フタル酸エステル」タグアーカイブ

子供のおもちゃは塩化ビニール製を買わない

おもちゃからフタル酸エステルが検出

子供用の玩具には、塩化ビニール製のものが多く、環境ホルモンが溶けだしています。

1997年に世界17カ国から玩具を購入。その中かから63種類の塩化ビニールについて調べています。その結果、ほとんどの玩具から環境ホルモンの一種である、フタル酸エステルが検出されています。
日本のおもちゃも含まれているので問題になっています。

フタル酸エステルは、塩化ビニールを軟らかくする可塑剤として多く使われています。実際には、塩化ビニールとしっかり結合しているわけではなく、移動が安易にできる状態で存在しているので、使用している間や、廃棄後に、環境中に放出されている可能性があります。

ラットの実験段階では、フタル酸エステルが肝臓、腎臓、胃、生殖器官に悪影響を及ぼす報告もあります。
当然、乳幼児は玩具をなめたり、噛んだり、しゃぶったりするので、唾液に溶けだしたフタル酸エステルを体内に取り込んでしまうことになります。体が未発達の子供達は、化学物質の影響を受けやすく、安全性を確立しなければなりません。

安全性を考えれば、ポリエチレン系、ポリプロピレン系

ヨーロッパでは、この状況を深刻に受け止め、対策を講じています。さらにデンマークでは、玩具へのフタル酸エステルの使用禁止を検討しています。
日本でも日本玩具協会が、環境ホルモンについての本格的な情報収集などをはじめています。
乳幼児の玩具をどう選ぶか?
素材が木の木製の玩具は安全です。しかし、塗装されているものは、塗料が口に入る可能性があるので避けます。
無垢の木でつくられていても、防腐処理されていたり、無垢の木に似せた塗装をしているものもあるので注意が必要です。
プレスチック製であれば、ポリエチレン系、ポリプロプレン系を選びます。

安心の木製塗装なし玩具一覧

環境ホルモンを含まない木製の安心おもちゃ一覧(塗装なし)
※子供がなめたり、噛んだり、しゃぶったりしても安全です。

カップ麺はそのままお湯を注がない

カップ麺の容器は危険なスチレン

カップ麺は、子供から大人まで人気の商品で、様々な種類が販売されています。値段も安く購入しやすく、さらに保存がきく、おいしいとくればどの家庭でも購入します。

カップ麺には食品添加物の問題がありますが、もうひとつ忘れてはならない問題をかかえています。それは容器です。カップのほとんどが発砲スチロールでできています。最近は、紙タイプのものも売られていますが、まだまだ発泡スチロールのほうが多く使われています。

発泡スチロールの原料は「スチレン」ですが、このスチレンの分子が二つくっついた「スチレンダイマー」と三つくっついた「スチレントリマー」には内分泌攪乱作用があります。

カップ麺の容器やポリスチレンのトレイなど25種類を調査したところダイマーやトリマーが検出されています。

別の調査では、熱湯を注ぐことにより、フタル酸エステルなどの環境ホルモンの溶出が報告されています。環境ホルモンは油に溶けやすく、めんに油が含まれているので、もっと多くのスチレンダイマーやスチレントリマーが溶け出している可能性も否定できません。

ポリエチレンをコーティングした容器はまだまし

カップ麺には食品添加物と容器の問題の両方を抱えているので、食べ過ぎには気をつけなくてはなりません。
カップ麺を食べる場合には、発泡スチロールの容器に熱を加えることが一番の問題なので、お湯を注ぐ段階から別の容器に移してから食べるようにします。
発泡スチロール製のカップ麺は、通気性がいいので袋麺よりも酸化が早く体にはよくありません。そこで湯揚げ麺は極力避け、ノンフライの「生麺」を選びます。さらにカップ麺の中には、紙製で害がないといわれているポリエチレンをコーティングした容器もあります。