使うのにしましょう。

安全なラップ選び(ポリエチレン製を選ぶ)

塩ビ系とポリエチレン系

お店で販売している食品包装用ラップには「サランラップ」「ニュークレラップ」などがあります。たくさんの種類があり買うときにも迷ってしまいます。

ラップは、そもそも食品を加熱したり、冷蔵庫などで保存するときに使用します。スーパーやコンビニの店頭に並ぶ総菜はラップで密封されているものが多いです。

このように家庭でもお店でもラップは欠かせない商品となって活躍しています。そのラップを購入するときに値段だけで選ぶのではなくラップの原材料に注目することが大切です。
ラップの原材料は、化学物質がたくさん使含まれています。原材料のところに記載がありますが、「塩ビ系」「ポリエチレン系」に分かれます。

ダイオキシンの発生で問題になって騒がれたのは、塩ビ系のラップですが、ラップの場合に問題になるのは、材質だけでなく耐熱性をあげて、軟らかく使いやすくるめに、安定剤、可塑剤、防かび剤などの添加物が使われているのです。
ラップの箱の裏には2~3種類の添加物名しか記載されていませんが、実際にはそれより多くの添加物が使用されているようです。

ダイオキシンを発生させないポリエチレン製

塩ビ系のラップの多くは、アジピン酸エステルなどを柔軟剤として使用しており、この物質の安全性は確認されていません。
家庭用のラップは品質表示が義務づけられていますが、柔軟剤として「脂肪酸誘導体」などという記載はありません。これでは一般の人には危険度がわかりません。
また、塩ビ系のラップには、フタル酸エステル類などが添加されているようです。これらは、エストロゲン作用(女性ホルモン様作用)があります。

ラップを加熱することによりこれらの環境ホルモン物質が溶出するう可能性は否定できません。

そこでラップを購入する際には、はっきりと品質表示がされていて、比較手安全で燃焼時にダイオキシンの出ないポリエチレン製のものを選ぶようにします。

よく粗品などでラップが配れるケースがありますが、そういったラップは塩ビ系のラップと思って間違いありません。
冷蔵庫で使用する場合などの加熱しない用途で使うのであれば塩ビ系でもかまいません。