ビスフェノールA」タグアーカイブ

缶詰 危険性 缶詰はできるだけ避ける

缶詰 危険性 缶詰はできるだけ避けるのがいいでしょう。原材料にスズが溶け出す危険性もあります。ビスフェノールAの問題が明らかになった以上缶詰からの環境ホルモンに対する防衛が必要です。

缶詰 危険性 原材料にスズが溶け出す場合も

缶詰 危険性

缶詰 危険性

缶詰は、食物を密閉した後で加熱殺菌を行い、長期保存に耐えられるようにします。
缶詰の種類の中には、佃煮のように加熱して熱いうちに缶に詰めて余熱で殺菌したり、油漬けのように加熱殺菌せずに缶に詰めるものもあります。

これらの缶詰は、内容物の品質に問題は生じなくても、コーティングに問題があります。ほとんどの缶詰は、缶のスズが溶け出さないように内側のコーティングを行います。

コーティングによって色、香りに変化が起きるのを抑制し、ビタミンCの減少も防ぎます。

スズはその他の重金属とは異なり、摂取しても内臓に蓄積されなずに体外に排出されるといいますが、過去に原料水が原因でスズが大量に溶け出し中毒になったという事故が起きています。これは原料水に含まれている硝酸イオンのためにスズが溶け出してしまったのです。

以来、国産の缶詰については、水についても安全性が確立されていますが、輸入の缶詰に関しては安全性は確立されていません。

ビスフェノールA 汚染

缶詰の内側は、環境ホルモン疑惑物質であるビスフェノールAを原材料としているエポキシ樹脂でコーティングしています。そのビスフェノールAが缶詰の内側に溶け出しているのを、スペインの大学研究グループで突き止めています。
長時間ビスフェノールAにふれていた職員は汚染されている可能性が高いというのです。

また、缶詰にはビスフェノールA以外でも問題となっているものがあります。化学調味料の乱用です。着色料などには発ガン物質も報告されています。購入の際にはきちんと確認する必要があります。

缶詰は中身が見えない分、品名、原材料、賞味期限、販売元などをよく確認した上で購入したほうがいいでしょ。また、食べ過ぎないことも大切です。たまに食べるくらいがちょうどいいでしょう。

ビスフェノールA問題についてのQ&A

●「ビスフェノールAと日本生協連の対応」の概略
 ビスフェノールAは、主にプラスチック(ポリカーボネート樹脂やエポキシ樹脂等)の原料として利用されていますが、食品用容器や缶詰めの内面塗装から容器内の飲食物へ移行することがあり、微量ですが、人間が摂取する可能性がある物質です。
 1996年『奪われし未来(Our Stolen Future)』*の出版を契機に、日本国内でも大きく取り上げられました。環境省、厚労省等では内分泌かく乱化学物資(いわゆる環境ホルモン)問題として調査研究を開始しました。ビスフェノールAもその化学物質の一つです。
 *著者:シーア コルボーン他  日本版刊行 1997年9月
 
 これを受けて、ビスフェノールAは、食品衛生法により、ポリカーボネート樹脂からの溶出規制が行われています。また、製缶業界等ではエポキシ樹脂について自主的なガイドラインを決めて、低減措置を行っています。
 しかし、近年、ビスフェノールAは、きわめて微量でも動物の胎児等に影響が生じることがあるという報告があり、これを受けて欧米諸国でもさらに評価を行い、日本でも食品安全委員会が評価を行っているところです。
 そこで、厚生労働省は、公衆衛生の見地からビスフェノールAの摂取はできるだけ減らすことが望ましいとしており、関連事業者に自主的な取り組みを要請するとともに、妊娠中の方や乳幼児のいる方に注意を呼びかけています。
 
 日本生協連は、これまで、コープ商品缶詰の内面塗装に使う樹脂の変更を行うなど、対策を行ってきました。今後も引き続き、検討を進めます。特に海外産缶詰については、コープ商品のデータを調べて確認することや現地情報の収集に努め、管理を進めていきます。
 
 厚生労働省食品安全部基準審査課はホ-ムページに「ビスフェノールAについてのQ&A」記述しており、そのメッセージ(要約)を引用します。
 『現在までの研究成果から、胎児や乳幼児については注意が必要だといわれています。これは胎児や乳幼児はビスフェノールAを無毒化する能力が低い上、身体機能が発達途上で影響を受けやすいとされているからですが、胎児や乳幼児以外については、特に影響があるとは言われていません。
 したがって、みなさまには以下の点に気をつけることをお勧めします。
 
乳幼児のいる方へ・・・ポリカーボネート製の哺乳瓶で授乳をしている方は、製品の取り扱い説明書に記載されている注意事項をよく守って使用してください。細かい注意事項を守ることが難しい場合は、哺乳瓶をガラス製等に替えることも、ひとつの方法です。
 
妊娠中の方へ・・・妊娠中は、毎食缶詰中心の食生活にならないようにしましょう。いろいろな食品をバランス良く食べるようにしましょう。』

46. 環境ホルモンが心配ですが大丈夫ですか?

缶の内面塗装より環境ホルモンとしての疑いがある物質、ビスフェノールA(BPA)が検出されることが指摘されています。しかし、利用者の不安を解消するため、製缶会社においても新しい内面被覆技術(PETラミネート)の採用などBPAの低減に積極的な取り組みを行っていますので今後も安心して缶詰食品をご利用ください。

環境ホルモン防衛法

あいこちゃん鯖水煮


脂の乗った国産のサバを「沖縄の塩 シママース」のみで煮つけました。
シンプルな味付けなため、サバ本来の味をご堪能いただける商品です。
化学調味料不使用。
●【メーカー名】伊藤食品株式会社
●本商品は、熟練の職人が丁寧に切り取った「鮪100%」にこだわり、同工場内の釜で煮出して作った野菜スープ、北海道産のたまねぎ(ローストオニオン)を加えることで、味に深みと香りを出しました。
●塩は塩角が少ない沖縄の塩「シママース」を使用しています。
●オイル(油)を使用していないので、ヘルシー志向の方に最適です。
●また、味に自信があるからこそ、化学調味料は使用していません。
●【商品名】
鮪ライトツナフレーク(オイル無添加)24缶
●【内容量】
70g×24缶
●【原材料名】
まぐろ、野菜スープ、ローストオニオン、食塩
●【賞味期限】

ビスフェノールA ( BPA ) とは

ビスフェノールA ( BPA ) とは ポリカーボネートの原材料でプラスチックから溶け出します。缶詰の内側にコーティングされているプラスチックからはこのビスフェノールAが溶け出しエストロゲンに似た作用を示します。

ビスフェノールA (BPA)

ビスフェノールA (BPA)

ビスフェノールA ( BPA )

一部の食品用の容器等(エポキシ樹脂やポリカーボネートと呼ばれるプラスチック製のもの、容器内コーティングを含む)の原料に使用されている化学物質です。

ビスフェノールA ( BPA ) が体内に入った場合、環境ホルモンとして働くことが確認されていることから、日本においては、ポリカーボネート製の容器・包装について、ビスフェノールA ( BPA ) に関する規格が定められています。

食品用容器など、エポキシ樹脂やポリカーボネートの原料の添加剤、難燃加工や塩化ビニルの生産加工に使用されます。発がん性や生殖毒性や急性毒性などの有害性が懸念されるため世界各国で規制されており、欧州ではREACH規則(付属書XⅣ)で規制され、日本においても食品衛生法によってポリカーボネート製器具及び容器・包装からのビスフェノールAの溶出濃度が制限されています。

大学で20個の缶にいて行われた実験の結果は、14個にガン細胞を分裂させる十分なビスフェノールA ( BPA ) が含まれ検査した缶詰のおよそ7割にエストロゲンと似た作用が認められました。

スペインにおいては、虫歯予防に使われるシーラントからビスフェノールA ( BPA ) が採取されたという報告もあります。

日本では横浜国立大学環境科学研究センターの調査で6種類のポリカーボネート樹脂製の哺乳瓶に95度の熱湯を入れ、24時間後に哺乳瓶から溶け出したビスフェノールAを測定したところ、すべての哺乳瓶から検出されています。
何度も使った食器や哺乳瓶からより多くのビスフェノールAが溶け出していることもわかっています。

ほ乳瓶 は ガラス 製 を使うことでこの環境ホルモンの影響から 100 % 防ぐことができます。赤ちゃんのためのほ乳瓶は迷うことなくガラス製のものを選びましょう。プラスチックの制限により、プラスチック製のほ乳瓶が超安価でセールされている場合があるようです。注意しましょう

大切な赤ちゃん ほ乳瓶 は ガラス製 を使う

環境庁の調査でもポリカーボネート樹脂製のボトルから溶け出すビスフェノールAの数値は洗浄すればするほど高くなることがわかっています。
ポリカボネート樹脂はプラスチックの一種で熱が伝わりにくく、強度も十分にありしかもコスト安のために多くの給食現場でも使用されているのが現状です。

日本国内においてはBPAが原料であるポリカーボネート樹脂製の製造・販売は禁止されておりません。しかし、これまでにごくわずかな量でも環境ホルモンの作用があるとして一部の学者からの研究報告があり、メディアにより危険という報道がなされたことからポリカーボネート製の哺乳瓶は既に日本ではほぼ市場から姿を消しております。

海外では、日本が自主規制をしている中でも、当初はポリカーボネート製の哺乳瓶の使用を控える動きは見られませんでした。しかしながら、2009年よりカナダが法的に禁止措置を取るとそれ以降、各国で同様の措置を取る国が増えてきました。ビスフェノールAの乳幼児向けの食品接触用途を禁止する国は世界各国へ広がっています。

しかしながら禁止措置としたどの国もビスフェノールAを禁止するだけの決定的な科学的根拠は乏しく、予防的・政治的な判断により禁止の措置に至ったと考えられます。
ビスフェノールAについては、現在もまだ各国の様々な研究機関が引き続きその安全性について調査・研究を行っており、その多くはビスフェノールAが安全であることを認めています。
欧米においてもビスフェノールAのTDI(耐容一日摂取量)は日本と同様0.05mg/日/kg(体重)と定められています。

ポリカーボネート樹脂やエポキシ樹脂など、主にプラスチックの原料に硬化剤として添加されるほか、缶詰や食品容器の内面塗装や食品用ラップなどにも含まれています。ビスフェノールA ( BPA ) が、ヒトの体内に取り込まれると、有害な影響を及ぼす可能性が報告されています。

例えば、BPA により形成された活性酸素種(ROS)が組織損傷を引き起こす可能性や、アレルギーおよび炎症のリスク上昇とROSとの関連も報告されています。

普段、周囲にはポリカーボネート樹脂製でつくられている清涼飲料水用のペットボトルがあります。ほかにもベビーフードの入れ物、そして哺乳瓶などに含まれています。加熱するとその成分が溶け出してしまうのです。

電子レンジ プラスチック製の容器 厳禁

塩ビ系ラップで包装されている食品は買わない

燃やすと危険なプラスチック 合成樹脂

環境ホルモンの種類

厚生労働省(ビスフェノールAについてのQ&A)

ビスフェノールA ( BPA )  については、近年、動物の胎児や産仔に対し、これまでの毒性試験では有害な影響が認められなかった量より、極めて低い用量の投与により影響が認められたことが報告されたことから、妊娠されている方(これらの方の胎児)や乳幼児がこの物質を摂取すると影響があるのではないかという懸念が持たれています。欧米諸国でも、このような報告から、ヒトの健康に影響があるかどうか評価が行われているところです。

厚生労働省でも、ビスフェノールA ( BPA ) のこのような作用に対して以前より調査研究を重ねてきましたが、これまで入手した知見と併せて、ビスフェノールA ( BPA ) が使用されている食品用の容器等について新たな対策が必要かどうかを検討するために、食品安全委員会に食品健康影響評価を依頼し、今後、その評価結果を基に必要な対応を行うことといたしました。

また、公衆衛生の見地から、ビスフェノールA ( BPA ) の摂取をできるだけ減らすことが適当と考えられるので、関係事業者に対しては自主的取組をさらに推進していくよう要請し、また、妊娠されている方や乳幼児を育てておられる方への食生活上の助言を含め、ビスフェノールA ( BPA ) についてのご理解を深めていただくためのQ&Aを作成いたしました。

このQ&Aについては、今後も新たな情報を入手次第、遅滞なく更新をして、常に最新の正しい情報を提供できるようにいたします。

缶詰やプラスチック容器に ビスフェノールA(BPA)は使われていますか?
ビスフェノールA(BPA)はプラスチック容器(哺乳瓶、コップ等)に用いられるポリカーボネート樹脂や缶詰めの内面塗装に用いられるエポキシ樹脂の原材料として使用されていますが、食品容器の樹脂中に残留したビスフェノールAが溶け出し、食品に移行し、その食品を摂取することで健康に影響を及ぼす可能性があるとして懸念されています。
その為、ビスフェノールAについては、急性毒性、反復投与毒性、生殖・発生毒性、遺伝毒性、発がん性などの様々な毒性試験が実施されており、 その結果から無毒性量が求められています。
これらの毒性試験における無毒性量を基に種差や個体差などに起因する不確実性も考慮し、 安全側に立って人に対する耐容一日摂取量が「0.05mg/kg体重/日」と設定されました。