挽肉は、脂肪の量を基準にして選ぶことがポイント

ひき肉を湯どおしする極意 同じひき肉でも、脂肪分があるものよりは、ないもののほうが安全。ひき肉は脂肪ごとひいてあるので、脂肪にたまる抗菌性物質やダイオキシンの不安を、そのまま抱えているのです。 最近は、「赤身」のもの、「 … 続きを読む 挽肉は、脂肪の量を基準にして選ぶことがポイント