月別アーカイブ: 2011年8月

免疫治療は医学界に大論争を引き起こした

毒素を中和する「抗毒素」

ワクチンの開発と並行して19世紀の末から20世紀にかけて誕生したのが化学療法です。ワクチンはそもそも「予防」が目的ですが、感染してしまった場合は、体内に侵入した病原菌を化学薬品によて死滅あるいは、無害化さればよいというのが化学療法の根底にある考え方です。

ところが、すでに19世紀の細菌学者は、免疫の根幹に関わる新たな事実を発見していました。破傷風菌やジフテリア菌の培養液には、菌を除去してもなお、きわめて強力な毒素が含まれていることがわかったのです。
その後、ベーリングや北里柴三朗らによって確立された血清療法は、細菌の毒素を注射した動物の血清に、毒素を中和する物質がつくられることを利用したものです。
この物質は、「抗毒素」と呼ばれます。

この抗毒素の本体はたんぱく質(抗体)であり、血清療法とは抗原抗体反応(免疫反応)であることが知られるようになるのはその後のことです。しかし、抗毒素の発見は当時のヨーロッパ医学においては、大論争を巻き起こすのです。
争点は、伝染病防御の主役は、細胞なのか?体液なのか?という議論です。

抗毒素の発見は、古代ギリシャのヒポクラテスの体液説の復活を思わせるモノが多々ありました。

病気はなぜ治るのか?を問い直す

ヒポクラテスは、人体には、血液、粘膜、黒胆汁、黄胆汁という四4種類の体液が流れていて、このバランスが崩れると病気になると考えたと伝えられています。もっとも、この非科学的な体液説は、ヒポクラテスのものではないともいわれています。むしろ重要なのは、ヒポクラテスが人間は、生まれながらの自然治癒力が備わっていて、医者や薬というには、病人のもつ自然治癒力の手助けをするものにすぎないという考え方を医療に根本に据えたいということです。

これは東洋医学にも通じる理解しやすい考え方ですが、ルネサンス以降のヨーロッパ医学は、解剖学からはじまったたために、いつのまにか臓器中心、、そして細胞中心の病気観・医学観に変わってしまったのです。
病巣は手術で切除し、病原菌は、薬で殺してしまうのが治療であると考えたためです。

血液中の抗毒素が発見されたということは、病気を防御する働きが、臓器や細胞ではなく体液にあることを意味します。ヒポクラテス医学を否定してきたヨーロッパの主流医学界としは、体液説の復活は認めるわけにはいかなかったのです。この論争は現在でも形をかえて続いています。

それは、結局のところ「なぜ?病気は治るのか」という問題になります。ガンは、薬や手術で治るという医療観もあれば、自然治癒力で治る、という医療観もあります。これは非常に重大な事項でもあるのです。

アレルギーと免疫

専門家でさえも混乱する分野

免疫は一般的な常識としては、それほど難しいわけではありません。「生体が疾病、特に感染症に対して抵抗力を獲得する現象」というのが広辞苑に記されている内容です。
たとえば、ハシカにかかると、免疫ができてその後かからなくなる。というのは誰もが知っていることでしょう。

ところが、20世紀の免疫学の進歩によってこの古典的な免疫観に追加修正を加える必要が生まれました。そこで国語辞典では、前述の説明とともに次のような説明も併記されています。

「自己と非自己を識別し、非自己から自己を守る構造、すなわち抗原抗体反応で脊髄動物で特に発達。微生物など異種の高分子(抗原)の体内侵入に対してリンパ球・マクロファージなどが働いて特異な抗体を形成し、抗原の作用を排除・制御する。細胞性免疫と体液免疫とがある。

これをはじめて読んでみて、すぐに理解出来る人はほぼいません。抗原抗体・リンパ球・マクロファージとは?という説明もなく免疫のしくみが全くわかりません。これは国語辞書が不適切なわけではなく免疫システムが専門の研究者さえも混乱させるほど複雑なのです。

ワクチン療法は免疫で病気を防ぐ

「イミュニティ(immunity)」という免疫は、もともと疫病(伝染病)から免れるという意味の言葉です。牛の病気である牛痘(ぎゅうとう=牛の天然痘)にかかった乳搾りの娘は、天然痘にはかからないという言い伝えにヒントを得て牛痘の病変から病毒をとって、それを接種するという実験を断行したのは、18世紀末の英国のジェンナです。
この予防法はのちに19世紀のパスツールによってワクチン療法と命名されました。

パスツールによって確立されたワクチン療法により、歴史的に多くの人々の命を奪った感染症は予防できるようになったのです。さらに、感染症の原因は、細菌(バクテリア)をはじめとする微生物であることもわかったので、外科手術のときは、手術器具や手術室、手や衣服を消毒することがきわめて重要であることがわかりました。

化学物質忌避コロニー

患者の解毒と体質改善が主な目的

複数の因子、複数のプロセスがからんだ生体反応は、その因果関係を明らかにすることが簡単ではありません。セロン・G.・ ランドルフが追究したのは、未知なる原因物質でしたが、それは未知なる発症の仕組みの追究でもありました。幸いなことにセロン・G.・ ランドルフが化学物質過敏症、という考え方に到達したときに、同時に免疫学のほうも飛躍的な進歩を遂げつつありました。アレルギーの謎は免疫学によって解かれ、そそてまた化学物質過敏症とアレルギーとの類似点や差異もしだいに解明されつつありました。

しかし、そこで解明されたのは、一般論としての化学物質過敏症であり、個々の患者における発症原因の追及とは別問題でした。そこでセロン・G.・ ランドルフは自分の説を立証するために、有害化学物質を排除した環境施設(環境制御施設)をつくったのです。その後、似たような環境施設が世界各地でつくられるようになり、これを「環境健康センター」「化学物質忌避コロニー」などと呼ばれています。

化学物質忌避コロニーは排気ガスなどの影響のない、空気が清浄で自然豊かな郊外に設けられます。化学物質過敏症の人が暮らすことになる施設内の住居には、食料の保管に必要な冷蔵庫、炊事に必要な電気コンロや食器などを除いて、不必要なものをすべて排除されます。食料も、無農薬、無添加の自然食品、水も水道水ではなくナチュラルミネラルウォーター が用いられます。

合成洗剤、化粧品なども遠ざけられ、衣類も主に天然素材のものが選ばれます。このような生活を送るうちに化学物質過敏症の原因物質が体内から排除されるのです。
こうした施設の目的は、原因物質の特定ではなく、解毒と体質改善です。アメリカの化学物質忌避コロニーにおいては、積極的な解毒方法として次のようなものが採用されています。

有害化学物質の積極的な解毒法

エアロビクス

有害化学物質、とくに有機塩素系化合物は脂肪に蓄積しやすいので、余分な油を落として解毒します。散歩、ジョギングなどの運動療法も効果があります。
脂肪分の多いものは極力避ける

低温サウナ

低温サウナ(約60~80度)に2時間以上入る解毒法で汗腺から毒物を排出するのが目的です。半身浴なども効果があります。
入浴で芯からじっくり温める方法

ダイエット・食事療法

食物は人体の最大の汚染物です。そこで安全で栄養バランスにすぐれた食事で免疫力を強化します。

ここで紹介している解毒は、美容で言われているデトックスとは少し意味合いの異なるものですが、結果、美容にも効果があることは間違いありません。

化学物質過敏症はどのように発見されたのか?

アメリカの医師セロン・G.・ ランドルフによる分析

環境汚染の影響がすぐに自然破壊となって現れはしないように、化学物質過敏症も人体内部でじわじわと進行して、やがてある日突然、各種のアレルギー症状となり現れます。

アレルギーという概念が提唱されたのは、20世紀初頭ですが、牛乳、卵、大豆による食物アレルギーが正式に認められるようになったのは、比較的最近です。
つまり、病気が存在しながらも、正式には病気として認められなかった時代が長らく続いていたのです。これは、近代西洋医学においては、原因や病変部位がはっきりしているものを病気と呼んでいるからです。

アレルギーがまだわけのわからない病気とみられていた約40年も前から、環境汚染物質とアレルギーの関係に注目したのは、アメリカの医師セロン・G.・ ランドルフです。彼は患者が訴える病状とその原因となる道の化学物質の関係を、膨大なデータの収集と分析によって突き止めるとともに、その化学物質を排除した特殊な環境制御施設に患者を入所させることで慢性疾患となっていたアレルギーが回復することを実証しました。。

無効量で発症する化学物質過敏症

薬理学(毒物学)における毒性試験では、まず有毒成分を抽出し、実験動物を使い投与量を増加しながらその作用を調査します。はじめに毒物ありきなのです。しかし、セロン・G.・ ランドルフの研究においては、毒物は未知なる「X」であり、それを身の回りの膨大な化学物質から絞り込むことがテーマにありました。これは気の遠くなるよな作業でしたが、結果として中毒量には達しないppb(10億分の1)~pp(1兆分の1)というごく微量の化学物質が、各種のアレルギー反応に深く関わっていることが判明したのです。

化学物質の生体への作用をその量からみると以下のようになります。

  • 無効量…化学物質過敏症
  • 薬用量…アレルギー
  • 中毒量…中毒
  • 致死量…致死

ここで注目すべき点は、薬理学(毒物学)的にいうと、化学物質過敏症は無効量において発症しているということです。無効量とは投与によって、毒性はもとより、薬効らしき生体反応も示さない、毒にも薬にもならず、人体がただ淡々と代謝するだけのわずかな量のことです。
これは、薬物とその生体反応の因果関係は、単純な比例関係にないことを示します。

アレルギーを治すのはホメオスタシス

病気も健康も50%程度

化学物質過敏症の症状は個人個人それぞれ千差万別です。自覚症状として気づいていなくてもひとつやふたつ程度の症状は出ている場合が一般的です。
化学物質過敏症の症状は多彩で、百人百様の現れ方をします。健康状態の個人差というのもこうした自覚しない症状の組み合わせからなるという見方もできるのです。健康と病気とはあざなえる縄のように区別しがたいものです。

東洋医学においては、「未病」という考え方を基本にしています。それは安全な健康というのはありえず、半健康、半病気というのが、人体の当たり前の状態とみなすものです。
これは、ホメオスタシス(恒常性)という概念と通じるものでもあります。

ホメオスタシス(恒常性)といおうのは、医学、生物学、そして工学にもわたる哲学的概念で、一言で言うと、部分と全体との関係を意味する概念といえます。ホメオスタシスがバランスを保つとは、生体のようなフィードバック系をもつシステムにおいては部分と全体の調和のことを意味します。

健康を極めるポイントは健康以外にも目を向けること

化学物質過敏症やアレルギー、そしてホメオスタシスをめぐる問題は、現代都市のゴミ問題と非常に酷似しています。おおかたの都市住民はごみは規則どおりに出していればキレイに片づくと思っています。
しかし、みかけがキレイになっていてもそのしわ寄せが自然生態系の破壊をもたらしていることに気づきません。部分は見えても全体を見る目を失っているからです。

健康、あるいは、病気だけを取り上げるのではなく、たえず全体を眺めることが健康状態を維持する秘訣なのです。そのためには、身体ばかりではなく、居住環境、自然環境も含めた広い視野で生命活動全体をとらえることが必要です。

人間も地球生態系の一部をなしているものであり、もし地球にホメオスタシス機能があるとしたら、人間も含めた全体が改善に向かうように作用するに違いありません。

アレルギーを引き起こす原因となる物質

アレルギー発症のメカニズム

アレルギーは、1960年オーストリアの小児科医ピルケがギリシャ語のアロス(変わる)とエルゴン(力)とを合成して作った言葉です。

ピルケは数多くの臨床データから通常では影響を受けないような要因にも、人体が異常な反応を示すことに興味をもち、この「変な力」が働いた人体の状態をアレルギーと名付けました。

アレルギーを起こす原因物質のことをアレルゲンといいます。物質ではなく単なる刺激だけでアレルギーが現れることもあります。皮膚が局所的に冷えたときなどに起こる寒冷じんましんなどです。

また、ストレスによる自律神経失調症や、心理的な白作用がアレルギーの原因になることも珍しくありません。おkれはアレルギーが人体の過敏反応によるもので、アレルゲンはそれを誘発する間接的要因となっているからです。

通常のアレルギーは大きく次に二段階で発生します。

  • 準備段階…アレルゲンの侵入→抗体(免疫グロブリンE・抗体の本体である免疫グロブリンは5種類あることが知られ、そのうちアレルギーに関係しているのが免疫グロブリンです。)の産生→抗体のマスト細胞(肥満細胞)への付着
  • 誘発段階…アレルゲン侵入→アレルゲンと抗体との反応(抗原抗体反応)→マスト細胞からのヒスタミンの放出→好酸球(白血球の一種)の活性化→臓器の過敏反応→アレルギー症状

簡単にいえば、準備段階で免疫がでいるにもかかわらず(これを抗原に対する感作といいます)、再度、アレルゲンの侵入を受けた時に、免疫反応が敏感に作用して何らかの病的症状を示すのがアレルギーなのです。

身辺のアレルゲン

目・鼻から侵入する

ハウスダストととくにダニの糞や死骸の断片、ペット動物の毛やふけ、花粉(スギ、ブタクサ、カモガヤなど)、カビ、キノコの胞子など

口から侵入する

牛乳・卵・大豆(三大アレルゲン)、蕎麦、魚介類(鯖・秋刀魚・鰯・アジ・カツオ・カキ・えび・かになど)、その他の各種食品添加物など、医薬品…抗生物質、サルファ剤、ホルモン剤、ピリン剤など

皮膚から侵入する

虫(ハチ、カ、ガなど)、植物(ウルシ、ヌルデなど)、化粧品および化粧品添加物、装飾品中の重金属(カドミウム、ニッケル、クロム)、その他の皮膚刺激物

化学物質過敏症の症状

症状は個人差がある

体内に有害化学物質が蓄積され、それを排除しようとする人体の代謝機能が疲弊し、ついにお手上げ状態になったとき、ごく微量の有害化学物質に対しても過剰に反応するのが化学物質過敏症です。

遺伝要素、年齢、食生活、ライフスタイル、居住環境、労働環境、年齢など個人差がありますが、一般的には以下のような症状となってあらわれます。

これらの症状は医師によって慢性疲労症候群、自律神経失調症、心身症、不安神経症、更年期障害などにと診断されることが多いものです。化学物質過敏症の可能性があってもその判断はすぐにつきません。原因物質の特定も意外に困難を極めます。これらは、感染症や臓器障害のようなはっきりとした病気の名称とは異なります。したがってこうした症状が自覚されたとしても難解で複雑な医学用語にとらわれる必要はありません。

要するにホメオスタシスすなわち健康バランスの乱れによる身体の危険信号なのですから、そのバランスを回復するように解毒や体質改善、養生にこころがければよいのです。
デトックスについては、以下のサイトが参考になります。

化学物質過敏症の主な症状

自律神経障害

  • 頭痛
  • 発汗異常
  • のぼせ
  • 疲れやすさ(慢性疲労初稿群)

精神障害

  • 不眠
  • 不安
  • うつ状態
  • 不定愁訴
  • 拒食
  • 過食

末梢神経障害

  • 運動障害
  • 手足の末端の知覚障害
  • 筋肉痛
  • 関節痛など

呼吸器障害

  • のどの痛み・かわき
  • せき・くしゃみ
  • 胸の苦しさなど

消化器障害

  • 食欲不振
  • 下痢・便秘
  • むかつき
  • 口内炎
  • 腹部のはり
  • 慢性潰瘍性大腸炎など

眼科的障害

  • 目のかゆみ
  • 充血
  • 眼球の動きの異常

他に循環器障害、腎・泌尿器障害、血液障害、内分泌障害、性的障害、免疫障害、小児的障害、婦人的障害などがある。

化学物質過敏症の正体

非常に多く原因解明に時間がかかる

化学物質過敏症は、ほんの微量でも起きるため、その原因物質を突き止めることが容易ではありません。すぐ身の回りに存在する数かぎりない化学物質を消去法で絞り込んで、ようやく原因物質を突き止めても、今度は生活環境の中から完全に排除するのが困難といいう問題が待ち受けています。

化学物質過敏症の主な原因としては以下の表に示すとおりですが、アレルゲンとは異なり、発症のメカニズムもかなり違いがあります。
現在は、アレルギーのの複雑な仕組みがようやくわかりかけてきた段階で、20世紀後半以降の登場してきたばかりの化学物質過敏症については、ほとんどわかっていないのが現状です。

化学物質過敏症の原因物質

大気汚染物質
窒素酸化物)NOx)、花粉、アスベスト、ダイオキシンなど
水質汚染物質
各種トリハメロメタン、トリクロエチレン、クロロホルム、四塩化炭素、重金属など、
水質汚染物質
有機塩素系、有機リン系、その他の各種農薬(ポストハーベスト農薬)。食肉類に含まれる抗生物質。カドミウム、水銀、鉛などの重金属。
食品添加物
保存料、防かび剤、殺菌剤、発色剤、酸化防止剤、着色料など。
農薬
除草剤、殺虫剤、(その他パラコート、有機塩素系、有機鱗茎、カーバメート系など)
医薬品
総合感冒薬(ピリン系、アスピリン、アセトアミノフェンなど)鼻炎、咳止め用内服薬。抗ヒスタミン剤、ステロイド剤、ビタミン剤など。
工業薬品
ホルムアルデヒド、フェノール、クレゾール、有機溶剤など
化粧品及び化粧品添加物
殺菌剤、防腐剤、着色料、ホルモン剤、染毛剤など
衣料品およびクリーニングの加工材
繊維加工材、防虫剤、脱臭剤など
室内汚染物質
建材や接着剤からのホルムアルデヒド、防腐剤、防虫剤、プラスチック可塑剤、防燃剤、OA機器からの微量ガス、芳香剤、消臭剤、タバコの排煙など
その他の家庭用化学物質
殺虫剤、合成洗剤、漂白剤、かびとり剤、ヘアースプレー、各種DIY用品(有機溶剤、塗料、ワックス、接着剤、ハンダなど)
動物・植物
ペットの毛やふけ、かび、だに、花粉など