挽肉」タグアーカイブ

ひき肉 選び方 脂肪の量を基準にして選ぶことがポイント

ひき肉 脂肪の量を基準にして選ぶことがポイント になります。同じひき肉でも、脂肪分があるものよりは、ないもののほうが安全です。肉の選び方で共通しているのは脂肪を避けることです。

ひき肉 選び方 脂肪の少ないものを選び 下処理で湯どおしする

ひき肉 選び方 脂肪の量を基準にして選ぶことがポイント

ひき肉 選び方 脂肪の量を基準にして選ぶことがポイント

同じ ひき肉 でも、脂肪分があるものよりは、ないもののほうが安全。ひき肉は脂肪ごとひいてあるので、脂肪にたまる抗菌性物質やダイオキシンの不安を、そのまま抱えています。

最近は、「赤身」のもの、「低脂肪」のもの、脂肪の量を表示したものなどが出回っています。大いに利用しましょう。

安心して食べるための意外なテクニックは、ひき肉 を湯どおしすること。「えっ、そんなことができるの? 」と思ってしまいますが。たんぱく質は熱で固まる性質があるので大丈夫です。

ひき肉 をこし器に入れて、沸騰したお湯にサッとつけます。これで脂肪分も落とせるし、抗菌生物質などの不安物質がお揚に溶けだして安心。

不安物質も除去でき、口当たりもよくなる 「 湯通し 」

コロッケやそぼろ、ドライカレー、ミートソースなど、どんな ひき肉 料理でも湯どおしすれば OK 。ミートボールの場合は、揚げる前に団子を熱湯に落とし入れます。

しばらくしたら引きあげますが、安心度が増すだけではなく、しっかりとまとまって揚げやすくなります。

さすがにハンバーグステーキは 湯どおし してぼろぼろになった ひき肉 ではまとまりが悪くなります。代わりに脂肪分が少ない赤身の牛ひき肉を選ぶようにしましょう。脂肪の少ないものを選ぶのが大事なポイントです。

和牛 A5 シャトーブリアン 150g×4枚 / 肉 佐賀牛 宮崎牛 フィレ ヒレ肉 赤身 ステーキ ギフト

この商品について

  • ヒレ肉は、関西ではヘレ肉、フィレ肉とも言われる部分です。シャトーブリアンとは、呼び方が違うだけで、要するにヒレ肉。では、なぜ呼び方が違うのか?それは、ヒレの中でも最も柔らかくて太い、ヒレ肉の中央だけを切り抜いた贅沢な希少価値のある部位だけのステーキだからです!
  • ヒレ肉は、ウシ1頭から約5~8kgしかとれません。なかでもたった1kg未満の部位を、シャトーブリアンと呼びます。柔らかくて芳醇なのにしつこくない。それが本物の旨さです。サーロインステーキをお肉の王様と呼びますが、ヒレステーキ(シャトーブリアン)はお肉の女王様と呼ばれます。
  • お中元、暑中見舞い、内祝い、お礼、お返し、お祝いなどのご贈答 誕生日プレゼントはもちろん、クリスマスや年末年始の忘年会・新年会などのパーティやディナーにどうぞ。 ゴルフコンペや社内イベントなどの景品・賞品としても大変喜ばれております。

ただ今黒毛和牛の最高ランク「ヒレ」「シャトーブリアン」部位は非常に市場流通数が限られております。

非常に不安定な流通となっておりますことを予めご理解頂けますようお願い致します。

ギフトなどお届け日時必着のご希望に沿えない場合がございますので予めご理解のうえご注文をお願い致します。
やまだ屋は創業昭和10年。肉道45年の店主・匠が厳選し、さばきたての新鮮な和牛です。

ヒレ肉は、関西ではヘレ肉、フィレ肉とも言われる部分です。

  • ヒレ肉は、関西ではヘレ肉、フィレ肉とも言われる部分です。シャトーブリアンとは、呼び方が違うだけで要するにヒレ肉。 では、なぜ呼び方が違うのか? それは、ヒレの中でも最も柔らかくて太い、ヒレ肉の中央だけを切り抜いた贅沢な希少価値のある部位だからです!
  • ヒレ肉は、ウシ1頭から約5~8kgしかとれません。その5~8kgのヒレ肉の中央部分だけを取り出したたった1kg未満の部位をシャトーブリアンと呼びます。
  • 柔らかくて芳醇なのにしつこくない。それが本物の旨さです。
  • サーロインステーキをお肉の王様と呼びますが、ヒレステーキ(シャトーブリアン)はお肉の女王様と呼ばれます。
  • 全国的に有名なブランド牛のステーキと変わらない品質が自慢。もしくはそれ以上の品質のこともあります。それなのに、首都圏や大手百貨店、レストランなどの有名店でご購入するよりはるかに格安で安心してお召し上がり頂ける産地直送です!
  • 【 商品名 】九州産黒毛和牛A5ランク ヒレステーキ シャトーブリアン
  • 【 内容量 】約150g×4枚
  • 【 原産地 】鹿児島/佐賀/宮崎 ※仕入れにより上記いずれか。パッケージに記載。
  • 【 賞味期限 】チルド:3日 / 冷凍(-18℃以下):製造より30日

 

安全な肉を賢く購入する大事なポイントはこちら。