素材そのものが化学物質」カテゴリーアーカイブ

繊維 危険 繊維製品は加工段階で化学物質が使われる

繊維 危険 繊維製品は加工段階で化学物質が使われるので注意しなければいけません。食べ物の 食品添加物 を注意するだけでは現代は不足しています。普段着る洋服の繊維についても注意をしなければいけない時代です。

植物系の天然繊維はセルロース、動物系天然繊維はタンパク質、合繊繊維は石炭・石油化学製品が成分であり、レーヨンなどは天然繊維に化学的に手を加えた再生繊維です。

繊維 危険 新しいYシャツを着るとアレルギーが出るなどの症状は要注意

繊維 危険性

繊維 危険性

購入してすぐの衣類に皮膚の発疹、かゆみなどのアレルギー症状を訴える人がいます。植物系の天然繊維はセルロース、動物系天然繊維はタンパク質、合繊繊維は石炭・石油化学製品が成分であり、レーヨンなどは天然繊維に化学的に手を加えた再生繊維です。

これらの原料中の不純物がアレルギーを引き起こすことも考えられますが(天然繊維中の残留農薬など)、ほとんどは製造・加工段階で使われる加工剤によるものです。

化学物質過敏症の治療施設である化学物質忌避コロニー(環境施設) では、身の回りから有害化学物質をできるだけ排除するため、新品の衣類は何回も洗濯してから着る、ドライクリーニングには出さない、化学繊維(合成繊維や再生繊維) は避けて木綿100%の衣類を使用するといったことが徹底されます。

衣類に含まれる揮発性有機化合物

ホルムアルデヒド

衣類のしわをなくすために樹脂加工するときなどに使われます。プラスチックフィルムで密封包装されて販売されるワイシャツなどでは、布地にホルムアルデヒドが染み込み、アレルギー性皮膚炎などを引き起こします。

ホルムアルデヒドは、シックハウス症候群の原因物質の主犯格ともみなされ、発ガン性も報告されている揮発性有機化合物(VOC) です。
毒性は、各種アレルギー性疾患、肝臓障害、発ガン性など。

無農薬栽培、オーガニック・コットンの魅力

天然繊維を利用した木綿製品も有害化学物質に汚染されています。この有害化学物質には、綿花栽培で散布される大量の農薬、繊維加工段階で使われるアルカリ(水酸化ナトリウムなど)、漂白剤、界面活性剤、そして衣料品製造段階で使われる合成糊(のり) などがあります。

木綿製品は下着などに使われるので、アトピー性皮膚炎をはじめ肌のトラブルをもつ人はとくにこれらの有害化学物質による影響が心配されます。

そこで、最近では無農薬・無化学肥料の有機栽培綿を原料として、製造・加工段階でも有害化学物質をいっさい使わないオーガニックコットンの繊維製品が関心を集めています。オーガニック・コットンは、ベビー用品、肌着、寝具など一般の衣料品としても使われはじめています。

抗菌・防臭、防燃加工に使われる化学物質などにも注意

繊維は一般にその原料や化学構造から分類されます。しかし、近年は繊維の断面に凹凸をつけて絹のタッチに近づけたものとか、天然繊維では表現できないような風合いのものなど、従来の分類からはずれるようなさまぎまな高機能繊維が開発されています。

こうした新製品は、肌触りや着心地、保温性や吸湿性といった基本機能に加えて、健康、清潔、安全、快適、エコロジーが開発コンセプトになっているようです。

これらも健康繊維と称されることがありますが、オーガニック・コットンなどとは別の発想によるものであることに注意しましょう。化学物質過敏症やアレルギーから脱却するためには、新たな機能をプラスするよりも、有害因子をできるだけマイナスするという考え方が大切になります。

抗菌・防臭加工品

抗菌・防臭加工をほどこした生地を使った靴下、寝具、カーテンなど。院内感染で問題になっているMRSA (メチシリン耐性ブドウ球菌) や、病原性大腸菌O-157の増殖をある程度抑える効果をもった抗菌繊維製品も、病院やオフィス、学校向けなどに販売されています。

抗菌・防臭用の加工剤として、第四級アンモニウム塩(逆性セッケンの主成分である陽イオン界面活性剤)、トリクロサンなどの有機化合物、銀ゼオライトや酸化亜鉛などが用いられます。
これらはいずれも皮膚に接触するとアレルギーを引き起こす可能性があります。かつて抗菌剤として発ガン性のあるディルドリン( 有機塩素系殺虫剤)、T B Z (チアベンダゾール、防腐剤)、トリプチルスズ(防菌・防腐剤) などが使われていたことを考えれば、安全性は高まったといえますが、アレルギー体質の人は使用を避けたほうがよいでしょう。

漂白剤の使用や加熱などによりトリクロサンから発ガン物質が発生するとの報告もなされています。●防虫・防ダニ加工製品皮膚に接触する衣類・寝具であるために、ヒノキチオール、キトサン( エビやカニなどの甲殻類から抽出した物質) などの天然系の化学物質が加工剤として使われます。

【毒性】これらの加工剤の毒性は低いといわれます。ただ、化学物質過敏症やアレルギーの原因にならないとはかぎりません。
●防燃加工製品力ーテンや浴衣には繊維自体にさまぎまな化学物質を加えて難燃性をもたせたものや、後(あと) 加工で布地に化学物質を染み込ませて難燃性をもたせたものがあります。

素材そのものが化学物質

古い絵画から剥落する絵具もまた有害

バレリーナの動きの一瞬をとらえ、それをパステルの柔らかな色調で表現したのは、印象派を代表する巨匠ドガです。線描を大切にし、大胆で奇抜なレイアウトや対象の瞬間を鋭く捉える優れた独特の目で、初期には歴史画や肖像画、発展期から円熟期には競馬、舞台、踊り子など都会的なモチーフや、日常生活に見られる浴槽など風俗的モティーフを描きました。
パステルは顔料にトラガカントゴムやアラビアゴム(天然ゴムとは異なる植物の分泌物で、造粘剤として使われます) などを混ぜて棒状に固めた画材です。
油絵具と違って乾くのを待たず、上から塗り重ねることができます。このパステルにヒントを得て、大正年間、幼児でも使いやすいようにパラフィンなどを加えてつくられたのが日本のクレヨンです。クレヨンが少し油くらいと感じた人も多いはずです。

ただ、クレヨンは重ね塗りができないので、その後まもなくクレパスが開発されました。クレパスとは日本のクレヨンとフランスのパステルの両方の長所を取り入れたことからのネーミングです。
水彩絵具には透明水彩と不透明水彩とがあります。児童用の絵具は合成染料が使われますが、耐久性が要求される専門家用のパステル、絵具(水彩用、油絵用、日本画用、版画用) には天然の無機顔料が使われます。天然の無機顔料の多くが岩石や鉱物から得ているのは、岩石や鉱物に含まれる金属が絵具の色に関係してくるからです。これらの絵具の中には、かなり毒性の強い金属を含むものがあります。古い絵画からはげ落ちる絵具の破片にも注意したほうがいいでしょう。

ハンダは有害物質

高分子化合物と合金

重要な手紙を配達途中で覗かれないように、かつて欧米では、ろうで封印して、印章を押す習慣がありました。これを封蝋(ふうろう) といいます。ろうで封印をするのがその当時のセキュリティとしては、有効だったのでしょう。

シュラック(ラックカイガラムシの分泌物)などの樹脂を精油で溶かして顔料などを混ぜたものが使用されていますが、昔はミツバチの巣からとった蜜ろう(高級脂肪酸とアルコールの固形エステル) が用いられました。
ろうを漢字で蝋と表記するのは、元々昆虫に由来する物質だったからです。なお、化粧品のクリーム剤としても使われるパラフィンというろうは、皮膚を刺激して発疹などのアレルギーを起こし、またパラフィンガンと呼ばれるガンの引き金となったりすることもある危険な物質です。
こうした有機化合物とは別に、金属材料を接合する合金もロウと呼び、鍼と書きます(ここでは区別するため、蝋= ろう、鎖= ロウと表記することにします)。金属を接合するロウの代表例はハンダです( ハンダを半田と表わすのは当て字ではありません。語源は地名とも人名ともいわれます)。
一般的なハンダは鉛とスズの合金で、融点が低いので電気ゴテや焼きゴテで簡単に溶かすことができます。ハンダが鉄や銅などの金属を接合するのは、スズ原子が鉄や鋼の金属結晶のすきまに入りやすいからです。したがって、スズの含有量が多いほど接合性がよくなりますが、最も低い融点(183度)を示すのは鉛38%、スズ62%のハンダです。

貴金属による皮膚炎は微量有害金属によるアレルギーか?

スズ・鉛にその他の金属を加えたハンダは、特殊な用途に使われます。たとえばカドミウムを加えたものは耐熱性にすぐれ、インジウムを加えたものは耐アルカリ性にすぐれます。金を接合するための金ロウは、金・銀・銅・亜鉛を主体とした合金、ブロンズ(青銅) などを接合するための銀ロウは、銀・鋼・亜鉛などを主体をした合金ですが、いずれも少量のカドミウムを含みます。イヤリングや指輪など、皮膚に接触する貴金属で金属アレルギーが生じるときは、微量の有害金属が原因とも考えられます。ネックレスをつけるとじんましんのようなものが首周辺にできるのは、アレルギーです。