日常的になってしまった化学物質」カテゴリーアーカイブ

免疫治療は医学界に大論争を引き起こした

毒素を中和する「抗毒素」

ワクチンの開発と並行して19世紀の末から20世紀にかけて誕生したのが化学療法です。ワクチンはそもそも「予防」が目的ですが、感染してしまった場合は、体内に侵入した病原菌を化学薬品によて死滅あるいは、無害化さればよいというのが化学療法の根底にある考え方です。

ところが、すでに19世紀の細菌学者は、免疫の根幹に関わる新たな事実を発見していました。破傷風菌やジフテリア菌の培養液には、菌を除去してもなお、きわめて強力な毒素が含まれていることがわかったのです。
その後、ベーリングや北里柴三朗らによって確立された血清療法は、細菌の毒素を注射した動物の血清に、毒素を中和する物質がつくられることを利用したものです。
この物質は、「抗毒素」と呼ばれます。

この抗毒素の本体はたんぱく質(抗体)であり、血清療法とは抗原抗体反応(免疫反応)であることが知られるようになるのはその後のことです。しかし、抗毒素の発見は当時のヨーロッパ医学においては、大論争を巻き起こすのです。
争点は、伝染病防御の主役は、細胞なのか?体液なのか?という議論です。

抗毒素の発見は、古代ギリシャのヒポクラテスの体液説の復活を思わせるモノが多々ありました。

病気はなぜ治るのか?を問い直す

ヒポクラテスは、人体には、血液、粘膜、黒胆汁、黄胆汁という四4種類の体液が流れていて、このバランスが崩れると病気になると考えたと伝えられています。もっとも、この非科学的な体液説は、ヒポクラテスのものではないともいわれています。むしろ重要なのは、ヒポクラテスが人間は、生まれながらの自然治癒力が備わっていて、医者や薬というには、病人のもつ自然治癒力の手助けをするものにすぎないという考え方を医療に根本に据えたいということです。

これは東洋医学にも通じる理解しやすい考え方ですが、ルネサンス以降のヨーロッパ医学は、解剖学からはじまったたために、いつのまにか臓器中心、、そして細胞中心の病気観・医学観に変わってしまったのです。
病巣は手術で切除し、病原菌は、薬で殺してしまうのが治療であると考えたためです。

血液中の抗毒素が発見されたということは、病気を防御する働きが、臓器や細胞ではなく体液にあることを意味します。ヒポクラテス医学を否定してきたヨーロッパの主流医学界としは、体液説の復活は認めるわけにはいかなかったのです。この論争は現在でも形をかえて続いています。

それは、結局のところ「なぜ?病気は治るのか」という問題になります。ガンは、薬や手術で治るという医療観もあれば、自然治癒力で治る、という医療観もあります。これは非常に重大な事項でもあるのです。

アレルギーと免疫

専門家でさえも混乱する分野

免疫は一般的な常識としては、それほど難しいわけではありません。「生体が疾病、特に感染症に対して抵抗力を獲得する現象」というのが広辞苑に記されている内容です。
たとえば、ハシカにかかると、免疫ができてその後かからなくなる。というのは誰もが知っていることでしょう。

ところが、20世紀の免疫学の進歩によってこの古典的な免疫観に追加修正を加える必要が生まれました。そこで国語辞典では、前述の説明とともに次のような説明も併記されています。

「自己と非自己を識別し、非自己から自己を守る構造、すなわち抗原抗体反応で脊髄動物で特に発達。微生物など異種の高分子(抗原)の体内侵入に対してリンパ球・マクロファージなどが働いて特異な抗体を形成し、抗原の作用を排除・制御する。細胞性免疫と体液免疫とがある。

これをはじめて読んでみて、すぐに理解出来る人はほぼいません。抗原抗体・リンパ球・マクロファージとは?という説明もなく免疫のしくみが全くわかりません。これは国語辞書が不適切なわけではなく免疫システムが専門の研究者さえも混乱させるほど複雑なのです。

ワクチン療法は免疫で病気を防ぐ

「イミュニティ(immunity)」という免疫は、もともと疫病(伝染病)から免れるという意味の言葉です。牛の病気である牛痘(ぎゅうとう=牛の天然痘)にかかった乳搾りの娘は、天然痘にはかからないという言い伝えにヒントを得て牛痘の病変から病毒をとって、それを接種するという実験を断行したのは、18世紀末の英国のジェンナです。
この予防法はのちに19世紀のパスツールによってワクチン療法と命名されました。

パスツールによって確立されたワクチン療法により、歴史的に多くの人々の命を奪った感染症は予防できるようになったのです。さらに、感染症の原因は、細菌(バクテリア)をはじめとする微生物であることもわかったので、外科手術のときは、手術器具や手術室、手や衣服を消毒することがきわめて重要であることがわかりました。

化学物質忌避コロニー 化学物質過敏症の人の生活

化学物質忌避コロニー についてです。アメリカの化学物質忌避コロニーで推奨されている解毒法は主に3つです。ひとつめがエアロビクス、ふたつめが低温サウナ 3つめがダイエット・食事療法です。

化学物質忌避コロニー 患者の解毒と体質改善が主な目的

複数の因子、複数のプロセスがからんだ生体反応は、その因果関係を明らかにすることが簡単ではありません。セロン・G.・ ランドルフが追究したのは、未知なる原因物質でしたが、それは未知なる発症の仕組みの追究でもありました。

幸いなことにセロン・G.・ ランドルフが化学物質過敏症、という考え方に到達したときに、同時に免疫学のほうも飛躍的な進歩を遂げつつありました。アレルギーの謎は免疫学によって解かれ、そそてまた化学物質過敏症とアレルギーとの類似点や差異もしだいに解明されつつありました。

しかし、そこで解明されたのは、一般論としての化学物質過敏症であり、個々の患者における発症原因の追及とは別問題でした。そこでセロン・G.・ ランドルフは自分の説を立証するために、有害化学物質を排除した環境施設(環境制御施設)をつくったのです。その後、似たような環境施設が世界各地でつくられるようになり、これを「環境健康センター」「化学物質忌避コロニー」などと呼ばれています。

化学物質忌避コロニー は排気ガスなどの影響のない、空気が清浄で自然豊かな郊外に設けられます。化学物質過敏症の人が暮らすことになる施設内の住居には、食料の保管に必要な冷蔵庫、炊事に必要な電気コンロや食器などを除いて、不必要なものをすべて排除されます。食料も、無農薬、無添加の自然食品、水も水道水ではなくナチュラルミネラルウォーター が用いられます。

合成洗剤、化粧品なども遠ざけられ、衣類も主に天然素材のものが選ばれます。このような生活を送るうちに化学物質過敏症の原因物質が体内から排除されるのです。
こうした施設の目的は、原因物質の特定ではなく、解毒と体質改善です。アメリカの化学物質忌避コロニーにおいては、積極的な解毒方法として次のようなものが採用されています。

有害化学物質の積極的な解毒法

エアロビクス

有害化学物質、とくに有機塩素系化合物は脂肪に蓄積しやすいので、余分な油を落として解毒します。散歩、ジョギングなどの運動療法も効果があります。
脂肪分の多いものは極力避ける

低温サウナ

低温サウナ(約60~80度)に2時間以上入る解毒法で汗腺から毒物を排出するのが目的です。半身浴なども効果があります。
入浴で芯からじっくり温める方法

ダイエット・食事療法

食物は人体の最大の汚染物です。そこで安全で栄養バランスにすぐれた食事で免疫力を強化します。

ここで紹介している解毒は、美容で言われているデトックスとは少し意味合いの異なるものですが、結果、美容にも効果があることは間違いありません。

日常的になってしまった化学物質