「空気清浄機」タグアーカイブ

室内の空気はきれいに保つ

室内の空気汚染がストレスを生む

アレルギーや生活空間の空気汚染についての関心の高まりから空気清浄機の売れ行きが好調です。

汚染の原因となっているのは、タバコの煙、ちり、ほこり、花粉、だに、建材に含まれる有害化学物質、電磁波などのさまざまです。
当然、これらの中にはアレルギーとなる原因物質が含まれており、アレルギー対応としての空気清浄機の役割が大きくなっています。

居住環境も大きな要因となっている場合もあります。集合住宅では気密性が高く、自然換気の少ない住宅設計が増えたために、室内の結露が原因でカビが発生し、ダニが増え、アレルギーの原因になったりもします。

少し前までは、女性が自宅で主婦業をしていたため、換気も行えていたのですが、最近は、共働き世帯が増えてしまい、換気をする機会が減ってしまっているということです。

室内を汚染する化学物質は、微量であっても室内にいる限りは、吸い込み続けることになるので、少しずつ、体を蝕んでしまいます。
環境ホルモンは、ホルモン分泌によって体の働きを正常に保つ恒常性を乱れるおとになるため、免疫力も同時に低下させてしまいます。
常に有害物質が体に入ってくる状態は、ストレス状態がとぎれないことになるので、肺や肝臓、腎臓など有害物の排除、解毒に関わる臓器に大きな負担をかけることになります。

からだにいいマイナスイオン

空気清浄機=マイナスイオンというくらい、空気清浄機の機能がマイナスイオンと直結しているイメージが定着しています。
滝壺のそば、流れの早い渓流、高原、森林などは、マイナスイオンの影響により、イライラ、憂鬱感、緊張感などから開放されたり、リラックスすることができます。それはマイナスイオンが大量に生成されているためです。

マイナスイオンが体にとってプラスに働くのに対して、逆にプラスイオンはマイナスに働きます。プラスイオンは、電気製品の近くに多く発生します。
プラスイオンが充満すると、不眠、不快感、頭痛、吐き気などが症状として出る場合があります。人によっては、めまい、イライラなどの症状がでる場合もあります。
現代社会は、プラスイオンが溜まる一方で、マイナスイオンを体に受けることが難しくなっています。
そこで空気清浄機でマイナスイオンを発生させる。ということになります。

室内で過ごす時間が多く、自然とはなかなかふれあえない都会での生活の場合には、気分をリラックスすることができきません。
そこで空気清浄機を使うという方法もあります。